酒井宏樹の日本代表での背番号は、19番で決まりなのか?

ロシアW杯まで、後5ヶ月くらいになりましたね。誰がメンバーに生き残るかは、3月の試合まで予想はつかないと思われます。

だいたい、日本代表メンバーに呼ばれる選手は皆さん予想できていると思いますが・・・。調子を上げている選手もいますし、ラッキーボーイ的な選手も出てくるとは思いますので、そこらへんが楽しみですね。

スポンサードリンク



数々のドラマを生んだ日本代表のメンバー発表。今回も見逃せないですね。悲劇とかあるのでしょうかね?

正直言うと、あまりサプライズがないような気もしますが・・・。恐らく、あるとすれば、日本代表メンバー発表までに調子のよい選手が選ばれるかどうかぐらいですかね。2,3人くらいでしょうか。

その中でも、ほぼ日本代表のメンバーに選出されるであろう酒井宏樹。酒井宏樹は、ほぼ不動の右サイドバックであり、攻撃面ではもちろん、マルセイユに移籍してからかな?守備面も良くなってきている。

日本代表にとって替えの利かない選手であることは間違いない。では、酒井宏樹はいつから日本代表で活躍をし続けているのか?いつ、日本代表デビューを果たしたのか?

酒井宏樹の日本代表に選出された時からを振り返ってみましょう。ついでに、背番号も見ていきましょう。

酒井宏樹の日本代表デビューから、現在まで。

酒井宏樹が、日本代表に初召集されたのは、2011年。その時の背番号は、18番だった。

ただし、試合に出場はしていない。このころ、やっとレイソルで注目され始めた時ですからね。

翌年には、キリンチャレンジ杯のアゼルバイジャン戦で途中出場し、A代表デビューを果たす。

その時の背番号は、21番でした。まだ、選ばれ始めだったから、背番号も固定のような感じではなかったのですね。

しかも、この年は、ブンデスリーガのハノーファーに移籍も決まり、飛躍の一年となりましたね。忘れてならないのが、ロンドン五輪のU-23日本代表メンバーに選出もされましたし、忙しい一年を送りましたね。

2012年は、W杯アジア予選もあり、4試合ありましたが、酒井宏樹は、4試合中3試合に出場し、1試合スタメン、2試合は途中出場という結果となりました。この年も背番号21番でした。

2013年には、コンフェデ、W杯アジア予選もあり、合計3試合に出場し、2試合はスタメンで出場しました。この時も背番号21でしたね。

ちょうどこのころから、アジア予選だけでなく世界での舞台を経験するようになりましたね。だた、この時は、内田篤人もいたので中々、出番は来なかったのかなと思いましたが、そうでもなかったようですね。

2014年は、ブラジルW杯。この時も背番号21を付けていました。日本代表の常連になってきた証か?日本代表の背番号も、固定された背番号になってきましたね。

しかし、大会期間は出場機会がなく、ベンチで戦況を見つめていました。きっと悔しかったでしょうね。

そして、2015年、酒井宏樹にとって思いもよらぬことが起きた。スタメンで活躍していた内田篤人が負傷をし、酒井宏樹に出番が回ってきた。

我慢し続けた酒井宏樹にご褒美だったのか?恐らく、酒井宏樹は、素直に喜べなかったと思う。仲間が怪我しての出場になったわけですからね。

この年は、アジア予選の4試合に出場し、すべてスタメンで出場した。この年から、酒井宏樹の背番号は、19番に変わった。

2016年は、アジア予選の6試合の内、5試合に出場し、すべてスタメンで出場。先宏樹は、日本代表の右サイドバックの定位置を確保したようであった。

そして、この年には、フランスのマルセイユに移籍を果たし、ステップアップに成功している。

スポンサードリンク



2017年も、アジア予選で5試合ともスタメン出場し、ロシアW杯出場に大きく貢献した。この時も背番号は、19番。

もう、日本代表の背番号19番は、酒井宏樹の背番号になりましたね。恐らく、ロシアW杯のメンバーにも選ばれると思いますので、W杯が終わるまでは変わらないでしょうね。

日本代表では、もう背番号は決まりでしょうし、小さい数字の背番号で誰かが外れた場合、酒井宏樹の背番号が変わるかもしれませんね。

今では、酒井宏樹の番号になってますが、歴代の日本代表では誰が背負っていたのでしょうか?

そちらも調べてみました。

歴代日本代表選手で、背番号19を背負っていた選手は?

歴代日本代表と言っても、そんなに昔じゃないんですけどね。ロシアW杯のメンバーに入るかもしれないメンバーの中で紹介したいと思います。

まずは、乾貴士。

2013年の日本代表戦で背番号19番を背負っている。小柄ではあるが、持ち前のテクニックで相手を翻弄し、エイバルの主力として活躍している。

日本代表では、左サイドのウィングを任されているが、真ん中でも行けそうな感じはするが、やり慣れた左の方が良いかなと思う。

左サイドバックの長友佑都とのコンビも良く、日本代表の武器にもなりそうな気がする。

続いては、ジャガーこと、浅野拓磨。実はこの人も背番号19の時代があった。大一番のオーストラリア戦で、貴重な先制ゴールを挙げるなど、右ウィングの成長株。

彼の大きな特徴としては、スピード。ハリルホジッチの求めるサッカーをするには欠かせないピースとなっている。現在は、シュトゥットガルトに在籍しているが、活躍次第では、アーセナルに戻ることもあるかもしれない。

まだいます。続いては、原口元気。

2012年の時に背番号19を背負っていた。今シーズンは、出番に恵まれず、苦しいシーズンを送っている。この冬にも移籍をするようなことが書いてあるが、どうなることか?

彼の良さは、なんて言っても献身的な動き。日本代表の試合を見てもわかるように、前線から自陣まで戻るなど運動量が凄い!

彼の運動量のおかげで、どれだけ日本代表が救われたか!W杯のことを考えての移籍をすると思うので、まずは試合に出られるクラブを選んでほしいですね。

日本代表歴代背番号19と言っても、最近のメンバーじゃんと言われそうですが、せっかくW杯も近いので、選ばれそうなメンバーにしてみました。

酒井宏樹も含め、上の3人にも共通するのですが、背番号19って、みんなサイドの選手ですね。何か法則とかあるのかな?

変な話なんですが、背番号19なんですが、1と9を足すと、10になるので、将来期待される選手が与えられる背番号とかいう話もありますね。

そういった迷信があるせいかわかりませんが、自ら19番を選ぶ選手も少なくないようです。

そんな迷信があったなんて知らなかった・・・。数字を足して○番という選手は多かったですが、19番にそんな意味があったとはね。

まとめ。

酒井宏樹は、比較的に背番号が変わらなかった選手だなという印象を受けました。ただ、酒井宏樹が活躍すればするほど、後の背番号19番を背負う人がきついかもしれませんね(笑)

それだけの活躍をしてくれれば、日本代表もいい戦いができるのではないかと思います。

まだ、日本代表に正式に決まったわけではないですが、マルセイユで結果を残し、誰のも文句を言われずに、W杯に挑んできてほしいですね。

もし、記者の方が、酒井宏樹に聞いてほしいですね、背番号19に何か思いがあるのですかと。なんかなさそうな気もしますが。調べてみてもそれらしき記事はないですし。

結構いますよね?思い出とかで選んだとか?そういったものが聞けたら、面白そうですね。とにかく、W杯まで、怪我をせずにいてくださいね、酒井宏樹

スポンサードリンク