昌子源のプレースタイルの特徴と弱点とは?守備の時に心がけているものとは?

サッカー日本代表選手の帰国で、多くのファンが空港に駆け付けたみたいですね。それほど、大方の予想を裏切る躍進に、冷めかけていたサッカー熱を取り窓せたのではないでしょうか?

本当に、感動をありがとう、お疲れさまでしたと言いたいですね。

これから、つかの間のオフを過ごし、再び、サッカー漬けの生活に戻りますが、忙しい選手もたくさんいると思います。

スポンサードリンク



ワールドカップで評価を上げた昌子源、柴崎岳あたりにオファーが殺到するでしょうね。それぞれの特徴を存分に発揮してくれました。

その他の目立っていた選手は、ワールドカップ前に移籍を決めたりしているので、上に書いた2人が忙しいことになりそうです。

昌子源は、フランス1部のストラスブールが興味を持ち、リストアップしているとか、柴崎岳は、ドルトムントあたりが狙っているとか、これから他のクラブからもオファーが来ると思われます。

特に、昌子源の海外移籍となると、日本代表にとって大きなプラスになるでしょうね。近年、海外で活躍するCBは、吉田麻也ぐらいでしたからね。(欧州主要リーグの1部で)

昌子源も、欧州主要リーグの1部で活躍できるようになれば、日本代表のCBへの不安が少なくなりますし。

年齢的にも遅いかもしれませんが、行けるようなら行ってほしいなと思いますね。

そこで、海外のサッカー関係者が、どういった特徴を認めたことがここなのかはわかりませんが、昌子源のプレースタイルの特徴について書いていこうと思います。

昌子源のプレースタイルの特徴は、どんなところなのか?

昌子源の特徴を一言で言ってしまうと、CBに必要な能力を兼ね備えている万能型のCB。現代のサッカーに適していることが大きな特徴だと思います。

新たな特徴としては、リーダーシップも発揮し始めて、ディフェンス陣のリーダーとしても期待されてます。

では、昌子源のプレースタイルの特徴を細かく見ていきましょう。

特徴の1つ目は、カバーリングの上手さですね。Jリーグでは、昌子源のプレーを見ていなかったので、Jリーグでのことはわかりませんが、日本代表戦を見ていてそう思いましたね。

危険を察知すると、味方のカバーに良く入っているなと、ワールドカップを見て思いましたね。また、カバーに入るタイミングと、ポジショニングが素晴らしい。

ガツガツ当たるタイプの選手ではないので、頭を使った頭脳的なプレーが特徴の選手だと思います。

特徴の2つ目は、1対1での強さ。これも昌子源の大きな特徴の一つですね。

ドリブルで仕掛けられても、簡単の抜かせない。ポストプレーで来る大型FWには、前を向かさないようにしているあたりは、流石だなと思いますね。

しかも、ファールをせずに、上手い具合に足を出して、仕留めるあたりは、昌子源の最大の特徴ではないかと思います。

この特徴に加えて、海外でもまれて、体のぶつけ方など覚えたら、凄いDFになりそうですね。

スポンサードリンク



特徴の3つ目は、ディフェンスリーダーとしての自覚が芽生えてきたのか?コーチングも大きな特徴という飛世が多いですね。

中堅世代ということもあり、自分がディフェンス人を引っ張らなくてはならないという自覚が出てきたのでしょうね。

昌子源のコーチングのおかげで、守備陣も守りやすいでしょうし、昌子源自身が、上手くカバーリングできるようにしているようにも思えますね。

3つほど、昌子源のプレースタイルの特徴を上げてみました。プレーの特徴ばかりでなく、次は、昌子源のプレースタイルの弱点について書いていこうと思います。

昌子源のプレースタイルの弱点とは?

どんな選手でも、特徴もあれば、弱点もありますから仕方のないことです。

昌子源の弱点を見ていきましょう。

1つ目は、これはどうしようもない部分もありますが、大型FWとの競り合い(空中戦)でしょうね。

身長差は、どうしてみようもないですし、今後は、体のぶつけ方や空中戦になった時の相手とのマッチアップの仕方を考えていければ問題ないとは思いますが。

そのためには、海外移籍をして、常に体格が上回る選手達との試合経験を積んだ方がよさそうですね。

後は、日本代表の吉田麻也に、教わるとかしていければいいのでは?吉田麻也は、あのフィジカル重視のプレミアリーグで長年戦っている男ですから、盗めることは多いと思います。

2つ目は、ビルドアップへの貢献。これに関しては、調べていると書かれていることが多いのですが、Jリーグの時がそうなのかな?

ワールドカップを見ている限りは、ビルドアップへの貢献は良くしていたと思いますし、昌子源の特徴の一つだと思いましたが・・・。

世界レベルの相手だと気合いが入り、そういったプレーができるのでしょうかね?それとも西野監督に言われていたのでしょうか?

これに関しては、見る機会があれば鹿島の試合で、昌子源のビルドアップのところを見てみようと思います。どう見ても特徴だと思いますが・・・。

弱点と言っても、それほど多くないことが特徴の昌子源。CBとしての拘りというか、信念みたいなものがあるのか?気になったので調べてみました。

昌子源のCBとしての信念とは、どんなところにあるのか?

昌子源のCBとしての拘りがあるみたいですね。それが、昌子源のプレースタイルの特徴にもなっているのですが。

昌子源は、DFの際に、あまり滑らないように心掛けているという。

どういうことかというと、ギリギリ当たるかどうかで、滑って切り返しを食らうよりかは、潔く諦める方がいいという。これは、DFとしての大きな特徴ですね。

なぜ、そういう風にしているのかというと、シュートコースを限定させることを第一にして、撃たれてもGKがコースを読みやすくすることが大切と考えているようだ。

それに、滑りに行って、股を通される方がブラインドになって、GKが反応しにくいといったことも考えているそうだ。

最終的に、チームで、相手の攻撃を止めることを第一優先にしているようだ。チームプレーに徹することも彼の特徴の一つですね。

確かに、昌子源の入ってることは正しい。下手に、滑りに行くと簡単にやられますからね。こういった信念も昌子源の特徴の一つなのである。

あと、わざと滑るときもあるという。それは、わざと滑ることで、相手に切り返されたとしても、味方が戻ってくる時間を稼ぐためにすることもあるという。

本当に、賢いCBだなと改めて思わされました。ここまで考えてやっている選手は、国内でどれくらいいるのでしょうかね?

個の賢さも昌子源の特徴ですね。体を張って死守することも大切だが、周りとの連携を大切にして、ゴールを割らせないという信念は、今後の日本代表に大きな影響力をもたらすかもしれないですね。

まとめ。

今回は、昌子源のプレースタイルの特徴と弱点、CBとしての信念について書かせたいただきました。

昌子源のプレースタイルの特徴が活きているのは、揺るがない信念から生まれたモノなんでしょうね。

最後に書かせてもらった滑りに行かないといったことなんかが、失点の可能性を大きく減らす要因にもなってくると思われますし、そんな昌子源を相手に練習するFW人は、良い勉強になるのではないかと思います。

今後の課題としては、大型FWとの競り合いでの駆け引き、ガツガツ行かずにボールを取れることは大きな特徴だが、クリーンな守備で対抗できない相手との駆け引きなんかが強化されると、さらに良いDFになれると思います。

そのためには、是非、海外移籍をして、世界レベルのFWとのマッチアップで、経験を積んできてほしいと思います。

吉田麻也のように欧州の1部リーグで、スタメン起用される選手になってほしいですね!

スポンサードリンク