長友佑都の評価って、以前は高かったけど、今はどうなの?

2018年9月5日に追記しました。

ガラタサライへ完全移籍をした長友佑都ですが、情報が入ってこなくて寂しいですね。

ガラタサライへの移籍前のことから書いてます。


さてさて、移籍の噂は、本当なのかな?長友佑都!本当だとしたら、ニュースにでかでかと載りますね!まだ、進展はないようですが。

W杯直前ですが、インテルでの試合出場の機会が少ない長友佑都にとっては、良いチャンスかもしれませんが、ここで環境を変えるのは良いのかなと思う部分もあります。

環境を変えても、試合に出れないと意味がないですからね。しかも、スペインとかプレーリズムが違うので、適応するまでに時間がかかるのではないのかな?と

そこだけが心配ですね。後は、言語の問題ですね。ここをクリアしないと何にも解決できませんからね。彼のことだから、話せなくても馴染めそうですが。

異国の地に行っても順応できるところは、高く評価されそうですね。評価の対象が、そこなのかはわかりませんが。

しかし、30を超えていますが、獲得に乗り出してくるクラブがあるのは、依然として長友佑都の評価がある程度高いからと言えるでしょうね。

依然として、高い評価やオファーが来ることは良いことだと思うし、まだ、欧州でできることを証明できている証拠でもありますし、下手すると、欧州でのプレーできる機会が今回の移籍で最後かも入れませんし。

どうなるんでしょうかね?そこで、少し前に合った移籍の話を振り返ってみましょう!

長友佑都は、なぜ評価が高かった時に移籍をしなかったのか?

今思うのだが、現在はこのような状況だからこそだと思うが、なぜ、様々なクラブからオファー、評価が高かった時にあった時にインテルから出なかったのかなと。

長友佑都を評価していてくれたクラブは多かったはず。なぜ、あの時、試合に出れない状況で、インテル残留を選んだのか?インテルの評価は悪かったはず。

長友佑都自身も言っていたが、インテルへの愛ですよね。

最後は、そこにつきましたね。なかなかクラブへの愛を語る選手はいませんからね。珍しいと言えば、珍しい。

そこまで言える選手は、なかなかいないですよね。

どんなにいい評価をされてもインテルを出なかった長友佑都は、素晴らしかった。評価よりも大切なものがあったのですね。

ただあの時いえるのは、年齢的なものが大きかったのかもしれない。今は、年齢もそうですし、何より、W杯がありますからね。評価どころの問題ではないですからね。

評価は高くても試合に出れるかがポイントですから、評価だけでなく、一番重要なところを重視してほしいですね。

W杯に出るためにも、やはり試合に出場しなければ代表には呼ばれない確率が高くなりますからね。

ハリルホジッチ監督も試合に出ているかどうかで決めるようになりましたからね。

長友佑都がインテル愛があるということは、すごくよくわかっていますが、どちらを優先するか、間違えなくW杯だと思いますが、残り数日での決断を待ちましょう。

もう、結果は出ているような気がしますがね。あとは、細かいところの修正ですね。きっと。

今、交渉しているようですしね。森岡亮太も個人的には、合意したという記事が出ていましたし、長友佑都もそんな感じなのかもしれませんね。

良い決断を期待してます!発表が待ちどおしいですね。また、深夜に出てきそうな気がしますね。

移籍についてですが、前回は、どんなクラブから来ていたのでしょうかね?そこも見ていきましょう!結構来ていたみたいですね。

長友佑都を評価していたクラブには、どんなところがあったのか?

以前の移籍問題のクラブの候補としては、ガラタサライが良く取り上げられていましたよね。欧州と言っても、4大リーグではないことで、びっくりしましたが。

あの時のインテルでは、余剰戦力の評価としてしか評価されていなかった長友佑都。どう見ても移籍だなと思いましたね。

あの時点でも、インテルの古株でしたが、怪我の影響もあり出場機会に恵まれていなかった状態でした。

さらには、新戦力の台頭などもあり、控えより下の評価でした。

そこで、ガラタサライという話が出てきたわけですが、なぜ、ガラタサライだったのでしょうかね?

