室屋成の年俸の推移は?FC東京では、何番目にもらっているの?

日本代表クラスの選手の年俸は、高額なイメージがありませんか?

海外組は、もちろん、高額な年俸をもらっていますが、国内組は、どうなんでしょうか?

日本代表のDFの室屋成も高額な年俸をもらっているのでしょうか?まだ、年齢的に中堅クラスなので、そこまで高額な年俸をもらっているイメージがわきません。

室屋成は、FC東京に所属していますが、どれだけの年俸をもらっているのか?

室屋成の年俸の推移について書いていきたいと思います。


室屋成の年俸の推移は、順調なのか?

室屋成は、FC東京の主力選手なので、それ相応の年俸をもらっているのでしょうね。今年辺りは、年俸が大きく上がりそうな気がします。

日本代表に選ばれるようになりましたからね。では、室屋成が、プロ入りしてからの年俸の推移を見ていきたいと思います。

室屋成が、プロデビューした年の年俸は、400万円。ルーキーイヤーなので、このくらいの年俸に収まるでしょうね。

ここは、Jリーグの規則もあるので、仕方のないことだと思います。

2年目は、室屋成の1年目の成績を考慮されたのか、大幅アップの1200万円。

室屋成もやりますね!いきなり、年俸3倍アップとは。なかなかいませんよ。

では、3年目はというと、年俸3000万円。これも凄い!また、倍以上のアップ。しかも、この年の終わりから日本代表に呼ばれるようになったので、来年の年俸は、5000万円以上になるような気がします。

室屋成の年俸の推移を見ていると、順調すぎるほど右肩上がりですね。室屋成の安定したパフォーマンスが評価されてのことでしょう。

2019年は、室屋成の年俸が、予想の5000万円に届くのか注目したいところです。

FC東京との交渉は、アジア杯後になると思いますが、室屋成は、どのくらいの評価をされるのかに注目ですね。

ちなみに、2018年のJ1の選手の平均年俸が、2661万円なので、室屋成は、平均以上の年俸をもらっていることとなります。

そこで、気になるのが、室屋成は、FC東京の中では、何番目ぐらいの年俸なのかと。そこで、2018年シーズンのFC東京の年俸ランキングについて調べてみました。

いったい、室屋成は、何番目にもらっている方なのでしょうか?

室屋成は、FC東京で何番目にもらっているのか?

室屋成は、FC東京で何番目にもらっているのでしょうかね?FC東京の年俸ランキングを発表したいと思います。

紹介するのは、1~5位までの選手です。この中に室屋成は、入っているのでしょうか?では、見ていきましょう。

第1位は、森重真人。年俸8000万円。

おっと、意外にも日本人選手がトップの年俸だったのですね。多くのチームは、外国人選手がトップなのですが。

それだけ、森重真人が、クラブに貢献しているということでしょう。

第2位は、髙萩洋次郎とチャン・ヒョンス、ディエゴ・オリヴェイラの3人です。

年俸は、7000万円と高額年俸をもらっています。やはり、助っ人である外国人選手は、高額年俸になりますね。

その中でも、髙萩洋次郎が入っているのも良いことだと思います。クラブ側も、しっかり貢献度を見ている証拠でしょう。

第5位は、太田宏介、林彰洋の2人。

年俸は、6000万円。この2人もクラブへの貢献度が高いからなのでしょうね。びっくりしたのが、5位までに、日本人選手のほうが多くランクインしていることですね。

FC東京は、日本人選手に対しての評価が高いのでしょうか?もう一つ気になった点は、年齢が上の人ほど、高額年俸なんですね。

これが、いいことなのか、どうかはわかりません。年功序列型なのかな?

肝心の室屋成はというと、12番目にもらっている選手となりました。

FC東京は、金満クラブのイメージがあるのですが、そうでもないみたいですね。J1クラブの総年俸を見ると、8番目で、9億2420万円でした。

そうなってくると、中堅選手の室屋成の年俸も抑えられていても不思議ではないですね。

室屋成が、海外移籍をしたら、年俸は、もっと跳ね上がると思います。ほとんどの選手は、海外移籍をした場合には、年俸は大幅に上がっていますので。

日本代表にも選ばれている室屋成ですが、海外移籍の可能性はあるのでしょうか?年齢的には、遅い方になりますが、ありえなくはないですよね?

次は、室屋成の海外移籍の可能性について書いていきたいと思います。

室屋成は、海外移籍をするのか?

気になるのが、室屋成は、海外移籍をするのかですよね?可能性としたら、あると思われます。

リオデジャネイロオリンピックのメンバーが海外移籍を果たし、活躍しているのを見たり、聞いたりしていると思うので、意識はしていると思います。

ただ、室屋成にオファーがあったという話がないみたいですね。アジア杯で、どれだけアピールできるかで、オファーが来るかもしれません。

サイドバックのポジションなので、オファーがあってもおかしくないと思いますが、まだ、海外で注目される選手ではないということなのでしょう。

もし、室屋成が海外移籍をするようであれば、日本代表のサイドバックのポジション争いも激しくなると思いますし、室屋成自身も成長するキッカケになると思うので、海外移籍をしてほしいです。

そして、一つの目安である、日本人のサイドバックが、どれだけ評価されるのかも見てみたいですね。

移籍金、年俸は、どのくらいになるのか?移籍金は、高額ではないと思いますが、年俸は少なくとも、Jリーグよりは、いいと思いますので。

長友佑都、酒井宏樹のように世界でも評価されるサイドバックの選手になってほしいですね。

もしかしたら、今年の夏辺りに、欧州にチャレンジするかもしれませんね。その時に、どれだけのクラブが興味をもってくれるのか楽しみです。

まとめ。

今回は、室屋成の年俸について書かせていただきました。プロ入り後は、順調に年俸が上がっているので、今後も上がって行くと思われます。

ただ、FC東京の中では、低い方の年俸だったのには、びっくりしました。

2019年には、日本代表に定着したことも考慮され、大幅にアップすると思います。どれだけ、アップするのか楽しみですね。

また、室屋成が海外移籍をするのかについては、オファーの話などないので、何とも言えませんが、室屋成自身はする気でいると思われます。

その時に、日本のサイドバックが、どれだけの評価をされているのか、知れる良い機会になると思います。

市場価格や移籍金、年俸とか様々な面が見えてくるので、室屋成には一つの指標になってもらいたいですね。

こちらの記事も読まれています↓

槙野智章の年俸の推移は、変化しているのか?それとも変化が少ないのか?

長友佑都の年俸は、多い方なのか?プロ入りからの年俸の推移は?

吉田麻也の年俸はどのくらい?デビューからの年俸の推移は?




安心の無料保険相談なら【保険ニュース】