浅野拓磨の使用スパイクはナイキだが、契約とかはしているのか?

もうすぐW杯イヤーになりますよね!実に、楽しみですね!W杯も楽しみですが、どういった選手が選ばれるのか?新しい顔ぶれが出てくるのかも楽しみですよね!


もう一つは、スパイクのことでしょうか?契約している選手たちが、どんなスパイクを使用するのか?最近は、機能性だけではなく、デザイン性も優れていますからね。

また、各メーカーも必死になって製作しているでしょうし、どこのメーカーのスパイクが多いのかな?とか気になるところが多いですよね!

現在、日本代表で多く使用されているスパイクメーカーは、ナイキとなりますが、日本代表のスポンサーであるアディダスが、どういった方針で進めてくるのかも注目ですね。

各メーカーの看板選手が選ばれるのかも、スパイクメーカーの方々も気になることでしょうし、それによって、売り上げとかにも関係してくるので、業界自体も盛り上がっているでしょうね。

それだけの影響力を持つ大会ですので、選手だけでなく、スパイクメーカー、スポーツショップの動向もチェックすると面白くなると思います。

では、今回は、プレミアリーグの名門アーセナルに移籍をし、現在は、レンタル先のシュツットガルトで活躍をする浅野拓磨の使用しているスパイクについて書いていこうと思います。

浅野拓磨が使用しているスパイクは、どこのメーカーのものなのか?

浅野拓磨が使用しているのは、ナイキのハイパーヴェノムファントムⅢです。

やはり、ナイキのスパイクか!ナイキ強いですよね。日本代表だけでなく、世界でもナイキのスパイクしようしている選手は多いですよね。

このハイパーヴェノムファントムⅢのテーマとしては、切れ込む、撃つ、決めるといったテーマでつくられたらしい。

点取り屋のためのスパイクらしい。しかも、着用選手も豪華な顔ぶれ!みんな知っている選手ばかりだ!

レバンドフスキ、イグアイン、エカバーニといった世界指折選手が着用したようだ。ナイキもこのスパイクに対して、すごく、宣伝費用をかけてますね。

このハイパーヴェノムファントムⅢの特徴としては、全面がフライニットという素材を使用していること。なんなんでしょうね?

※フライニットとは、ナイキが提案する新形状ニット素材のこと。軽量化だけでなく、通気性、伸縮性が必要な部分には、高い機能性を持ち、フィット感を感じることができるようだ。

このフライニットのおかげで、キックの強弱がつけやすいようだ。インパクトの瞬間、弱い時は柔らかく、強い時は固くなるらしい。

そんな素材を作ることに成功したナイキが凄い。どんな感じなのか履いてみたくなりますね。

もう一つの特徴としては、ハイパーリアクションプレートを採用している点。またわからない用語が出てきた。

※ハイパーリアクションプレートとは、固めのナイロン素材でサポート性を高めることができるし、屈曲性に優れたぺダックス素材。

前足部は、柔らかいようで、中後足部は固定されているので鋭い動きの時に威力を発揮するらしい。

最後は、ナイキフライワイヤーケーブルといった特徴があるようだ。これも知らない単語なので・・・。おじさん化したせいか?最近のスパイクのパーツの用語を知らなさすぎですね。

※ナイキフライワイヤーケーブルとは、靭帯のように機能し、足が必要としている箇所をサポートすること。

これで、中足部のフィット感を向上することができ、フィット感を感じれるようだ。

現在のスパイクって凄いですね!こんな複雑にできているとは思いもよりませんでした。各メーカーも、このようなハイテクノロジーを駆使してスパイクを作っているんですね。

このハイテクなスパイクで、浅野拓磨は、日々戦っているんですね。ストライカーのために作られたスパイクで、是非、ゴールを量産してほしいところです。

浅野拓磨が、W杯メンバーに選ばれて、なおかつ得点を決めれば、スパイクメーカーさんも大喜びでしょうね!その内、浅野拓磨モデルとか出るのでは?

ところで、各メーカーさんは、様々な選手と契約を結んでいますよね?アシックスは、大迫勇也、乾貴士。アディダスは、香川真司、南野拓実。アンブロは、柴崎岳、森岡亮太。

では、浅野拓磨は?ナイキと契約をしているんでしょうかね?少し前のスパイクもナイキでしたし。どうなんでしょうかね?

浅野拓磨は、ナイキと契約しているのか?

浅野拓磨も、先ほど書いた選手のように、スパイクの契約とかあるんでしょうかね?浅野拓磨も、ナイキとスパイク契約してるでしょうね、きっと。

「新スパイクとともに狙うは・・・」といったニュースが以前あったのでそうなんだろうなと思いますが、正式にはどうなんでしょうかね?

