遠藤航の年俸は、浦和レッズでは何番目にもらっている方なのか?

Jリーガーの年俸って、野球選手よりも低いのは、皆さんご存知だと思いますが、日本代表選手の年俸はどのくらいなのでしょうか?

今回は、日本代表の遠藤航の年俸の推移について見ていこうかなと思います。遠藤航の年俸の推移は、うなぎのぼりだったのか?


遠藤航と言えば、守備職人でボランチからDFまでこなせる守備の専門家のような選手ですよね?

遠藤航は、現在の代表では、DFでは入り込むことも難しいですし、ボランチには長谷部もいますので、バックアッパーといった形になるかと思います。

しかし、ボランチの長谷部の膝の具合もありますので、遠藤航にも出場機会はあるのかなとは個人的には思っています。

では、本題の遠藤航の年俸の推移を見ていこうと思います。まずは、遠藤航の湘南ベルマーレ時代から見ていこうと思います。

遠藤航の年俸の推移~湘南ベルマーレ~

2010年  年俸360万円

湘南ベルマーレに2種登録選手として登録され、Jリーグデビュー。

当時監督の反町康治監督からは

「ボールを動かせるし、身長は低いけどヘディングも強い」

と高い評価を得ていた。

初年度ということともあり、最低額からのスタートとなりました。当たり前か(笑)

2011年  年俸400万円

この年からトップチームに昇格し、さらには神奈川大学に入学していたようですが、中退したようです。

もったいないような気もしますが、プロでやっていく以上早い方がいいですからね。

2012年  年俸800万円

前年の年俸の倍になりましたね。しかもこの年は、19歳ながらチームのキャプテンに就任し、J1復帰に大きく貢献した。

2013年  年俸1000万円

負傷をし、長期離脱をしてしまう。遠藤航が復帰した後に巻き返しはしたが、再びJ2に降格してしまった。

2014年  年俸1800万円

再びJ2で戦うこととなったが、無事に1シーズンでJ1に返り咲く。浦和レッズからオファーがあったようだが断ってチームに残留した。

私的にはこのタイミングで浦和レッズに移籍をする方が良かったのかなとは思いますが。今更ですが。

2015年  年俸2500万円

遠藤航のPK後にチームでゆりかごダンスをしたようですね。それにしても、Jリーグはゆりかごダンスが流行っているのか?やるチーム多いですよね!

そして、2015年のオフに浦和レッズに完全移籍を果たした。遠藤航は、2016年のAFCチャンピオンズリーグで浦和レッズデビューを果たした。

遠藤航は、この時どんな気持ちだったのでしょうかね?やっと、浦和レッズの一員になれたという実感が湧いたのではないでしょうか?

遠藤航の年俸の推移~浦和レッズ~

浦和レッズと言えば日本でも最も大きなクラブとしても有名であり年俸の方も大きく跳ね上がったことでしょう。

浦和レッズのサポーターは、J屈指のサポーターですから、遠藤航にとってもやりがいもあるでしょうね。

2016年  年俸2500万円

遠藤航は、開幕戦から先発で起用され、シーズン通して27試合に出場。完全にチームの主力として活躍していた。

この年は、リオデジャネイロオリンピックのメンバーに選出され、キャプテンとしてチームをけん引するもチームはグループリーグ敗退に終わってしまった。

2017年  年俸4000万円

この年は、浦和レッズに移籍後初得点を記録し、リーグ戦30試合に出場し、3得点を挙げる活躍を魅せた。

遠藤航は、コンスタントに日本代表にも選ばれるようになり、日本代表に定着しつつたる感じがするような感じだった。

2018年  年俸6000万円

まだシーズンが始まったばかりなので、何とも言えないが今年は、W杯も控えていることもあり、そちらの方に集中したいところだと思う。

W杯に出られるか、どうかで今後の遠藤航のサッカー人生が変わってくると思うので、是非、日本代表には選ばれてほしいですね。

西野監督に変わったことで選手選考の基準もだいぶ変わってくるかもしれませんが、守備職人の遠藤航であれば、恐らく選出される可能性は高いのかなと思います。

そのためにも、浦和レッズでコンスタントに試合に出場してほしいですし、怪我だけは気を付けてほしいですね。

この時期の怪我は、致命傷になりかねないので、そこだけは気を付けてほしいと思います。

では、日本が誇るビッククラブ浦和レッズの年俸は、誰が一番高いのか見ていきたいと思います。

浦和レッズで年俸が高い選手は?

浦和レッズの総年俸は、10億8080万円!平均年俸は、4156万円!平均年齢は、28.96歳。

流石に日本のビッククラブだけあって総年俸も10億越え、しかも平均年俸が、4000万円を超えるなど流石だなと思いましたね。

ただ気になるのが、平均年齢の高さですかね!今後は、少しずつ若返りをしていかないと大変なことになりそうですね。

では、浦和レッズの年俸ランキングを見てみましょう。

1位  西川 周作  1億円

積極的に高い位置を取って、ポゼッションに絡み、ディフェンスラインの裏をカバーすることが特徴のGK。

フィードやビルドアップが上手いことも特徴の一つである。

1位  柏木 陽介  1億円

言わずと知れた浦和レッズの司令塔。昨年のAFCチャンピオンズリーグのMVP。

運動量も豊富で、ルックアップも素早く、視野が広いため、相手選手の裏を突くプレーを得意とする。

浦和レッズの心臓とも呼べるし、走るファンタジスタとしても有名。

1位  槙野 智章  1億円

身長が182cmと大柄でフィジカルコンタクトや空中戦にも強く、セットプレーでも大きな武器となる。

お調子者のイメージが強いですが、その明るいキャラクターでチームを和ませている頼れる兄貴分のような存在ですね。

個人的には好きな選手なのですが、結構アンチがいるようなので、そこは理解をしてあげてほしいなと思います。

4位  阿部 勇樹   8000万円

キックの精度はもうご存知の通り性格無比。それに加えて、足元の確かな技術と高い戦術理解能力、これはセンスだと思われるが、バランス感覚に優れている。

オシム監督にはポリバレントと評され、複数のポジションをこなせる日本でも数少ない存在であった。

4位  興梠 慎三   8000万円

シュートの精度、決定力に優れたFW。ポジショニングの取り方が非常に上手く、ワンタッチゴールで決める技術の高さも彼の特徴。

浦和レッズの年俸上位5名を紹介させてもらいました。

遠藤航は、この下の6位にランクインしてます。近いうち、年俸1億円になれる日が来るのでしょうか?

まとめ。

遠藤航の年俸と浦和レッズの選手のトップ5の年俸の紹介をさせていただきましたが、1億円プレーヤーが3人もいて、しかも3人とも日本人選手とは珍しかったですね。

遠藤航は、まだ年齢的にも中堅クラスなので、今後の活躍次第では本当に年俸1億円プレーヤーになれるかもしれませんね。

そのためにも今回のW杯メンバーに選出されて、W杯出場をして選手としての価値を上げていかないとですね。

まずは、5月のガーナ戦に召集されるようにプレーしていってほしいですね。遠藤航の今後の活躍に期待ですね。

こちらの記事も読まれています↓

槙野智章の年俸の推移は、変化しているのか?それとも変化が少ないのか?

齋藤学のマリノス時代の年俸は低かった?川崎の年俸は、どうなのか?

森岡亮太、欧州で評価が凄い!年俸や市場価値も大幅アップか?




GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】