守田英正は、日本代表のボランチ争いに割って入れるのか?

川崎フロンターレで、唯一のアジア杯の日本代表に選ばれた守田英正

追加召集で、日本代表に召集されていた男が、遂に、普通に日本代表に選ばれた!

これは、守田英正自身にとっても良いことだと思いますし、日本代表の競争にも影響を与えてくれるのかなと思うと良いことですね。

守田英正にとっては、アジア杯は初めての大きな大会となりますが、出番は来るのでしょうかね?

今の日本代表のボランチには、柴崎岳、遠藤航、青山敏弘といますが、守田英正は割って入れるか?

今回は、守田英正が、日本代表のボランチのポジション争いに割って入れるかについて書いていきたいと思います。


守田英正は、日本代表のボランチ争いに割って入れるのか?

柴崎岳、遠藤航、青山敏弘という3選手が定位置争いを繰り広げていますが、柴崎岳は定位置確保の状態ですね。

余程のことがない限り日本代表の軸として呼ばれることでしょう。そうなると、柴崎岳の相方は?となりますね。

今のところは、遠藤航が一番手のような気がします。シント・トロイデンVVに移籍をし、持ち前の守備力に加えて、攻撃力の力もつけています。

あまり見られなかった縦パスの意識も高まってきていますし、今後の成長が期待されます。

青山敏弘は、熟練された選手で、攻守のバランスのとり方、リーダーシップに優れています。

守田英正のライバルは、遠藤航、青山敏弘となると思われます。今後、新しい選手も出てきますが、当分は、この二人が相手でしょう。

守田英正のプレーを見ていると、経験は、二人には及びませんが勢いがありますし、技術は確かなモノを持っています。

私は、十分、守田英正が、この二人に割って入ることは可能だと思いますし、今後の成長次第では、日本代表のスタメンに名を連ねる可能性が高いと思います。

今の日本代表のボランチのタイプを見ていると、組み立て役と守備に比重を置いている感じのタイプが組んでいます。

組み立て役は、柴崎岳で、守備に比重を置いているのは、遠藤航、青山敏弘という感じかな?

守田英正の場合、守備も良いですし、何より攻撃力も兼ね備えた選手なので、日本代表に新しいオプションをもたらしてくれるのかな?と思います。

本当に、実現したら面白いなと思うのが、守田英正と大島僚太が、日本代表のボランチを組んだら、新しい日本代表が生まれそうなんですがね。

大島僚太は、皆が認めるように、本当に上手い!攻撃、守備のバランスのとり方も抜群。個人技もありますしね。

同じ川崎フロンターレで、コンビを組んでいるので、日本代表でも阿吽の呼吸で、スムーズにいくのでは?

この二人のボランチコンビを日本代表で見てみたいですね。バランスよくできそうですが、大島僚太の日本代表に呼ばれると怪我をしてしまう呪いが無くなれば・・・。

では、この二人が、日本代表のボランチを組むことになると、どんな化学反応が起きるのでしょうか?

次は、そちらについて書いていきたいと思います。

守田英正と大島僚太が、日本代表で、ボランチのコンビを組むとどうなる?

守田英正と大島僚太が、日本代表で、ボランチのコンビを組んだら上手く機能すると思いますね。

大島僚太が組み立て役の部分で、守田英正が守備的な役割となると思いますが、二人とも守備意識が高く、中島翔哉、堂安律、南野拓実を活かしてくれると思います。

特に、大島僚太の存在が大きくなるのかな?ある評論家は、一本のパスで、敵、味方を動かせると評価していた。

私も、そう思いますね。ただ、大島僚太に関しては、パスだけの選手ではなく、球際も強い。さらに、中村憲剛が指導したのか?

ゴールに絡むようなプレーも多く、ボランチからも積極的にゴールに絡んでくる。個人技もあるだけに相手は厄介でしょう。

一方、守田英正は、1対1での競り合いも強く、大卒ルーキーらしからぬ、フィジカルの強さもある。

危険察知能力にも長けており、未然にピンチを防いでくれる。

さらに、ボランチの選手らしからぬボールキープ力と効果的な縦パスを通すこともできる。

大島僚太と守田英正で、中盤で、バランスを取りながら、効果的な縦パスを入れて、大迫勇也に当てて、中島翔哉、堂安律、南野拓実が絡んでくる攻撃を考えるだけでも興奮モノですね。

守田英正に関しては、まだ、日本代表の経験や国際経験が少ないので、これからの成長が楽しみです。

海外移籍をして、パワーアップしたら化ける可能性は高いですね。末恐ろしい逸材ですね。

そうなってくると、守田英正が、日本代表のボランチのポジションを奪うことになりそうな気がします。

そうなってくると、遠藤航辺りは危機感を持ってやっていかないとやられてしまうかもしれませんね。

柴崎岳も大島僚太が怪我をしなくなったら、うかうかしてられませんね。

攻撃、守備のバランスが取れる二人が組んだ日本代表を早く見てみたいですね。

まずは、守田英正は、アジア杯でアピールしたいところ。大島僚太は、来シーズンは、日本代表に呼ばれても怪我をしないようにしてもらわないとですね。

まとめ。

今回は、守田英正が、日本代表のボランチ争いに割って入れるのか?ということをテーマに書かせていただきました。

私的には、十分割って入ることは可能だと思います。若く勢いもある選手ですが、実力は、確かなモノがあります。

守田英正のプレースタイルを見てみると、攻撃、守備もできるボランチでありますので、攻撃時には厚みをもたらせてくれます。

守備では、持ち前の危険察知能力で、チームを助けてくれるはずです。どちらも対応できるボランチの選手は、日本代表にはいない気がします。

守田英正の場合は、ミドルレンジからのシュートの精度を上げてくれれば問題ないのかな?

大島僚太と守田英正が、日本代表のボランチのポジションを奪うことになれば、きっと、面白いサッカーを展開してくれるのではないでしょうか?

今から、そんな期待をしていますが、来年の南米選手権で、二人揃って日本代表に選ばれて、コンビを見せてほしいですね。

まずは、守田英正には、アジア杯で、アピールをし、日本代表に定着をしてもらいたいと思います!

こちらの記事も読まれています↓

大島僚太が日本代表に求められているものとは何か?

遠藤航は、日本代表ではどこで起用されるのか?

伊東純也は、現在の日本代表の序列を覆す可能性はあるのか?




日本代表から、アルゼンチンのレアなクラブまで!
フットボールマックスは3000種以上の
サッカーユニフォームをお届けいたします!