槙野智章の肉体美は、どんな筋トレで作られたのか?

サッカー選手のスタイルって、TVとかで見ると、スマートに見えませんか?代表戦の時のスーツ姿とか!

でも、芸能人とTV出演して、並んでいると、やはりガタイがいいことに気づきます。

野球選手だと、ガタイいいなと思う時は、多いですが、サッカー選手はなぜ、細身の見えるのか不思議です。

余計な体脂肪がついていなくて、筋肉の量が多いからなんでしょうが、スマートに見えてしまうのが不思議で仕方がありません。

スポンサードリンク



槙野智章の筋トレの成果が出ているのか、非常に引き締まった体になってますよね?ピッチ上では、そんなにムキムキとした感じがしないのですが。どんな筋トレをやってるんでしょうかね?

筋トレ、体幹チューブトレーニングでは、長友佑都が有名ですが、槙野智章は、どんな筋トレで、体を作っているのでしょうか?

やはり、体幹中心に鍛えていると思いますが、槙野智章も体幹チューブで、筋トレをしているなら話題にもなると思いますが、そんな話聞いたこともありません。

いったい、どんな筋トレで、槙野智章は、あの体を作ったのでしょうか?そこら辺を調べてみました。

槙野智章の筋肉は、どんな筋トレで作られたのか?

槙野智章の筋肉は、凄いですよね!実は、槙野智章の肉体を写真で見たの初めてで、びっくりしましたね!

この写真見ると、槙野智章自分に酔いしれてるのかな(笑)

やはり、一流の選手ですよね、上半身の筋肉もしっかりとつけてますね。恐らく、体幹、骨盤のあたりもしっかりと鍛えていると思われます。バランスよく筋トレされてますね。

一度、ブンデスリーガで戦ったこともあるので、必要な筋肉をいかにして鍛えるのかを重視して行ってきているのでしょうね。

筋トレをすることは、非常に大切ですが、筋トレのし過ぎで、体が重くなり、敏捷性が失われてしまうので、ある程度の筋トレで筋肉をつけたところで、今ある筋肉を絞っていくことが必要になります。

以前、香川真司が、プレミアの名門マンチェスター・Uに移籍した時に、筋トレのやりすぎで、敏捷性が失われたこともありました。

現在は、ベストパフォーマンスが出来るような筋トレ、トレーニングを行っているようですね。その成果が、ワールドカップで出ていたように思えます。

筋トレは、やりすぎも良くないし、筋トレを疎かにしてはいけないということですね。

槙野智章は、オフシーズンでも、筋トレに励むことで有名ですよね?筋トレだけでなく、スプリントのトレーニングもされているようです。

では、ここで、槙野智章が実践している筋トレについて見ていきましょう!

実践している筋トレは、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」の3種類の筋トレを行っています。筋トレの基礎中の基礎をやってるんですね。

まずは、ベンチプレスから行ってみましょうか?

多くの人がやったことがあるでしょうね。上半身を鍛えるトレーニングとしては、もっとも有名な筋トレではないでしょうか?。

逆三角形の上半身を作るのに必要である大胸筋の強化が主な目的。ただ、持ち手の幅を変えることで、三角筋、上腕二頭筋も鍛えることが出来る。

いきなり重量が重たいモノから始めると、かなりしんどいので、少しきついかなと思うぐらいモノから始めましょう!

スポンサードリンク



続いては、スクワット。

まっすぐに立った状態から膝を曲げる筋トレ。下半身の筋肉を鍛えるトレーニングになります。

ただし、勢いよく膝を曲げて、その反動で体を起こしても意味がないので、膝の角度が、90度くらいになる感じでやると効果があるみたいです。

スクワットは、場所を取らずに出来ますし、道具も必要ないので、手軽に始めやすい筋トレではないでしょうか?

正しい姿勢でやらないといけないのがポイントで、下手をすると関節を痛めたりすることがあるので、正しいフォームを勉強してからの方がいいと思います。

正しいフォームで、行うスクワットは、基礎代謝量の向上であったり、心肺機能を上げる効果もあります。

やりすぎには、気をつけましょうね!膝に来ますから(笑)

下半身に溜まった静脈血やリンパ液を筋肉のポンプ作用で押し上げることにより、血流が良くなったり、血管壁をしなやかにする効果があります。

と書いてあったので、血流の悪い私なんかがやった方がよさそうですね(笑)

最後に、デッドリフト。

デッドリフトとは、床に置いたバーベルを腕を伸ばして掴んだまま、背筋がまっすぐになるまで持ち上げる筋トレです。

立位でのバーベル上げとイメージしてもらえればよいかと、画像を載せてみました↓

全身のほとんどを鍛えられると言われています。

持ち上げる時は背筋全体を使用するので、背筋の中で言うと、広背筋、脊柱起立背筋の筋肉、鍛えることが出来ます。理想的な逆三角形の肉体を作ることが可能です。

デッドリフトでバーベルを持ち上げる時、背筋と一緒に太ももの筋肉も鍛えられるのも特徴。

太ももの筋肉は、 大腿四頭筋、ハムストリング、大臀筋の3か所を鍛えられます。

特に、ハムストリングスは、中々、筋トレ以外では鍛えにくいので、ハムストリングスを鍛えたい方には、デットリフトは効果的です。

槙野智章は、この3つの筋トレを軸に筋肉を鍛え上げているんですね。だから、槙野智章は、あんなにすごい体を手に入れたのでしょうね。

しかも、槙野智章は、筋トレだけでなく食事にも気を使い始めたようです。何故なんでしょうかね?早速調べてみました。

槙野智章が、食事に気を付け始めた理由とは?

これは、昨シーズンの時から始めたみたいですね。ここ数年、肉離れで悩まされていたことから、食事を改善することに決めたそうだ。

以前から、アドバイスを受けていた栄養士さんに頼んで、食生活の改善を変えることを決心。

きっかけは、代表合宿中に長友佑都と食生活の話をしたことがきっかけだったようだ。長友佑都の意識の高さに驚き、槙野智章自身も取り組むことにしたらしい。

「これまでは好きなものを食べて飲んでいた。外食も多かった」

と思ったらしい。長友佑都は、ヨガだけでなく、食生活の先生にもなってたんですね!そういえば、会社設立されましたが、運動や食事、健康などに関連する事業も始められましたしね。

槙野智章は、結婚もし、奥さんが栄養バランスを考えて食事を作ってくれるから、大丈夫じゃないのでしょうか?

長友佑都並みに食材まで、拘らないとは思いますが、長友佑都先生から、またいろいろと指導してもらえればよいのではないでしょうか?

まとめ。

今回は、槙野智章の筋トレについて書かせていただきました。調べてみると、意外と、基本的なトレーニング中心にやっているんだなというのが、正直な感想です。

「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」の3種類の筋トレは、みなやっていると思われますが、他にも考えて、様々なトレーニングもされているはず。

槙野智章の体を見てると、無駄な筋肉がないなといった印象がありますし、無駄のない筋肉を作る工夫もされていると思います。

食生活の改善など、30過ぎても、貪欲さを失わない槙野智章は、一流の選手ですね。もしかしたら、次のワールドカップもメンバーに入ったりしてね(笑)

とにかく、浦和レッズでも新生日本代表でも、ピッチの内外でサッカー界を盛り上げていってほしいですね^^

スポンサードリンク