浅野拓磨が交通事故?いったいどこで、どんな事故を起こしたの?

本格的な寒さになってきましたね。道路は凍結しそうだし、夜間の運転には気を付けなければならないところです。まだ、滑ってないので今のところは大丈夫ですが。

スポンサードリンク



年末、年始なので、交通事故には気を付けないとですね。一度、事故ってしまったので、それ以来は、かなり神経を使ってますが・・・。

そんなことはどうでもいいとして、この前、浅野拓磨の検索をしているときに、ふと気づいたことがありまして、ネットで検索をかけた時に。「浅野拓磨 事故」といったキーワードが出てきました。

なんなんだろうと思い、見てみると、浅野拓磨が交通事故を起こしていたのでした。見たときは、びっくりしましtね。

いったい、どんな事故を起こしてしまったのでしょうか?何もないと良いのですが。

浅野拓磨は、どんな事故を起こしたのか?

私は、浅野拓磨が、何の事故かと想像したところ、スピードが有り余って、試合中に相手選手と接触したことを事故と書いていた人がいるのかと思いました。バカな想像をしてしまいましたね。

でも、全然違いましたね。車同士の接触事故だったようですね。事故があっても、不思議ではないのですが、注目選手となると変なところでも注目されるので嫌ですね。

事故があったのは、浅野拓磨がサンフレッチェ広島に在籍している時の2014年3月2日のことである。

午後1時40分頃、広島県広島市西区の路上で、浅野拓磨が運転する乗用車が車線変更をしようとした時に、前方に停車していたバスと接触をしたらしいのです。

実際の現場を見たわけではないので、これは、浅野拓磨の前方不注意になるのかな?そうなりますよね。

幸い、バスの運転手、乗客、浅野拓磨に怪我はありませんでした。それだけが、不幸中の幸いでしたね。一応、後で処分とかなかったみたいですし。

この事件に関してサンフレッチェ広島の対応は、

「本事故により、ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げます」

「クラブでは、浅野選手に厳重注意を行うとともに、事故再発防止に向けて全選手、クラブ関係者に安全運転の取り組みを徹底いたします」

と謝罪をした。浅野拓磨本人も、この事故に対して深く反省したに違いない。少し、気が抜けてしまったのかな?

浅野拓磨だけでなく、他の選手にもあり得ることですし、一般人の方もあることなので車の運転には、気を付けないといけませんね。

浅野拓磨だけでなく、サッカー関係者の事故もチラホラ目につきますね。ちょっとだけ、紹介してみます。

サッカー関係者の方々の事故について。

実は、浅野拓磨ばかりではないんですよね。ハリルホジッチ監督も日本に来て、交通事故を起こしていました。

ハリルホジッチ監督は、日本に来て2度、車での接触事故を起こしています。結構、有名な話みたいですね。

まずは、2015年の8月24日。タクシーとの接触事故を起こしたようだ。軽めの事故だったようで、処分などはなかったようだ。監督もホッとしたところであろう。

スポンサードリンク



そして、2017年6月15日。文京区のサッカー協会に向かうために1人で乗用車を運転していたらしい。午後2時30分頃、港区の溜池交差点付近で右折の際に路肩から発信しようとした乗用車に接触したらしい。

両者ともに、車にへこみや傷ができたが、全員怪我はなく、軽い事故であったため警察も現場で過失の判断をしなかったらしい。

その後、ハリルホジッチ監督は、サッカー協会で仕事をしていたらしいのだが。仕事をしていたとはいえ、内心ドキドキであったであろう。

これで、監督就任後2回目の事故ということもあり、サッカー協会からは、

「運転の際には、十分に注意して行うように指導した」

という。さらに田嶋会長も

「ハリルホジッチ監督には、改めて運転に注意するように言いました。」

と広報を通じてメッセージをしていた。行っただけで終わってそうですが・・・。

意外と、ハリルホジッチ監督もやらかしていたんですね(笑)交通ルールも違う国だから、最初の事故はね、慣れてないからだと思いますが。

あとは、2回目の事故は、疲れが溜まりすぎていたのではないでしょうか?そういったときは、協会に頼んで、運転手を出してもらうなどした方が良いかもしれませんね。

ただでさえ、神経を使う仕事をしているのですから。

F.C東京の林彰洋も交通事故を起こしてしまったようだ。何やらかしたんだ?

2017年8月3日(木)に、林彰洋が運転する乗用車が、新青梅街道・東京都杉並区井草二丁目交差点で追突事故を起こしたようだ。

接触した乗用車に乗っていた人、林彰洋ともに怪我はなかったようだ。クラブ側は、オフィシャルサイトにてこのように述べていた。

今回の件につきまして、関係の皆様には多大なるご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

クラブは、林彰洋選手に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者に交通安全への取り組みを徹底してまいります。

今回の事故については、新青梅街道・東京都杉並区井草二丁目交差点にて、赤信号で停止していて、青信号に変わった時に、林彰洋が発進した。

その時に、前方車両は、まだ停止したままで、しかも、車間距離があまりなかったそうだ。そのため追突をしてしまったらしい。

前を見ていなかったのかな?車間距離が十分ではなかったみたいだけど、そんなに感覚がないほどだったのだろうか?林彰洋が前を見ずにアクセルを踏んだのではないのかな?

よくある事故ですね。とにかく両者が無事で何よりです。林彰洋は、びっくりしたことでしょうね。恐らく、内心落ち着かなかったでしょうね。

その事故については、林彰洋は、クラブを通じて、こうコメントしている。

『この度は、相手の方をはじめ関係する方々に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳なく思っております。今後、このような事故を二度と起こさないよう、注意いたします。本当に申し訳ございませんでした』

誰だって、事故を起こす可能性があるわけだから、仕方ない部分もあろと思いますが、運転中は気を付けないとですね。みんな、どこかしらで集中力がきれているかわかりませんからね。

私自身にも言い聞かせておかないといけないですね。特に、冬場はスリップがありますし、前方が見えにくいこともあるので気を引き締めていかないとですね。

事故の話で、暗くなりそうですが・・・。浅野拓磨も事故以降気を付けて運転していることでしょう。

まとめ。

今回は、ちょっと交通事故といったネタで書きましたが、何もサッカー選手だけだけでなく、車を運転する際には最新の注意をしないとですね。

浅野拓磨に関しては、交通事故は、もういいので、サッカーで、良い事件を起こしてほしいですね。いい意味でのですよ!

浅野拓磨、今日は○ゴール、○アシストのような世間を賑わすニュースを期待してますね。

シーズン残りは、浅野拓磨の翌シーズンの居場所がかかってくるので、浅野拓磨は、リーグ再開後に向けてリフレッシュしてきてほしいです。

ただし、事故にだけは気を付けてくださいね!

スポンサードリンク