森岡亮太の適正ポジションは?ボランチ、左サイドはどうなのか?

日本代表の確定選手、当落線上の選手がどうのこうのといった話や移籍の話とかで盛り上がっている近頃ですが…。

代表の話になると、攻撃的のポジションの選手の話が多いなぁと思います。

スポンサードリンク



各ポジションの序列とか、評論家の方々が推薦したい選手など様々な話が飛び交ってますね。

各ポジションで、誰々がファーストチョイスで、次は、誰々が…。とか。

W杯が近づいてきているので、ポジションの話が出てくるのは、当然なんですけどね。

11月の親善試合で、ビック3(本田圭佑、香川真司、岡崎慎司)が外れたことは大きな話題になりました。

あの時の選手のコンディション、試合に出場出来ているかを考えれば、当然だったと思いますし。

調子の良い選手が呼ばれることには、何も言うことはないですし、ちゃんと見ていてくれるといった安心感も生まる。

選ばれなかった選手も11月の選考を見て、モチベーションも上がると思うので良い効果があったのではないかと思う。

逆に、ビック3もこれで焦りが出て来たのか?わからないが、生き残りをかけて、より一層アピールをしてくれるはず。

これが、より良い方向に向かってくれればなと思います。

厳しいポジション争いをしている前線の選手達。

両サイドと攻撃的中盤のポジションは、候補が多いので、ハリルホジッチ監督も悩んでいるのかな?

ファーストチョイスは、大体決まっているのかなといった印象があるが、果たしてどうなるのか?

前の3人は、真ん中が大迫勇也、左が乾貴士、原口元気、右が久保裕也、浅野琢磨がファーストチョイスかなといった感じだと思います。

候補は、真ん中が杉本健勇、左右の両サイドは上に書いた二人を交互に使う感じでしょうか?

次は、トップ下とボランチ。ここは、井手口陽介と山口蛍、長谷部誠は決定かな?と思います。

ここでの候補の選手となると、森岡亮太、長澤和輝あたりの選手になるでしょうね。

特に、森岡亮太は、ベルギーでも結果を残していますし、パサーの役割だけでなくゴールも決められる選手なので期待はしたい。

決まりそうな中盤のポジション争いに名乗りを挙げてもらいたいですね。

森岡亮太は、井手口陽介あたりとコンビを組むと面白そうですね。

ボランチに山口蛍がいると一番いいのかもしれませんね。守備も出来る森岡亮太ですが、守備力がある選手と組むことでより一層森岡亮太の攻撃力が行きそうな感じがしますが…。

では、森岡亮太の適正なポジションはトップ下がいいのか?を考えてみましょう。

森岡亮太の適正ポジションはトップ下でいいのか?

森岡亮太の適正なポジションは、トップ下がいいのかなと思います。

それか、インサイドハーフでしょうね。ベフェレンでもトップ下ですしね。

森岡亮太がトップ下のポジションが合う点は、視野の広さとラストパスがあるからでしょうね。

後は、ボールを貰う時のポジションが良いことと判断力がある点ですね。

言ってみれば、ゴールに直結するプレーができるので、森岡亮太の能力が発揮できるポジションになるんでしょうね。

森岡亮太が、こういったプレーが多いから「昔の10番タイプ」と呼ばれるんでしょうね!

現代サッカーでは、運動量がどのポジションでも必要と言われている中、森岡亮太のプレーには懐かしさがあるんでしょうね。

奇抜なプレーやパスの精度が高いのでね。さらに、得点も挙げますからね。

今の日本代表では、デュエルが強い選手、運動量が多い選手が求められているので、森岡亮太には、厳しいかな?と思いましたが、違いましたね。

その理由は、やはり運動量にありましたね。

では、森岡亮太の運動量のことについて書いてみます。

森岡亮太は、実は運動量が多かった!

