本田圭佑のものまね芸人、じゅんいちは全盛期は、何をしていたのか?

代表復帰待望論が絶えない本田圭佑。本人も代表復帰を強く望んでいるはず。そのために、メキシコまで行ったのだから。

本田圭佑ではないが、ロシアW杯に彼を連れていけば、土地のこともさることながら、チームの雰囲気づくりやチームメートの心の支えになるはず。

スポンサードリンク



私的にも是非、本田圭佑を連れていくべきだと思うのですが、皆さんは、どうですかね?

もちろん、上記したような役割にも期待ですが、戦力としてもですよ。ハリルホジッチ監督の掲げるサッカーとは違いますが、中盤でタメを作れますし、決定力もある。

ここぞという時のジョーカーにもなりうる存在にもなれますからね!ここ2大会とも本田圭佑は本番でゴールを奪っていることを考えると連れて行かない理由はないと思います。

そんな絶大な存在感を発揮している本田圭佑。そんなサッカー選手を、お笑い芸人が放っておくわけにはいかないですよね?

みなさん、ご存知のものまね芸人「じゅんいちダビットソン」について今日は書いていこうと思います。

では、まず、ものまね芸人じゅんいちダビットソンがどんな人物かを書いていきたいと思います。

ものまね芸人じゅんいちダビットソンとは、どんな人物なのか?

まずは、簡単な自己紹介から行きましょうか。

名前(本名): 内海 潤一(うちのうみ じゅんいち)

生年月日  : 1975年2月4日(43歳)

出身地   : 兵庫県尼崎市

身長    : 174.6 cm

事務所   : アミー・パーク

はじめからピン芸人だったわけでなく、コンビを組んでいたが解散。2回コンビでやっていたが、2回共に解散をしている。

2回目のコンビの時に、じゅんいちダビットソンになる。

「2014 FIFAワールドカップで日本代表がグループリーグで敗れたら改名する」

と公約をし、日本がグループリーグ敗退のため改名。芸人「無回転屋じゅんいち」に改名をする。

そして、R-1グランプリに出場し、見事にグランプリに輝く!その時の動画がこちら↓

副賞として「じゅんいちダビットソンのミラノで伸びシロ見つけました」で、本田圭佑本人と対面したが、肝心の公認をもらうことを忘れてしまうという失態・・・。

公認をもらい忘れたため、自称公認となったようだった(笑)ものまね芸人なのに公認忘れるなんてね・・・。

そこが、彼らしいと言えば彼らしいですね。ものまね芸人が勝手にやっても大丈夫なのかな?

そんな、ものまね芸人のじゅんいちダビットソンですが、グランプリに輝いた後は、どんな活動をされてきたのか見てみましょう。

実は、本田圭佑と密会をしていた?

都内で行われた映画『X‐ミッション』“極限”ミッションイベントに登場した時のこと。

浦和レッズの槙野智章選手が食事会を開いたそうで、その食事会には本田圭佑本人も来たらしい。

その時に、本田圭佑本人とものまね芸人でものまね合戦をしたらしい。なんのものまねをしたのかが気になりますが、特に本田圭佑本人。

スポンサードリンク



こんな雰囲気だったようだ。じゅんいちは本人の隣に座ったようだが、その時に、

「(周りの人が)本田選手に『普段、何されてるんですか?』

って聞いてきたようで、思わず、じゅんいちが、

『そうですね…』って言ってしまった」

と言ってしまったようだ。

しかし、本人は冷静に対応。

「いや、お前が言うんかい!」

とツッコミをいれたそうで、その場が盛り上がったそうです。本人も関西生まれなので、そこは空気を読みましたね(笑)

じゅんいちは、そのツッコミに感激していたようで、新しいネタとかももらってきたに違いない(笑い)

じゅんいちの爆弾発言も出たようで、公認を取らずやり続けるなど宣言したようだ。

羨ましい密会だったこと。これを機にものまね芸人と本人の仲も深まったでしょうね。ものまね芸人だからこそ本人とのやり取りは、嬉しかったでしょうね。

そして、ものまね芸人じゅんいちは、ミラノへ行くこととなった。何しに行ったのでしょうかね?

ものまね芸人じゅんいちは、ミラノへ何をしに行ったのか?

本田圭佑のものまねでブレイクしていた、じゅんいちダビッドソンが、イタリア・ミラノへのサプライズツアーに参加した。

なぜ、サプライズツアーに参加したのか?といいますと、ミランのスポンサーの東洋ゴム工業株式会社が企画をされたようで、そこで、じゅんいちに声がかかったというものらしい。

公募で選ばれた「ミラニスタ11」とともにミラノダービーを観戦したようだ。ずるい企画ですね。自分も応募すればよかった・・・。

私もミラノダービー生で見たいのに・・・。羨ましい。

じゅんいちは、様々な試練を課せられ大変そうでしたが。中でも、イタリア美女にネタを披露してウケたら、キスをもらうという企画には苦戦したようだ。

ミランの練習場も訪れ、本田圭佑とも再会。じゅんいちが緊張していたらしいが・・・。

本人登場で盛り上がる「ミラニスタ11」から、

「もう一回じゅんいちさん見てリセットして」

と言われ、

「それやったら昨日泣いとけよ」

と精一杯の対応を見せていたらしいが、何言っていいかわからずに思わず出てしまった言葉でしょうね。

さらに、ミランのオフィスを訪ねた際には、ミランノ幹部から、「歩いていたら本田圭佑だと思うよ」と言われ、さらに、ものまね芸人の公認のお墨付きまでもらったようだ。

その他には、ミランの選手とPKをしたりなど、ものまね芸人らしからぬ良い待遇を受けたようだ。

ものまね芸人で、あそこまでしてもらえるなんて、羨ましいですね。先ほどのミランの幹部の方ではないが、私も海外とかで見かけたら本田圭佑と勘違いするでしょうね(笑)

なんだかんだ言って、楽しそうなロケ?のようで良かったですね。これもR-1グランプリの力なんでしょうね。

まとめ。

本田圭佑のものまねをしたことで、これだけの羨ましい思いができるとは凄いの一言ですね。

現在は、じゅんいちは、何をしているのかわかりませんが・・・。まだ、芸人やってるのかな?

本田圭佑が代表復帰をして、W杯に出るときは、もう一度、ものまね芸人として出てきてほしいですね。

その時は、日本代表のユニフォームを着てきてくださいね!その時は、似ているかどうかはわかりませんが。

こちらの記事も読まれています→本田圭佑の髪型が、メキシコで流行っているの?何が原因?

スポンサードリンク