槙野智章の足にまつわる問題発言と珍プレーとは、いったい何なのか?

何かと良い意味でも悪い意味でもネタにされてしまう槙野智章。しかし、本田圭佑と同等?ぐらいに、日本人選手で、メディアに叩かれているサッカー選手も珍しいですよね。

槙野智章が何か発言したり、問題なプレーをしたりすると、バッシングなり、ネタになったりと話題になってしまう。

なぜ、そこまで、されてしまうのかとも考えてしまうが、槙野智章自身が、そうさせている部分もあるので仕方ないことだと思う。

スポンサードリンク



やはり、テレビ出演の多さや特にバラエティ番組での印象が強いため、サッカー選手という要素もあるが、芸能人的な要素もあるからでしょうね。キャラクター的に、TV側としてもありがたい存在ですからね。

サッカーに関しても、日本では実力者なんですが、まさか、引退後のことを考えて出演しているとか?

バラエティ色だけでなく、個性的な性格のため、嫌いなスポーツ選手にランクインすることもありますが、アンチがいることは、気にされている証拠でもありますし、このままの槙野智章でいてほしいですね。

そんな槙野智章は、今シーズンの開幕戦で、問題発言?をしてしまったことで、ニュースになってしまった。

内容的には、悪いとこを言ったわけではないのだが、それでも、ニュースになってしまうのが、槙野智章。

いったい、槙野智章は、何を言って、ニュースになったのか見てみましょう。

槙野智章は、何を言ったために、ニュースになってしまったのか?

言ってることは、本心であったでしょうね。こんな見出しで、書かれていました。

浦和レッズ 槙野、チームメートに苦言「足が痛くて走れないなら最初から試合に出ないでほしい」

今シーズンのJリーグ開幕戦の長崎戦の終了後のことである。昇格組の長崎相手に、1-1のドローという結果もあって、槙野智章自身もイラついていたのかもしれない。

槙野智章は、選手の名前は明かさなかったが、

「足が痛いって倒れ込む選手がいた。足が痛くて走れないなら最初から試合に出ないでほしい…」

とチームメートを批判するような発言をしてしまった。

チームメート批判と捉えかねない内容だったわけで、ニュースになったんでしょうけど、本人は、プロとして、そういう状態なら出るべきでないと言いたかったんでしょうけど。

出る出ないは、その選手と監督、コーチが決めることなので、仕方ない部分もあると思います。

槙野智章は、プロである以上、コンディションが良くないのであれば、試合に出ずに、コンディションが良い選手を出した方がいいと言いたかったんでしょうね。

チームが勝つために。見に来てるれているサポーターのために。

試合の途中で足を痛めたのかどうかは、わかりませんが、この発言からだと、足を痛めたのは、試合中ってわけではなさそうですしね。

ネイマールなんか、倒されれば、足を押さえて転がってますしね?大げさだ!とか、本当に足を削られたのか?といった声も上がっていますしね。

試合は、単調な攻撃の繰り返しで、何とか後半に追いつきドローで終われたが、長崎まで来てくれたサポーターからは、大ブーイング。

槙野智章は、

「当然です。結果で返すしかない」

と、言葉少なめで、スタジアムを去りました。

チームが、空中分解とならなければいいですが、槙野智章が言ったことには間違えではないですが、選手としては、多少の足の怪我だったら出たいと思うはずですし、どちらが正しいのかはわかりませんが。

でも、こういった選手がいないとチームが引き締まらないとも思うので、問題にならない程度にしておく方がいいかもですね。

スポンサードリンク



続いては、これは珍プレーの話なんですが、今度は、発言ではなく、プレー()でやってしまった話です。

いったい、何をやってしまったのでしょうか?足でやってしまった珍プレーとは?

槙野智章の左足が、あるところに決まった!

この動画を見た時は、笑ってしまいましたね(笑)ニュースの記事タイトルも見事でした。タイトルは、こんな感じです。

「まさか…」槙野智章、“バイシクル股間キック”謝罪 都倉も反応「俺に決めないで」

第9節の札幌線で、事件は起きてしまった・・・。札幌のGKからのロングフィードで槙野智章と札幌の都倉が競り合って、二人して倒れた時だった。

転がる槙野智章の足が、都倉の股間を直撃。槙野智章の足が火を噴いた。動画は、こちらです↓2分30秒当たりのところです。

足がもろに直撃している!都倉も両足開いてるし・・・。二人の足の共演は、笑えましたね。

もちろん、わざとではないプレーだったので、仕方ないが、槙野智章は、インスタで写真を後悔しながら、謝罪をしたようだ。

ちなみに、謝罪文の原文があったので載せますね。

「都倉選手すいません。まさか、こうなるとは…ボール間違えました。笑」

と謝罪。都倉もわざとやったわけではないと理解しているので、その後のプレーも、何も問題なく試合を終えた。

「コントかと たまたまですよね?!」

「真剣勝負だからこそ、笑えるシーンが生まれましたね」

「アクロバットすぎるやろーーー笑笑」

「死ぬほど面白い」

と反響を呼んだようだ。足を使ったプレーと言えども、足の使い方を間違えましたね。正しく、足を使いましょう!

都倉も自身のツイッターに

「俺にバイシクル決めないでよ」

と茶目っ気たっぷりなメッセージを送るなど、反響が広がったようですね。

何か槙野智章がいるところに事件ありみたいな感じですよね?今後も、悪い話でなく、こういった笑い話の提供をお願いします。

まとめ。

今回は、槙野智章の足に関わる話について書かせていただきましたが、「足」というキーワードで、結構、いろんな事件が起きていたんですね。

ここには書いてませんが、ワールドカップのポーランド戦、必死に足を伸ばして、クリアしようとしたボールが、あわやオウンゴールになりそうだったシーンなどもありますし。

今回書かせていただいた「足が痛いなら、最初から出るな」とか黄金の左足でのバイシクルで、別のボールを蹴ってしまったとか。

槙野智章は、「足」だけで、これだけの話題を作れる人なので、これからは、「足」でも、良い意味で、「足」を使った発言なり、プレーで魅せてほしいですね。

槙野智章の「足」に注目ですね!

スポンサードリンク