ベフェレンで活躍できている理由は、やはり運動量にあると思いますし、ハリルジャパンに呼ばれたのも、そういう理由が大きいのでしょうね。

ここが、「昔の10番タイプ」の選手が、このポジションで、生き残れるか重要ですよね。

ヴィッセル神戸の時は、パス出しや得点のシーンだけでなく、自陣まで戻り、見方のサポートをしに行っていたりしていたようだ。

昔から、そういった動きをしていたんですね。この頃から、そういうプレーができていたのだから、今の代表に入っても大丈夫だったんでしょうね。

原口元気なんかもドイツに行ってから前線に顔をだしたり、最後尾まで守備をしに戻るようになりましたからね。

スポンサードリンク



元々、持っている運動量があるのでベフェレンでも活躍できているのでしょうね。

ポーランドでは、中盤を飛ばす戦い方が多かったため、森岡亮太の運動量が注目されていなかったんでしょう。

森岡亮太自身も、ゴールに直結するポジションにいるようにしていたと言ってました。

評価の対象が、ゴール、アシストといった数字が評価されるので、そういったポジションにいざるを得なかったのでしょう。

ベフェレンでは、得点、アシストに絡むプレーを見せてますが、ヴィッセル神戸の時のように繋ぎ役もしているようなので、森岡亮太自身もやりやすいのでしょうね。

ベフェレンでの活躍で、やはりトップ下のポジションが一番いいのかもしれませんが、私的に、ボランチのポジションも面白いのではないかな?と思います。

その理由について書いていきます。

実は、ボランチ起用もいいのでは?

先程も書きましたが、森岡亮太の特徴である視野の広さ、パスの精度、運動量を生かせるポジションは、ボランチなのかなとも思います。

両足から繰り出される長短織り交ぜたパス、見方のフォローまで走れる運動量があることと、相手のマークがトップ下よりかは少し緩くなるので、森岡亮太の才能が生かせるのではないのか?

後は、ミドルレンジからのシュートも期待できるので、一度試してもらいたいポジションですね。

ただ、守備力がどの程度あるかが気になるところですが…。守備力が要求されるポジションなので。

少し昔のピルロや遠藤保仁のような存在になれるのではないかと思います。

今の代表のサッカーだと縦に早く攻めることを求められていますが、単調になってしまうことがある。

そんな時に、リズムを変える役割が必要になってくる。

ゆっくりと回して、わざとペースダウンを取り見方を落ち着かせたり、空いたスペースにスルーパスを出したり、サイドチェンジをしたりと森岡亮太の持ち味が出せると思うのですが…。

まぁ、ハリルホジッチ監督が考え方を少し変えなければ、厳しいですが、ボランチのポジションも試してもらいたいですね。

実は、もう一つ試してみては?というポジションがあるんです。

両サイドのポジションなんですが、特に左ですね。

なぜ、森岡亮太を左サイドがいいのか?

パスセンス、キックの精度が高いことが挙げられますが、カットインからのシュートとボールキープ力が魅力的ですよね。

もちろん、今以上に運動量が求められるポジションですが。

ドリブル技術も高いですし、何よりボールキープ力があるので、左サイドバックの上がりを待てる。

左サイドのコンビネーションで、サイド攻撃から崩していけるオプションが増える。

さらに、ドリブルで突破も可能ですし、森岡亮太自身カットインからシュートという選択肢もあるので、攻撃のバリエーションも増えるのではないでしょうか?

言ってみれば、本田圭佑のような役割なんですが。

キックの精度も高いので、質の高いクロスもきたいできますしね。

実は、左サイドのポジションが良いのではないかというのも先日、香川真司が左サイドのポジションで起用されていたことがあったからなんですよね(笑)

ポジションは、監督が決めることなんで、好き勝手言いたい方ですが…。

もちろん、W杯の相手は格上のチームばかりなので守備的にいかざるを得ないと思いますが、森岡亮太の起用法で少しチームが変わるのかなと思い書いてみました。

森岡亮太なら、正直、攻撃的なポジションならどこでも大丈夫かなと思いますので、どこが適正なのかは、判断できませんが、輝く姿を楽しみにしてます。

スポンサードリンク