その他にも何件か似たようなニュースが出ている。その下の方を見てみると、写真元=ナイキと出ている。

これって、やっぱり浅野拓磨は、ナイキとスパイク契約されてるんだなと思いましたね。

正式なものは見つかりませんでしたが、ほぼ間違いないと思われます。その証拠をこの後書きたいと思います。もうこれは、決定的ではないかと思われるものでしたね。

浅野拓磨始め、日本代表選手の多くがナイキのスパイクを使用しているところを見ると、もしかしたら近い将来、スポンサーがナイキになるかもしれませんね。

こんな話もあったようなので、あり得ますね。

サッカー日本代表のスポンサーであるアディダスからは選手起用で圧力があった

とハリルホジッチ監督が明かしてしまったらしい。これは、わかっているが言ってはいけないことだろうなと思いましたが・・・。

選手の体脂肪率まで、マスコミに公表しちゃったぐらいの人ですからね。まあ、このぐらいは許されるのかな?イヤ、ダメでしょうね。

特に、若い選手たちがナイキのスパイクを使用してますし、アディダスの選手を起用してほしいというのは、どうなんだろうと思いますね。

まあ、それだけアディダスが焦っているようにも感じますが・・・。このままの勢いだと抜かれるでしょうね。

ナイキは、様々なイベントをやってますからね。先ほど、浅野拓磨とナイキの契約があると思うといった理由を書いていきたいと思います。

やっぱり、浅野拓磨は契約してたんだな!

「浅野拓磨 スパイク」で検索をかけていたら、こんなページが見つかった。「コレクションNIKE REVOLUTION PACK発表」というニュースだ。

今年の3月のものであったと思う。30周年を迎えるAIR MAXのデザインをモチーフに作成されたスパイクの紹介のようである。

写真を見てみると、確かにAIR MAXのデザインが取り入れられている。AIR MAXが凄い売れ行きを記録した時の世代だから、懐かしいなと思って見ていた。

ナイキ マーキュリアル スーパーフライⅤ SE FG

AIR MAX 90をモチーフにしたもの。うーん、こちらは見覚えがないなぁ。ある意味斬新的なデザインかもしれない。グレーとレッドの配色がとてもいい感じ。

ナイキ ハイパーヴェノム ファントムⅢ SE FG

AIR MAX 95をモチーフにしたもの。こちらのデザインは懐かしいですね。ちょうど、AIR MAX 95が流行っていた頃に、よくTVで見かけましたし。

私自身、この配色凄く好きですね。他のバリエーションも見てみたいと思います。

ナイキ マジスタ オブラⅡ SE FG

AIR MAX 97をモチーフにしたもの。AIR MAX 97って、こんな感じだったっけ?何か雰囲気が違うような気もするが・・・。ちょっと、スニーカーの方を見てみようと思います。

ナイキ ティエンポ レジェンドⅥ SE FG

AIR MAX 1をモチーフしたもの。AIR MAX 1は、こんな感じだっけ?と思ってしまいました。私が知らなさすぎか(笑)なんかエアフォースみたいな感じだ。

NIKE REVOLUTION PACKというもので発売されたのである。

ここで、紹介分のところに、こんな文章があった。

実際にNIKEのアスリート原口元気選手や浅野拓磨選手、山口蛍選手、森重真人選手、西川周作選手が週末の試合に着用して出場する予定である。

これって、ナイキのアスリートに浅野拓磨が入っているということですよね。つまり、浅野拓磨は、ナイキと契約しているのではないか!と思いますよね。

正式には、発表されているのかはわかりませんが、浅野拓磨は、何らかの形で関わっているのでしょう。浅野拓磨もナイキから様々なスパイクが送られてくるんですね。

まだまだ、日本人選手が出てきそうな気もしますが、それだけナイキのスパイクが良いモノだということですね。

せっかく、ここまでしてもらっているのだから、浅野拓磨は、W杯ももちろん、クラブの方でも活躍しなければならないですね!

浅野拓磨が点を取って、ナイキのスパイクをアポールしていかなくてはならないですね(笑)

こちらの記事も読まれています↓

ナイキとスパイク契約していた?大迫勇也。今は、何処と契約?

スパイクにも拘りあり?山口蛍仕様のスパイクには、拘りが多い?

スパイクへの拘りが強い井手口陽介。一番重視する点は?




疲れにくく、ケガしにくい足元をつくる機能性インソール