柴崎岳のスパイクが、アンブロに変更?その理由とは?

柴崎岳の怪我が心配ですね。無事にフィールドに戻ってきて欲しいです。幸い、手術はしなくてもよいとのことでした。

無理をして、ワールドカップに間に合わないとかならないと、いいんですが…。無理しそうで怖いですね。

4年に、一度のサッカーの祭典ですから。出たい、間に合わせたい気持ちは、わかります。

スポンサードリンク



しかし、しっかりとリハビリをして、万全な状態でのプレーでないとチームに迷惑かけるどころか選んでもらえないかもしれません。

監督、チームメート、サポーターも待っているはずです。私もです。もちろん、日本代表の選手達もです。

早く、柴崎岳の完治のニュースが待ち遠しいですね。リハビリ開始でもいいので。いいニュース待ってます。

そんな柴崎岳の足に関わる話を書こうと思います。サッカー選手の足のことと言えば、スパイクでしょう。

今回は、スパイクの話なんですが(笑)サッカー選手にとって、大切なモノですよね?あとは、ファッション製とかの要素も加わりますからね。

私もサッカーやっていた時、よく手入れをしてました。しつこいくらいに。

今は、ナイキ、アディダスのスパイクが主流になっています。若い選手が多くなってきた影響なのでしょうか?

昔は、アシックス、ミズノもかなりいましたが、時代の流れですかね?

デザイン、軽量化が独特ですからね。特に、軽量化を重視している選手は、多いです。乾貴士が、そうだった気がします。

では、現在ヘタフェでプレーしている柴崎岳は、どのメーカーのスパイクを使用しているのでしょうか?誰も使用して無いものかも?

早速、調べてみました。意外な結果が…。

柴崎岳は、どこのメーカーのスパイクを使用しているのか?

やはり、柴崎岳も、ナイキ?アディダス?なのか?それとも、違うメーカーなのか?どうなんだ?

6月末でスペイン2部テネリフェとの契約が満了した時に驚きのニュースが…。

柴崎岳がアンブロと契約!アンブロのアドバイザリー契約を締結することが正式に発表されました。

アンブロですか?といったのが感想でした。何かあったのか?身近で、アンブロのスパイクを履いている人は、いなかったな。

日本人選手で、アンブロのスパイク履いている人いたっけ?と思うくらいです。

今後、柴崎岳は、アンブロのサッカースパイク、フットウェア、トレーニングウェアなどは、すべては着用する契約になってます。

スパイクは、ともかくフットウェア、トレンドウェアは、どんなデザインにするんだろう?アンブロは?

柴崎岳は、17-18シーズンからアンブロのアクセレイタープロというスパイクを使用しているそうです。

柴崎岳が、履いているアクセレイターシリーズのNEWトップモデルが、こちらです↓

結構、派手なデザインですね。柴崎岳が、好まなそうなスパイクに感じました。割と細身な感じですね。

実際に使用して、柴崎岳が、アクセレイターの感想をこう述べていた。

アクセレイターは、日本のものづくりのクオリティの高さが出ている。
 
だから、このスパイクはすごく質が高い。
 
スパイクを作っている人も本物の職人さんという感じで非常に良い。
 
スパイクに対しての拘りは自分とは比べ物にならない。
 
スパイク作りにかけている人たちの力、熱意の結集で、結果凄く良いモノが出来上がったと思う。
 
国内で企画から制作まで、拘っているスパイクだから、グローバルなモデルとは種類も違う。
 

日本人が日本人のために作ったスパイク。日本の技術の高さがわかるスパイク。

だとコメントされていました。

柴崎岳は、アンブロのアクセレイターを凄く気にいったようだった。一流選手は、履いただけで、わかるのですね。

今では、アンブロと契約を結んだが、以前は、アディダスと契約していたらしい。

なぜ、アディダスからアンブロへ契約を変えたのだろうか?アディダスよりアンブロがいい条件を出して来たのか?

アディダス、日本代表10番節が影響していたのか?真相はいかに?

青森山田高校生、鹿島アントラーズ、ヘタフェでも10番だったから拘りがあるかも。あっても不思議ではないですよね。

柴崎岳が、アディダスからアンブロに変えた理由とは?

柴崎岳は、高校時代から2017年までの間、アディダスのスパイクをずっと使用してきた。

16-17シーズンには、メインで使用していたスパイクは、アディダス エース16.1LEです。

ブラック×ホワイト×メタリックゴールドカラー。

アッパー前足部にカンガルーレザーを使用しているそうです。

柴崎岳は、エース17.1は試合では1度も使用していなかったようです。

なぜ、使用していなかったのでしょうか?ある人の見解だと、

ACE17.1の甲周り一体設計がイマイチ足に合わなかった。

と書かれていた。やはりサッカー選手にとって、大切なモノですからね。

細部にまで拘りがあるのでしょう。ある選手は、スパイクの軽さを重視している選手がいました。

やはり、普段使用するものだからこそ、拘りは、大切ですよね!

