香川真司の性格って、天然なのか?実際は、どうなのか?

11月の代表戦で、選出されなかった香川真司。相当悔しかったのだろうと思う。

わざわざ、代表戦を現地まで観戦しに行ったり、本当はやっちゃいけないけど、ロッカールームに挨拶に行ったり。


香川真司にとって日本代表は大切な場所であるんだなと思った。

なぜ、日本代表に呼ばれなかったのかまで聞いていたりしいが・・・。日本代表への思いが強かったんだな。

もちろん、香川真司にとって、今回のW杯が最後になる確率が高いし、前回大会の雪辱に燃えていると思われるので、クラブの方で猛アピールをしたいところだ。

日本代表を外されたことで、逆に、日本代表への思いをよく考え直したのかは、わからないが、クラブでのパフォーマンスが良くなってきている。

ブンデスリーガの後半戦が始まったが、調子の方は良さそうで、今後の試合も期待できそうだ。

日本代表のことは考えてないようなことを香川真司は言っていたが、それは違うなとは思いますけどね。

後は、良く指摘されている香川真司のメンタル面が落ち着いてくれば、良いパフォーマンスを続けることができるでしょうね。そうすれば、日本代表復帰が見えてくるはず。

ここで、変な話になりますが、なぜ、11月の日本代表の試合の時に、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司を呼ばなかったのでしょうかね?

もちろん、パフォーマンスとかの影響もあったと思いますが、ハリルホジッチ監督が何か意図して、日本代表から外したようにしか思えないのです。

もちろん、良いパフォーマンスをしている選手を日本代表に呼ぶのは当たり前のことですが。その3人を奮い立たせるためのように思うんですよね。

日本代表への思いを確認してほしかったのかな?

私だけですかね?ちょっと、その所を書いていきたいと思います。なぜ、日本代表に呼ばなかったのか?

なぜ、11月の試合に香川真司、本田圭佑、岡崎慎司は呼ばれなかったのか?

ただ、日本代表に呼ばれなかったのは、単純にパフォーマンスが上がってないからだけではないと思うんですよね?

もちろん、その時は、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司は状態があまりよくなかったのかもしれませんが。

香川真司は、大体、パフォーマンスが落ちている時は、精神的に弱っていると感じますが、本田圭佑、岡崎慎司は、それにはあてはまらないはず。性格的にですよ!

ここでは、香川真司について書こうと思います。日本代表に選ばれなかったのは、香川真司の性格なのか?

どうかはわかりませんが、よく精神的な面を指摘されますよね?そういう性格だっけ?と思いますが。

日本代表やドルトムントでは、練習風景などニュースで見ると、明るく、前向きな性格のように思えますが、実際は違うのでしょうかね?実は、神経質な性格だったとか?

そういった性格があって、精神的に弱っていると、パフォーマンスが落ちてしまうのでしょうかね?確かに、調子が悪い時の香川真司は、そんな感じがしますが。

本当のところは、わかりませんが、なぜ、日本代表に呼ばれなかったかを考えると、ハリルホジッチ監督は、わざと外したように思えるんですよね。

セルジオ越後山ではないけれども、

「選んでしまうと、(選手が)“そのままでいい”と思っちゃう。1回外すと、代表に未練があるなら意識が変わる。本田らは危機感を感じていると思う」

と言っていた。自分もそうだと思う。日本代表に選ばれるには、危機感を持ってほしいですよね。

呼ばれて当たり前の状況から一転、日本代表に呼ばれなくなったことをエネルギーに変えて、危機感をもってプレーしてほしくて、ハリルホジッチ監督は外したのかなと思う。

その影響もあってか、3人とも良いパフォーマンスを見せている。得点シーンなどのハイライトも良く見るようになった。

ハリルホジッチ監督は、

「もちろんコンディションが良ければ呼び戻す可能性はあります」

「私の要求が高いのはご存知でしょうが、選手たちがそれに応えられるのであれば、日本代表への復帰もあります。各ポジションで競争がありますから、その競争に勝つことです。よりパフォーマンスが良い選手を選ぶだけです」

と言ってますし、今までのようにはいかないぞということで危機感を持たせたのかなと。

香川真司の負けず嫌いな性格に火をつけたかったのかな?今では、そう思いますね。そもそも、香川真司が、本当に負けず嫌いな性格かどうかはわかりませんが。

では、香川真司は、精神的に弱いとか、負けず嫌いな性格とかいろいろ出ていますが、実際はどうなんでしょうかね?

性格について書いてある記事を見ますが、それは本当の香川真司なのか?

そこのところを調べてみました。

香川真司の性格は、実際どうなの?

