齋藤学が、マリノスと契約をしなかったのは、フロントに問題アリ?

今日から、Jリーグが再開されますが、広島がこのまま独走で優勝するのでしょうかね?昨年度のチャンピオンの川崎が追い上げてくるのか?

後は、残留争いも注目ですね。特に、オリジナル10の鹿島とマリノスは、頑張ってほしいですね。

鹿島、マリノスは、降格圏に近いので、毎週の試合が正念場になってきますからね。これ以上、オリジナル10が、J2に落ちないことを祈ります。


昨年度のチャンピオンの川崎ですが、齋藤学、大久保義人といった国内でもトップレベルのアタッカーの他にもタレントぞろいなので、追い上げてくる可能性は高いと思われます。

やはり、川崎のキーマンになりそうなのが、齋藤学のような気がしてならないですね。川崎には少ない、ドリブラーなので、川崎のパスワーク+個人で打開できる力は脅威ですね。

今年、まさかのライバルチームの川崎に移籍するなど、びっくりさせられましたね。マリノスファンは、がっかりしたことでしょうね。

マリノスのフロントのミスも大きかったと思いますが、齋藤学と単年で契約していたんですからね。齋藤学の海外移籍のことも考えてだと思いますが、単年契約はなかったのかなと思います。

結局、移籍金ゼロで川崎と契約できたわけですからね。そもそも、齋藤学は、マリノスと再契約する気持ちはあったのかなと思いますね。

マリノスのフロントへの不信感もあったと思われますし。齋藤学自身もマリノスが好きとも言ってましたしね。マリノス側も、契約すると思って契約更新の場に立ったのかもしれませんね。

では、齋藤学が、なぜ、マリノスと契約を結ばずに川崎に移籍したのかを調べてみました。

なぜ、齋藤学は、マリノスと契約をしなかったのか?

齋藤学自身は、マリノスを出る気はなかったとも言ってますし、再契約することで話は進むはずだったと思います。マリノスも契約すると思っていたでしょう。

しかし、齋藤学が出した答えは、

「最終的に周りがどうこうというよりは、自分にとって一番厳しい道を選ぼうと思いました。これだけ強く、ポジション争いが激しいチームで自分がチャンスをつかむ、挑戦するという意味でここだと」

ということで、川崎に移籍を決断したようです。

ただ、私的にはこれが本当の理由であるとは思いますが、マリノスのビジョンが明確でなかったことが契約できなかった、大きな原因だったと思います。

実際に、2016年のシーズン後の契約交渉で、契約をし、背番号10とキャプテンを担うことになりました。

翌シーズンは、試合だけではなく、私設の問題のことも抱えながら、プレーもしていてサッカーだけに集中できていなかったのかなとも思います。

難しい状況の中、齋藤学はチームを鼓舞し、時には嫌われ役もやっていたことでしょうね。自分もキャプテンやったことがありますが、橋渡しやメンバーに気を使わないとなので精神的に疲れますよね。

さらには、右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の大怪我を負い、チームに貢献できなかった苦しい思いもしました。

そして、2017年シーズン終了後、齋藤学はマリノスと契約交渉をした時に、マリノス側が新監督が決まっていない状況でした。

齋藤学は、

「新監督が決まっていないので判断するのは難しい」

とコメントしていましたが、これは選手としてはマリノス側は何を考えているのだろうか?と不信感を抱いてしまいますよね?マリノスと契約していいのかなと思いますよね。

もちろん、齋藤学だけがこのように思っていたわけではないと思いますし、他の選手も同じように考えていたのではないでしょうか?マリノスとの契約更新を考えていた選手もいたはず。

マリノス側は、ビジョンがしっかりとしていない中、契約交渉をしたことが、齋藤学を逃してしまうといった事態を起こしてしまったのではないでしょうか?

下手をすれば、齋藤学だけでなく、主力選手たちも契約更新をせずに他のチームに移籍する可能性もあったわけですから。

齋藤学が言ったこの一言がすべてだったと思いますね。

「来季のイメージを持ちづらい交渉だった」

今後、このようなことが続くとマリノスは主力選手との契約更新は難しくなるのではないでしょうか?

マリノスのフロントは、もう少しビジョンを見据えてからの契約交渉をするべきでしたね。

齋藤学がいなくなったマリノスの今シーズンはどうか?

2シーズン連続で背番号10の選手と契約更新が出来なかったマリノスは、今シーズンはどんな感じなんでしょうか?

新加入の選手を見ても即戦力は、大津祐樹ぐらいしか見当たりませんね。しかも、マルティノスも浦和へ移籍してしまうし、どうなることやらと思ってました。

監督は、オーストラリア代表を率いていたアンジェ ポステコグルー監督を迎えて、『アタッキングフットボール』というスタイルに変更してきた。

今までの堅守速攻を辞めて、新しいサッカーに取り組み始めた。「ハイライン&ハイプレッシャー」をベースにするので、今までとは違うスタイルなので、選手たちも困惑したと思います。

ただ、このサッカースタイルだと得点を量産しないといけないですし、運動量も求められます。得点は、まずまずですが、失点が多いのが気になりますね。

それに、齋藤学のように個の力で打開できる選手もいないので、そういったことのできる選手を見つけてこないといけないと思いますし、中澤佑二が今シーズンで引退と言ってますので、そちらの代わりも探さないとですね。

やっているサッカーは、非常に魅力的ですが、このままだとマリノスが降格圏に落ちる可能性も秘めています。J2に落ちたとなれば、もうマリノスと契約せずに、移籍する選手も多いでしょう。

そうなると、来シーズンの契約の際には、契約延長をしてくれる選手がどのくらいいるのか?心配になってきますね。

まずは、今年は残留が大きな目標になりそうですね。

後は、齋藤学のように根っからのマリノスの選手が台頭してこないと厳しそうですね。契約交渉するうえでは、マリノス愛を持っていてくれる選手であれば、契約しやすいですしね。

外部からの選手だと、すぐに引き抜かれてしまいそうですし、そうならないためにもフロントがしっかりしないとですね。

今日から、Jリーグが再開しますが、マリノスのフロントももう来シーズンのことを考えて動かないと大変なことになりそうですね。

まとめ。

今回は、齋藤学がマリノスと契約せずに川崎に移籍してしまった理由をメインに書かせていただきました。

齋藤学がマリノスに対して不信感を持っていたことは間違いなくあると思いますし、他の選手も同じ気持ちだったと思います。

契約更新をしてくれた選手には、感謝するしかないと思いますし、これを機にマリノスのフロントも改革していくべきではないでしょうか?

毎年のように、契約更新の際にゴタゴタがないようにしてもらいたいですね。契約更新のたびにヒヤヒヤするのは嫌ですから。

齋藤学のように、マリノス一筋できた選手がいなくならないように、しっかりとしたビジョンをもって、契約の場についてもらいたいです。

この記事も良かったらどうぞ→齋藤学のマリノス時代の年俸は低かった?川崎の年俸は、どうなのか?