長谷部誠の日本代表でのキャプテンとしての影響力の凄さとは?

長谷部誠=日本代表キャプテンというイメージが、まだ残っている私ですが、もう、長谷部誠は日本代表にもいませんし、日本代表のキャプテンではないのです。

現在の日本代表キャプテンである吉田麻也も悪くはないが、やはり、長谷部誠の影響力は大きかったように思えます。

ただ、吉田麻也は日本代表のキャプテンになったばかりですから、これから新しい日本代表のキャプテン像を作っていってくれることでしょう。

ただ、長谷部誠の後ということもありプレッシャーを感じていると思います。

あまりにも影響力が強かった日本代表キャプテンの長谷部誠。

では、日本代表キャプテンであった長谷部誠について書いていきたいと思います。


長谷部誠の日本代表キャプテンは、どのくらいの影響力があったのか?

一言でいえば代えの利かない選手だったことでしょう。ピッチ内外で、これほどまで影響力のある選手は珍しい。

派手さはないが堅実なプレーとコーチングで味方を鼓舞できる存在。

恐らく、どんな人が日本代表の監督を務めても長谷部誠をキャプテンに指名したと思う。

実際に、ハリルホジッチ監督が、このような発言をしていたことがある。

「長谷部は我々のキャプテンでチームに安定を持たさなければならない選手。実に経験豊富で、みんなにいろいろな影響を与えている。彼を通すことでチームの団結が始まる。長谷部と補完関係になる選手を見つけなければならないのが我々の課題だ。長谷部はどちらかと言うと守備を安定させる役割を担ってくれる」

長谷部誠に絶大な信頼を置いてたことは間違いないことでしょう。

ハリルホジッチ監督が話しているように、監督と選手の間を上手く取り合ってくれる唯一の存在だったのかもしれない。

これも、長谷部誠がブンデスリーガで学んできたことであると思われますし、元々の性格が出ている部分であると思われます。

長谷部誠が日本代表のキャプテンに就任したばかりの時は、名ばかりのキャプテンと言っていましたが、最終的には名実ともに認められる日本代表のキャプテンになっていましたね。

不思議と長谷部誠が元日本代表であり、現在ガンバ大阪の監督を務めている宮本恒靖に思えたことがありました。

では、どんな時に、そう思えたのか?見ていきたいと思います。

長谷部誠が、宮本恒靖に見えた時とは?

私だけでしょうか?長谷部誠が宮本恒靖のように思えたのは?

何故、そんな風に思えたのかというと、このシーンがあったからです。まず、宮本恒靖のシーンからです。動画の4分50秒辺りからです。

2004年のアジア杯の日本代表とヨルダンの試合ですね。荒れたピッチで、主審にPKのサイドを変えるべきだと抗議をしに行った宮本恒靖。

日本代表がピンチな時だったこともありますが、この勇気ある行動により、日本代表に流れが来て、勝つことができました。

これを見た時には、流石!キャプテンと思ってしまいましたが・・・。こんなことできる人いるんだなと思わされましたね。

そして、このシーンを見て、長谷部誠と宮本恒靖が被るような気がしました。

これは、2011年アジア杯でのシリア戦ですね。これは、明らかに誤審でしょ!という場面。

動画をご覧になった方はわかると思われますが、川島永嗣が退場。

それを講義に行った日本代表の選手たち。当たり前ですが、長谷部誠も行きましたが、熱くなりすぎずチームメートを落ち着かせながら、主審に抗議をしていた辺りを見ると被るんですよね。

しかも、主審に抗議をしに行っている時に、カードをもらわないように両手を後ろに組んでいる。

本田圭佑も同じ感じであった。この二人は、やはり違いますね。

周りが熱くなっていても冷静に対応できる辺りは、キャプテンとしての素質があるのでしょう。

こういったシーンを見たからこそ、長谷部誠と宮本恒靖は被って見えたのでしょうね。

試合の時は、日本代表のキャプテンらしい一面を見せている長谷部誠ですが、試合を離れるとどうなのでしょうか?

日本代表合宿などでの長谷部誠についても書いていきたいと思います。

ピッチ外での長谷部誠は、どんな感じの人なのか?

ピッチ外と言っても日本代表の合宿中の時の話です。

もうこの話を見た時には、日本代表のキャプテンを任せたくなりますよ!目配りもできるし、気配りもできるキャプテンでした。

通常は食事の時間となれば、仲の良い選手で集まるような感じだと思います。たまには、シャッフルしてということもあるでしょう。

しかし、長谷部誠は違った。いつも違うテーブルに座り、コミュニケーションを取っていたようです。下の画像は、合宿中のものではないですが。

これもチームを円滑にするための努力だったことでしょう。しかも、相手の話をよく聞いてくれると若手に好評。

日本代表選手の意見を聞いて、監督に提案をするといったスタイルでチームをまとめていっていたようです。

長谷部誠の責任感の強さが、そうさせていたのかもしれませんね。理想のキャプテンであったような気がします。

日本代表で共に戦っていた選手たちからも称賛されるほどの人間性も備えているので、良い選手をキャプテンに任命したなと思います。

もう、長谷部誠は日本代表にはいませんが、吉田麻也が新しいキャプテンとしてやってくれると思いますので、新キャプテンの吉田麻也に期待しましょう。

まとめ。

今回は、長谷部誠の日本代表でのキャプテンのことについて書かせていただきました。

やはり、長谷部誠の影響力は凄まじいものがありますね。長年、日本代表のキャプテンを務めていたことも大きいでしょうけど、責任感や人間力が素晴らしいから任命されたのでしょう。

多くの日本代表の選手たちが長谷部誠の日本代表引退を悲しみましたし、それだけ影響力が大きな人であったのだなと思いました。

もう、長谷部誠は日本代表に帰ってきませんが、長谷部誠の魂のようなものは新キャプテンの吉田麻也が継いでくれると思うので、吉田麻也を中心に強くなって欲しいですね!

こちらの記事も読まれています↓

長谷部誠の日本代表引退理由は、年齢的なものと両膝の怪我が原因?

守田英正は、日本代表のボランチ争いに割って入れるのか?

伊東純也は、現在の日本代表の序列を覆す可能性はあるのか?

遠藤航は、日本代表ではどこで起用されるのか?

大島僚太が日本代表に求められているものとは何か?