三浦知良のようなカリスマ性はなく、中田英寿のような孤高の存在でもなく、本田圭佑のような影響力もないが、なぜかファンに好かれる香川真司。

その人懐っこさが人を読んでいるような気がする。なんか話しかけやすいオーラを持ってますよね。

私の勝手な想像ですが、子供に愛されそう。上の画像を見ると性格よさそうですしね。

あの無邪気な感じが子供受けしそうですね。世界でも有数のクラブ、ドルトムントで活躍している香川真司だが、あまり偉そうでない。

そういった性格だから子供に愛されるんですね。日本代表選手と言ったらとか、香川真司が上位に来そうな気がしますよね。

オフシーズン、TVニュースとかで、子供たちとボールを蹴っている香川真司を見ると、本当に楽しそうな顔をしている。

本当に子供好きというか、サッカーが好きなんでしょうね。そういう性格なんでしょうね。

こんな話を聞いたことがある、GKまで抜いてから、最後に子供たちにパスを出しているという、こういうことは他の選手もやっていると思うが、なぜか、いい光景に見えてしまう。

着飾らない香川真司だからであろう。だから、ファンは寄ってくるのでしょうね!

そして、もうひとつ。こんな話があったようです。

ピッチ上では、やはり選手であるので、激しいプレーも見せたりしますが、香川真司の同級生は、天然で優しい性格だと言っていましたね。天然って性格になるのかな?

いじられキャラな印象が強いので、いじられている時に、天然な性格が出てくるのかな?外国人相手にも物おじしない性格に見えるのは、私だけでしょうか?

香川真司の同級生の証言ですが、勉強は本当に苦手だったようです。

やっぱり、香川真司らしいなとも思えたのが、情熱大陸でのこと。ユニフォームにサインを書くときに、情熱の「熱」という漢字が書けなかったようです。

困っているところを撮らないでほしいと言っていたようですね(笑)そういう素直な性格いいですよね?素直というより、ドジな性格かな(笑)

そういう性格だからこそ、年齢関係なく、幅広い層に愛されているのですね。

では、日本代表の選手は、どんな感じで香川真司を見ているのか?こちらも調べてみました。

日本代表では、香川真司は、こう見られている!

元サッカー日本代表の内田篤人が、このように言っている。

日本人の象徴というか、日本人選手はこうやっていくといいという良いお手本のような選手とのこと。

日本人は、欧米の選手と比べ、小さいしけれども、技術、センスで勝負できることを証明してくれた。日本人特有のもののことですよね。

香川真司のポジションは、できる人が限られてくる。ボールをもらったら簡単に前を向いている、そのための位置取りが、しっかりとできている。

漫画のような話だが、ピッチを上から見ているような感じがすると言ってました。

漫画でもありましたね。上からピッチを見ている能力がある選手が、司令塔みたいなポジションに向いていると。

内田篤人は、自分では、そんな景色は見えないと言ってました。それくらい特殊な能力みたいですね。

同じ、日本代表の選手が、ここまで評価してくれるのは、ありがたいですね!

早く、そんな選手が、日本代表に戻ってきてほしいですね。香川真司のような決定的な仕事ができる選手が、今の日本代表に必要かもしれませんね。

まとめ。

香川真司は、素直な性格で、明るく、天然だということ、漢字が苦手ということがわかりました。

そして、勉強嫌いではあるが、努力家でもあるみたいです。ドイツに行った時に、言葉の壁にぶつかった時に、ドイツ語が出来ずに苦しんでいたそうです。

それから、チームに馴染むためと言い、ドイツ語の勉強を始めたようで、少し話せるようになった時に、クロップ監督に上手くなったと褒められたそうです。

それで気を良くしたのか?ドイツ語の勉強に励んだのでしょうね。

海外移籍するなら当たり前のことだと思いますが、そこを最初にやらないで行くあたり天然て言われる要素なのかもしれませんね。

後は、素直な性格が功を奏しているのか、素直な性格がドルトムントのメンバーに好かれる要因なのでしょうね。

後は、ドルトムントで結果を残して、3月の日本代表に選ばれるだけですね。

こちらの記事も読まれています↓

香川真司、本来の良さと年齢を重ねて良くなったプレーとは?

原口元気の性格って悪いの?悪いように書かれていますが、実は?

鈴木優磨の性格は気性が激しいのか?本当のところは、どうなの?

★サッカーショップ価格NO、1のユニオンスポーツ!
┃サッカーグッズ・サッカーアイテムが満載!
┃サッカースパイク&サッカーユニフォームなど全品超特価にて大奉仕!