杉本健勇は浦和レッズに移籍をして正解?マッチすることは可能?

2019年浦和レッズに移籍をした杉本健勇。まだ、移籍したばかりなので周りと上手く連携が取れていないと思われますが、徐々に慣れていくことでしょう。

昨シーズンは、パフォーマンスが良くなく活躍できていませんでしたので、移籍をして環境を変えたかったのでしょう。

杉本健勇にとっては、今シーズンは勝負の年と言えると思われます。果たして、浦和レッズへの移籍が正解であったのかを考えていきたいと思います。


杉本健勇は、浦和レッズに移籍をして正解であったのか?

恐らく、環境を変えたかったということでは正解だったのかなと思われます。

セレッソ大阪に良いパス出しの選手もいますが、浦和レッズには柏木陽介という良いパス出しがいますからね。

杉本健勇にとっては、良いパス出しをしてくれるクラブに移籍をしたかったのではないかと思われます。

杉本健勇も言っていた通り、あの大歓声の中でやれるということで浦和レッズに移籍をする選手も多いですからね。

その理由にも納得できます。もしかしたら、フロントへの不信感があったのかもしれません。

セレッソ大阪は、主力選手が次々に移籍をしましたからね、杉本健勇にも、そういった理由があったのかもしれません。

移籍の一番の理由は高いレベルでの競争をしたかったのかもしれませんね。

セレッソ大阪では絶対的なレギュラーでしたからね。浦和レッズであれば、興梠慎三など強力なライバルもいますし、レベルの高い仲間がいますから、レベルアップはできると思われます。

一方で、試合に出れなくなるかもしれませんが、杉本健勇にとっては、それが必要なのかもしれません。

セレッソ大阪でもリーグ優勝は狙えますが、ACLは厳しいですし、浦和レッズであれば両方狙えるというのも魅力に感じたのでしょう。

今のところは、杉本健勇は浦和レッズに移籍をして正解かな?と思われますが、シーズン始まったばかりなので何とも言えないのが正直なところですね。

では、杉本健勇は浦和レッズのサッカーにマッチするのでしょうか?

そちらについても書いていきたいと思います。

杉本健勇は浦和レッズのサッカーにマッチするのか?

杉本健勇は浦和レッズのサッカーにマッチするのでしょうか?

恐らく、マッチすることはできると思われますが、時間がかかるかなと思われます。当たり前ですが。

杉本健勇の高さや足元の技術が高いことは証明されていると思います。そうでなければ、日本代表に選出されていませんからね。

ただ、杉本健勇のポストプレーが上手くできるかが、浦和レッズのサッカーに上手くはまるかが勝負になりそうな気がします。

割と浦和レッズの前線は裏への抜け出しで勝負する選手が多いような気がします。

新しい攻撃のバリエーションとして杉本健勇が上手くポストプレーができれば、攻撃の幅が広がると思われますが、どうでしょうか?

杉本健勇のポストプレーがはまれば攻撃に厚みをもたらしてくれますし、そこから良いパスが回ってくると思われるので、杉本健勇自身も輝けるのかなと思います。

それが上手くできれば、浦和レッズへの移籍は正解であったと言えると思われますが、そうでないと移籍は失敗かなと思います。

浦和レッズへの移籍は、日本代表に返り咲くためと言うのもあると思われますし、周りに良い選手がいる浦和レッズでポストプレーを磨きたいというのもあったのかもしれません。

そうでなければ、移籍をする必要もなかったと思います。本当のことを言えば、セレッソ大阪にも良い選手がいっぱいいますけどね。

現段階では、杉本健勇の高さと足元の技術はマッチすると思われますが、ポストプレーに関しては、もう少し時間をかけて磨いていかないといけませんね。

ACLで勝ち抜くには、杉本健勇のポストプレーの質が大きく関わってくると思われますので。

そこが上手くいくようになれば、日本代表にも返り咲くことができるかもしれませんね。

現段階では、大迫勇也の後釜候補がいない状態なので、杉本健勇にチャンスが回ってくるかもしれません。

浦和レッズに移籍をして正解だったと思ってもらえるように週末の試合に挑んで欲しいですね。

国内移籍を選んだ杉本健勇ですが、海外からの移籍話もありました。

何故、海外移籍でなく、国内移籍をしたのでしょうかね?そちらについても書いていきたいと思います。

杉本健勇は、海外移籍でなく、国内移籍をした理由は何なのか?

2017年辺りは海外のクラブから注目を集めていた杉本健勇でしたが、海外移籍をせずにセレッソ大阪に残留しました。

2018年は結果が残せず、目標であったであろうW杯ロシア大会メンバーからも漏れてしまいました。

これは、監督交代が大きな影響であったと思われるので仕方のない部分がありました。それ以上に、結果が出ていなかったので何も言えませんね。

環境を変えるためと日本一のサポーターの前でプレーがしたいといった理由で浦和レッズに移籍をしました。

私の意見ですが、杉本健勇は海外移籍しなくて良かったのかなと思われます。恐らく、通用しなかったと思うからです。

海外移籍をした場合は、助っ人での移籍になりますから、結果が残せなければ、どうしようもないですからね。

さらに、サッカーをする環境だけでなく、生活も劇的に変わりますのでリスクは大きいです。

そうなると、パフォーマンスに影響が出てくるので、慣れている国内移籍で結果を出すのが一番良いのかなと思われます。

ただでさえ、昨シーズンはセレッソ大阪で結果を残せなかったので、国内屈指の浦和レッズに移籍をして、そこでできるかを試したかったのでしょう。

浦和レッズでも結果を残せないとなると、杉本健勇の目標である日本代表復帰もないと思われるので、国内移籍で結果を出すという選択は間違えていないと思います。

2017年には、20得点以上取っている選手なので、キッカケがあれば爆発する可能性がありますので、まずは浦和レッズのサッカーに慣れてもらいたいですね。

あの頃の杉本健勇に戻れるか?今シーズンは注目して見ていきましょう!

まとめ。

今回は、杉本健勇が浦和レッズに移籍をして正解だったのかについて書かせていただきました。

まだ、移籍したばかりなので正解かはわかりませんが、今のところは環境を変えて正解だったのかもしれません。

杉本健勇が浦和レッズに移籍をして正解だったのかは、中盤から終盤にかけての試合で活躍できているかがポイントとなるでしょう。

今のところ、日本代表では大迫勇也の後釜が見つかっていないので、杉本健勇にもチャンスがあります。

浦和レッズ移籍で覚醒をして、日本代表に返り咲くことを願っています!

次の試合では、PK以外で得点を決めて欲しいですね!期待しています。




【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

こちらの記事も読まれています↓

移籍話が絶えない乾貴士、実際にオファーは来ているのか?

海外移籍を果たした伊東純也は通用するのか?夏の話は、どうだったの?

鈴木優磨の海外移籍は、この夏にはある?鹿島側は容認してるの?

中島翔哉の移籍の優先順位は、サッカーが楽しめるところ?

堂安律、完全移籍を勝ち取ったが、今後のステップアップはどうするのか?