槙野智章の身長と体重のバランスは良いのか?身長のサバ読み事件は本当?

浦和レッズの槙野智章、ワールドカップも終えて、オフを満喫されているようですが、Jリーグ再開までには調整をしっかりとしてくるでしょうね。

今後も、代表にも呼ばれると思うので、浦和レッズでのプレーをしっかりとやってほしいですね。

ワールドカップを見ていて思いましたが、ポーランド戦のあわやオウンゴールのシーン以外はまずまずのパフォーマンスだったのかなと思います。


ただ、レバンドフスキが本調子でなかったのが良かったのですが、身体能力は、やはり日本代表の武器にはなると思いましたね。バイシクルとかやっちゃいますし。

身長182cm、体重77kgと日本のDFでは、体格に恵まれた存在。しかも、身長、体重のバランスが良いので体のキレも良い。

身長は、もうどうしようもないですが、体重に関してはいくらでも増減できますからね。あっ、アスリートだと体重の管理は難しいか!体重が、微妙に違うだけで動きが変わりますしね。

そこで、槙野智章にも身長をサバ読みしているのではという疑惑が浮上していた。これは知りませんでしたね。

体重は、ごまかせても身長は無理ですからね。いったい何がきっかけで、槙野智章は、身長をサバ読んでいるのか?という疑惑が出たのか?

調べてみました。以外な事件がありました。

槙野智章も身長をサバ読みしていたのか?まさか、体重も?

まさか、槙野智章も身長のサバを読んでいるのか?そうすると、身長のわりに体重は多くないかという話にもなってくる。

こんな記事を見かけたので紹介します。

増嶋竜也と豊田陽平とのオフ会?でのこと。増嶋竜也が自身のツイッターで、3人の画像をアップした時に、事件は起こった。

3人並んで写っているのですが、増嶋竜也が身長180cm、豊田陽平は身長185cm、槙野智章は身長182cmということなのだが、槙野智章は、増嶋竜也よりも一回り小さく写っているのだ!

画像は、増嶋竜也のTwitterに載っているので、ここでは載せられませんが、見ると確かに一回りぐらい違う。

若干、槙野智章が足を曲げているのでそういう風に写ったかもしれませんが、どうなんでしょうね?2cmしか違わないといった感じではなさそうですが。

槙野智章まで身長のサバ読みをしていたら、日本代表で何人目になるのだろうか?

知っている限りでは、乾貴士と長友佑都が身長をサバ読みしていることは判明しましたが。槙野智章さん、どうなんですか?乾貴士と長友佑都の身長は、以前から疑われていましたからね。

乾貴士の身長サバ読みについてはこちらの記事に書いてあります→サバを読んでいる?乾貴士、本当の身長は?

身長は疑っても、体重は信じてますからね。体重を嘘ついても仕方のないことですし。

でも、なぜ、オフィシャルサイトなどに載せるのに身長をサバ読みするんですかね?こんな疑いを持つのは良くないことなんですが、体重も違うような気がしてきました。

対戦相手に大きく見せようとしているのでしょうかね?Jリーグなら、すぐばれてしまいそうですが、国際舞台ならばれないかもしれませんが。

そこで、槙野智章の身長と体重のバランスは、本当に良いのか気になってきましたので、どんなものなのか調べてみました。

槙野智章の身長と体重のバランスは良いモノなのか?体脂肪率はどうなの?

槙野智章の身長と体重のバランスが良いモノかを見ていきたいと思います。

30~39歳の一般男性の適性体重は、171.5cmで、69.6kgだそうです。

ちなみに、この計算方法は、こちら↓

計算式
適正体重  =  (身長m)2(2乗のこと) ×22(BMI指数が22で計算された、最も健康的と言われる体重)

では、槙野智章の身長を入れて、計算してみると、

1.82×1.82×22=72.87

という結果が出ました。適性体重は、身長-100くらいが適性体重ということになりますね。

槙野智章の体重が、77kgなので、一般の男性の適性体重よりも体重があるということになりますが、アスリートなので筋力の重さが違うので、バランスは取れているのではないでしょうか?

では、槙野智章の体脂肪率も測ってみましょうか!

体脂肪の計算式は、こちら↓

体脂肪率

体脂肪率(%)=体脂肪の重さ(kg) ÷ 体重(kg) × 100

では、再び、槙野智章の数字を入れてみましょう。

計算式に入れてみたいのですが、肝心の体脂肪の重さがわからなかったので、槙野智章の体脂肪率11.7をいれて、体脂肪の重さを出してみました。

11.7%=体脂肪の重さ(kg)÷77×100なので、体脂肪の重さは、約9kgということになりますね。

元日本代表監督ハリルホジッチ監督は、11,12%までならOKと言っていたので、クリアしていたことになりますね。

日本代表選手の中では、身長、体重、体脂肪率の数字は良いモノだと思います。海外組は、もう少し凄いですが。海外組の場合は、筋力の重さで体重があるのかなと思いますね。

だから、槙野智章は、適性体重よりも体重がありますが、筋力の重さなので、あれだけキレのある動きが出来ているんだと思います。

まとめ。

今回は、槙野智章の身長と体重について書かせていただきました。まさか、槙野智章まで身長のサバ読みをしているのか?という話を見つけてビックリしました。

でも、海外では身長のサバ読みはよくあるみたいで、悪気がないというのはないと思いますが、身長、体重ぐらいは正しい数字で載せても良いのかと思います。

そこで身長、体重を嘘ついても仕方ないですし。

後は、体脂肪の話ですが、ありすぎは、もちろん困りますが、なさすぎも困るのです。

体脂肪率が高い人ほど怪我をしやすいようなので、元日本代表のハリルホジッチ監督が、体脂肪率に関して煩くいっていかのです。

筋トレの際には、今ある筋肉を絞っていくトレーニングをしているようなので、体重の変化も少なく、体脂肪も維持できているのでしょう。

後は、長友佑都先生に、食事のことを聞いていたこともあるので、栄養バランスや体重の管理をしながら、さらに上を目指していくことでしょう。

サッカー選手として、ピークに差し掛かっているか?ピークを越えたあたりの年齢になってきているので、より一層体のケアが大切になってきますね。

シーズン残りも怪我無く、素晴らしいプレーを見せてもらいたいですね。

【トップアスリートが認める体幹トレーニング】

全身を連動させた体幹トレーニングで体幹で安定性と可動性が抜群に優れたスーパーコアを!!!

FLOWINの購入はCuore ONLINE SHOP