スポンサードリンク



そんな良いタイミングで、アンブロ社からのお誘いがありまして、アクセレイタープロを使用してもらい履き心地、フィット感を確かめてもらったらしい。

カンガルーレザーと足首の可動をスムーズにするシンプルなフィッティングが気に入り、アンブロと契約することになりました。

アンブロとしては、してやったりでしょう。元日本代表の遠藤保仁の後を継ぐ選手と契約できたのだから。

もちろん、遠藤保仁も引き続き、アンブロの広告塔として活躍していくでしょう。現役引退までは。まだまだ、頑張ってもらわないとですね(笑)

ちょうど、柴崎岳はヘタフェに移籍することが決まり、心機一転したかったのかもしれません。

アンブロの記者会見では、新たな決意を語ってました。ロシアW杯への思いなど。

スパイクを変えた柴崎岳の新たな決意。

記者会見の始めに、柴崎岳は、

「今は無所属なんですけど」

と冗談交じりに挨拶をし、会場を沸かすと、アンブロとの契約について会見を行った。

「新たなチャレンジにしたい。

特にスパイクには個人的には拘りを持っているので、アンブロと理想のスパイクを作っていきたい」

と、今後の目標を発表した。

今後は共同での商品開発も予定しているとのこと。それは、契約したんだから当たり前でしょ!

これで、柴崎岳が、スペイン、日本代表で活躍したら、スパイクは、馬鹿売れしそうですね(笑)するでしょうねぇ。

実際に新作を履いてみたら、

フィット感良し。

良いボールコントロールの感覚を感じられた。

もっと素晴らしいモノを作り上げていける手応えをつかめた。

と、好感触をつかんでいたようだ。

昇格プレーオフ決勝に敗れ、チームは1部昇格は果たせなかった。

しかし、柴崎岳はプレーオフでの活躍で、スペインで柴崎岳の名前は、知れ渡った。

「来季はさらに飛躍の年にしたい」

17-18シーズンは、ロシアW杯が関わってくる重要なシーズンだ。まずは、怪我を治して、ヘタフェで試合に出ないと。

来年は、ロシアW杯もあるし、そこを目指してやっていきたいとのこと。

選手としては、もちろんスキルアップをし、アンブロの方々と一緒に頑張っていきたいと関係者の前で堂々と誓った。

まずは、怪我を治してくださいね(*^-^*)

柴崎岳、遠藤保仁以外にアンブロのスパイクを履いている選手は、あまり見かけないですよね?

一体、何人くらいいるのでしょうか?意外に多いのか?

アンブロのスパイクを使用している選手は、何人いる?

アンブロのスパイクを使用している選手といえば、元日本代表でガンバ大阪MF遠藤保仁。

ガンバ大阪の藤原廣輝、ワースラント=ベフェレンMF森岡亮太、鹿島アントラーズの遠藤康ぐらいか?

あとは、スポンサーであるガンバ大阪の選手の使用率が高いらしい。

また、海外では、プレミアリーグのエバートンFC、ウェストハム・ユナイテッドFC。

代表では、セルビア代表がアンブロのスパイクを良く使用しているようだ。

もともと、アンブロは、イギリスのサッカー、ラグビー用品のブランドであった。

だから、プレミアリーグのエバートンFC。ウェストハム・ユナイテッドFCの選手が愛用しているのである。

セルビア代表が愛用してることは、意外でした。何か関係があるのかな?

イギリス各地のサッカークラブやイングランド代表チームのユニフォームなども作っていた。

 

今では、サッカー用品のブランドとして世界中で愛用されている。

日本では、デサントが商標使用権を取得し、ガンバ大阪などにユニフォームを供給している。

アンブロは、プレミアリーグのエバートン、ウエスト・ハム。

日本では、ガンバ大阪、FC東京。

世界で145を超えるオフィシャルサプライヤーをしているそうだ。

アンブロは、柴崎岳と契約したことで、柴崎岳モデルのスペインを作るだろう。

また、今後活躍しそうな選手と契約を結び、新たなスパイクを作っていくだろう。

それは、どこのメーカーもやっていることなのでね。

それよりも、柴崎岳、ロシアW杯の時には、新しいでしょうスパイクで試合できるように、怪我治してね。

こちらの記事も読まれています→森岡亮太のスパイク契約をしているブランドは?以前は、どこと?

スポンサードリンク