権田修一の出身高校は、普通?通信制?性格は、仲間想いの性格?

日本人選手の高校時代ことを書かせていただいていますが、今回は、権田修一の高校時代について書いていきたいと思います。

サッカー選手というと、今まで書かせていただいた選手は、通信の高校を卒業する人が多かったかな?と思います。

普通に、高校通いながら、プロになった選手もいますが、権田修一は、どちらなんでしょうか?

やはり、通信の高校?普通に、高校に通っていた?


権田修一の高校時代は、通信?普通に通っていた?

権田修一は、国士舘高校に通っていたようです。普通に、高校に通いながら、FC東京の下部組織に通っていたみたいですね。

権田修一の場合は、2005年から2種登録でトップチームの練習に帯同していたようで、2007年にはトップチームに昇格したようだ。

トップチームの練習に帯同していたことを考えると、結構大変な高校生活でしたね。

権田修一の場合は、まだ、都内だったから活動するのには楽だったのかな?

でも、権田修一は、FC東京の活動だけでなく、アンダー世代から日本代表に選ばれてますから、高校の方も大変だったことでしょう。

権田修一の活動内容は、高校側も理解してくれていたと思うので、高校の課題も上手い具合にやってくれたのではないでしょうか?

それにしても、普通の高校に通いながら、下部組織や日本代表もこなしていた権田修一は、超人みたいな選手ですね。

槙野智章みたいに、サンフレッチェ広島ユースのように、普通科の高校に通いながら、ユースもこなすというようなクラブなら仕方ないと思いますが。

※今は、わかりませんが、サンフレッチェ広島ユースは、寮生活をしながら、高校生活、サッカー両方をさせるのが基本らしいです。

アンダー世代の日本代表に呼ばれるくらいの選手だと、通信制の高校でないと駄目だということで、普通の高校から通信制の高校に変える人が多いのですが。

権田修一は、そう考えると、文武両道の生活をしていたんですね。人間的にも素晴らしい方なのでしょう!

こんな厳しい高校時代を過ごしてきた権田修一ですが、恐らく、通信の高校に行かなかったのにも性格が影響しているのかなと思います。

次は、権田修一の性格について書いていきたいと思います。

権田修一の性格は、どんな性格なのか?

権田修一の高校生活を見ている限り(調べた限り)、真面目な性格なのだと思います。

いわゆる優等生な感じがしますね。では、実際には、どういった性格なのでしょうか?

本田圭佑が買収したSVホルンに移籍した時のことを見てみると、権田修一の性格がわかるような気がします。

SVホルンが、日本人監督に変わった時の出来事である。

環境が違えば、考え方も違うという壁にぶつかってしまったようです。

オーストリアの選手達の練習に対する考え方と日本では普通のことが普通でないという事態に陥ったようです。

そこで、一役を買ったのが、権田修一。プレーはできていなかったが、チームの橋渡しのような感じの役目をしていたようだ。

そのことを行ったことで、権田修一は改めて自分自身のことについて振り返ったことがあったようだ。

それで、こんなコメントをしたのですね!

「プレーが出来ない中、何で貢献するかといえばこういうところしかない。あとあらためて思ったのは、結局僕はこういう性格なんですよ。」

「去年、東京でも『何でこんな事まで味方に言わないといけないんだろう』とか思っていたこともあった。
もちろん言い過ぎてはいけないし、やり過ぎてはいけないと自分を省みることもある。ただ、クラブのことを考えたり、チームのバランスを見るというのも、僕の性格。」

「理想を言えば、みんなが不満なく、チームがひとつになってやるにはどうしたらいいのか。そんなことを考える。
東京でいた10年間は、それが良いか悪いかわからなくなっていた。でも綺麗事ではなくて、僕は自分がどうこうよりもみんなが充実しているほうが楽しいし、うれしい」

と。権田修一自身、自分自身が目立つポジションでないのが、そうさせているのか?味方のために動ける性格のようですね。

こういったことが出来る人って、魅力的ですよね!

もしかして、本田圭佑が、権田修一をSVホルンに誘ったのは、権田修一の性格を知った上で誘ったのかな?

戦力としてと、チームのためを思って。そこまで計算していそうなのが、本田圭佑だと思うので、良い人事をしたなといった感じですね。

権田修一が、こういった性格なのは家庭での教育なのでしょう。後は、中学、高校での厳しい生活をしてきた中で、そういうモノを培ったのではないでしょうか?

こんな権田修一がいてくれれば、日本代表もチームが大きく乱れないでしょうね。長友佑都、槙野智章もいますし。

色々な選手の高校時代を書いてきましたが、高校の時に皆苦労しています。その時の努力で、今があるんだなと改めて思わされましたね。

まとめ。

今回は、権田修一の高校のことと性格について書かせていただきました。

高校時代のことですが、アンダー世代の日本代表の活動に加えて、FC東京での活動もあり、大変な高校生活だったことでしょう。

しかし、権田修一にとっては、充実した高校生活であったと思います。だからこそ、ここまでの選手になれたのでしょうね。

性格の方ですが、家庭環境や中学、高校での生活で培ったものなのでしょうね。後は、GKというポジションをしていることも影響しているのかもしれません。

痛い思いをしても、チームのためにゴールを守り続けることや、ミスをすれば叩かれるようなポジションをこなしています。

GKというポジションをしていることで、責任感の強さや周りを思いやる気持ちが出ているのかもしれませんね。

こんな選手がいるチームは雰囲気が良いのではないでしょうか?

是非、日本代表でも権田修一が引っ張っていって、チームをまとめてほしいですね。

吉田麻也、長友佑都、槙野智章が、率先してやると思いますが・・・。権田修一は、陰で支えてくれるのではないでしょうか?

チームの精神的支柱としての活躍も期待したいですが、GKとしての仕事に期待したいですね!

アジア杯だと、決勝トーナメントからPK戦もあるので。スーパーセーブで、チームを優勝に導いてください!

めちゃくちゃ期待しています。

こちらの記事も読まれています↓

守田英正は、高校から有名選手だったの?恩師が語る守田英正とは?

槙野智章は、なぜ通信制の高校にしなかったのか?何か理由はあるのか?

酒井宏樹の出身高校は、凄い卒業生が多い?。どんな人がいるの?




今度こそ本当に身につく英語力を3ヶ月で【産経オンライン英会話】