そこには、元インテルのスナイデルの存在がありました。

インテルでは、親友と呼ばれる存在であったみたいですし、その関係でガラタサライという話が出てきたようですね。

あと、長友佑都自身が、イタリア国内であれば、インテル以外考えられないという発言も大きく影響してきているのでしょうね。

長友佑都の代理人が、インタビューに対して、ガラタサライは有力候補の一つだと話したこともあったからでしょうね。そこまで高い評価をしていたのかなと思いましたが。

確かに、条件はいいですよね。CLも出られますし、実力も伴っているクラブなので良いかなと思いましたが。

代理人だって、こんなこと言ってましたしね↓

「トルコのクラブは佑都にとって望ましい目的地だ。現段階ではそれが彼にとって唯一現実味のある解決と言えるだろう。他の選択肢は目下考えていない」。

とか話しておきながら、実際は違ったとかでしたからね・・・。

実際のところは、長友佑都ではなく、同じインテルの選手がほしかったとか?監督自身も長友佑都がほしいとは思っていなかったようでした・・・。

どういったいきさつで、代理人は、あんな話をしたのかわかりませんが、とにかくあの時は、移籍するつもりがなかったわけですから、良かったのではないでしょうか?

もう一つは、プレミアリーグからだったようで、ついこの間も色々と噂になりましたよね。結構、長友佑都、プレミアリーグから狙われているんですね。

プレミアリーグは、期待と評価は高かったようですね。確かに、フィジカル重視のリーグであるので、長友佑都のフィジカルは武器になりますし、良い補強になるとも思いましたからね。

こんな評価もされてましたしね↓

「長友はものすごい契約になるだろう。一流の選手だ」

「実現するとは思えない。あまりにも大物過ぎる。でも実現して欲しいな」

「素晴らしい契約になるだろう!」

「左サイドの強化に関して言えば、長友佑都は一際優れたものとなるだろう」

「報道されている中で興味深い選手は長友佑都だけだな」

と評価は高かったのですがね。

ただ、悪い評価を上げると、身長が出てきますね。理想のサイドバックとは思えないと。そう考えると、マルセイユの酒井宏樹は理想のサイドバックなのかもしれませんね。

慎重もありますし、守備力も高いですからね。現在では、もしかして日本のサイドバックでは一番高い評価なのかもしれませんね。

今回も3クラブが噂されてましたが、どうなんでしょうか?ただの噂で終わりそうな気もしますが・・・。直前まで何があるかわからないですからね。

プレミアリーグもなさそうな気がしますね。やはり、一番手は、ベティスが一番なのかなと思いますね。水面下でも動いているようですからね。

しかも、インテルに移籍してきたラフィーニャが、こんなことを言っていたらしい。

「アハハ! ナガトモはスペイン語を話すんだ。僕はビックリしたよ! だから僕は彼とスペイン語で話しているよ」

え?長友佑都が、スペイン語?と思いますよね。片言のようでしたが、まさか、スペインに行くための準備をしているのではないかと思いましたね(笑)

考えすぎでしたね。それはそうとして、明日、明後日ぐらいには発表があるかもしれませんね。

ここから追記しました。

ガラタサライでは、主力として活躍していますが、報道が少なくなり寂しい限りです。

ガラタサライは、CLに出場できるので、また、長友佑都の情報やハイライトが見れそうですね。

ベティスに加入するところを、ガラタサライ側が移籍金、年俸?を上乗せして、長友佑都は、ガラタサライに言ったとの報道がありましたが。

長友佑都のことですから、お金のことで決めたわけでないと思います。

以前に比べ、露出は減りましたが、ガラタサライでも戦力として見てもらえているようなので、良かったのかなと思います。

サポーターにも人気のようですからね。長友佑都が、CLで躍動することを期待したいですね。

まとめ。

長友佑都の移籍騒動ですが、以前のことも考えるとない方な気がしますが、時期を考えると、もしかしたらとは思いますね。まだ、評価されているうちに出ていくのか?どうかですね?

評価は高いのかどうかもわからなくなってきているところもありますが、ほしいと思ってくれるクラブがあるのであれば評価されていることでしょうね。

気が付けば、W杯まで、あと3か月ぐらいとなりましたが、この決断によって長友佑都の人生が大きく変わるのかもしれませんね。

長友佑都が移籍した時は、どんあ反応が起こるのかも楽しみですし、獲得したクラブの評価なども聞けるので、どんな評価をされていたのかが気になりますね。

ガラタサライ側は、長友佑都の実力を評価しての獲得であったことと、試合に出れるという条件がマッチして良かったと思います。

戦力として評価される場所が一番いいですからね。その評価通りの仕事をしているようなので、移籍は正解だったのかもしれません。

最近、試合に出ているところを見ていないので、試合に出ている姿を見てみたいですね。CLの開幕が待ちどおしいです。

こちらの記事も読まれています↓

長友佑都の移籍発表時、インテルの評価やサポーターの反応は?

評価は、上々?乾貴士、スペインでの評判は?海外での評判は?

吉田麻也の海外での評価は、上々?



たった1回分に HMB1,750mg配合!『ビルドメイク24』