遠藤航のプレースタイルは、どのような評価をされているのか?

いよいよW杯までもう少し、日本代表選手の発表ももうすぐですが、果たして誰が残るのか気になりますね?

西野監督になってからは、以前呼ばれていなかったメンバーも呼ばれ、誰が選ばれるかわからなくなってきましたね。

元の日本代表に戻りそうな気もしますが・・・しかも平均年齢が高いのも気になりますが・・・


そんな中、ポリバレントな能力を持つ遠藤航は選ばれる確率が高いのではないかと思われますが、どうなるんでしょうか?

発表の日が非常に楽しみになりますね!悲劇があるのかも注目ですね。昔のカズのような。

今日は、その遠藤航のプレースタイルについて書いていこうと思います。どんなプレースタイルなんでしょうかね?

遠藤航のプレースタイルの特徴、その1

遠藤航は、一見フィジカルに弱そうですが、意外と強いことと冷静な守備に定評があります。

浦和レッズでは主にセンターバックを務めていますが、ボランチもでき、サイドもできる守備職人です。

昔の阿部みたいな存在ですね。プレースタイルも似ている気がしますが(笑)

以前、遠藤航が言っていましたが、平均的に上手い選手になりたいと言っていましたが、まさに、その通りの選手になってくれましたね。

現在、代表では3バックにも着手しており、センターには長谷部が入ると思われますが、長谷部の故障のことなどを考えると、非常にありがたいバックアッパーとなりえます。

プレースタイルの大きな特徴でもありますが、身長は178cmと高くはない方ですが、空中戦に強く、身長差を感じさせないところがメリットとなりますね。

先ほども書きましたが、フィジカルも強く、体の入れ方も上手い、前監督のハリルホジッチ監督も遠藤航のフィジカルコンタクトの強さを評価してます。

またガツガツ行くわけでもなく、落ち着いた守備もでき、相手のパスの受け手にボールが入った時に、強烈なタックルをかまして奪うのが特徴。

相手のプレーを上手く読み、駆け引きをするクレバーなディフェンスをするのが、彼のプレースタイルの特徴ともいえるでしょう。

遠藤航のプレースタイルの特徴、その2

次に攻撃のプレースタイルについてですが、攻撃に移る際の縦パスも上手いことが挙げられる。これができるリベロ、センターバックはあまり日本にはいませんからね。

遠藤航の攻撃時のプレースタイルとしては、キックの精度が高いロングフィードにあるかなと思います。

ボールを奪う前から遠くの方まで見ているので、鋭いロングフィードができるのだと思います。遠藤航のセンスなのでしょうね。

西野監督に変わって、ポゼッションサッカーに戻るのであれば、遠藤航のロングフィードはある意味変化を付けられる良い武器になるのかなと思います。

現代サッカーで大切な攻守の切り替えの早さができる選手なので是非、W杯でそのプレーを見てみたいですね。

先ほどにも書きましたが、長谷部に次ぐリベロの候補なのではありますが、4バックの時は右サイド、センターバックもこなせますし、過密日程で試合をこなす場合彼の力は大きな戦力になるでしょうね。

遠藤航のプレースタイルの特徴、その3

先ほども書きましたが、プレースタイルということではないのですが、3つのポジションをこなせるといった意味では心強いでしょうね。

遠藤航をメンバーに入れておくことは、リベロのポジションはもちろん緊急事態になった場合には、ボランチもできますし、4バックでやるときには右サイドもできますからね。

特に長谷部の膝の具合がどうなのかはよくわかりませんが、長谷部の膝の調子が良くない時の1番手だと思うのでね。

ボランチでの起用であれば、空中戦の強さを存分に発揮してくれると思います。

日本代表のボランチで空中戦に強い選手はなかなかいませんからね!中盤での競り合いに勝てる選手がいると心強いものです!

遠藤航自身も以前インタビューで平均的に上手い選手になりたいと言ってましたが、本来はボランチで勝負したいと言ってましたし、W杯でのボランチ遠藤航も見てみたいですね。

まとめ。

遠藤航は、ご存知の通りリオデジャネイロ五輪でキャプテンを務めていました。

オリンピックのナイジェリア戦では、あこがれていた?ミケル選手との対戦がありましたが、臆することなく戦っていました。

その時遠藤航は、

「チームとしての仕事を淡々とこなし、いい結果が出せればいい。憧れの選手だからと言って、ビビることはない」

と語っています。

現在の落ち着いたプレースタイルもブラジル戦の大敗からプレースタイルを変えたらしく、無駄な縦パスを無くしたようですしね。

今回のW杯はスタメンは厳しいかもしれませんが良い経験を積めるはずです。

次世代の日本代表の要にもなりうる存在ですし、恐らくキャプテンになりうる存在だと思います。

柔軟なプレースタイルと、性格がマイペース?かつ物おじしないところが今後の日本代表に必要になってくると思われます。

まずは、今回のW杯メンバーに選ばれて、できれば試合に出場してほしいですね。

実際の世界のレベルを肌で感じてきてほしいですね。

まずは、30日のガーナ戦に出場できることを期待したいと思います。

がんばれ!遠藤航^^

こちらの記事も読まれています→遠藤航の適切なポジションはどこなのか?

★サッカーショップ価格NO、1のユニオンスポーツ!
┃サッカーグッズ・サッカーアイテムが満載!
┃サッカースパイク&サッカーユニフォームなど全品超特価にて大奉仕!