齋藤学の髪型は、ユース時代から現在まで、どんな変化があったのか?

サッカー選手の髪型って、注目されることが多いですよね。Jリーグは、そこまでではないと思いますが、ワールドカップや世界のリーグなんかは髪型が凄いの一言。

サッカーも見せるが、髪型でも見せるあたりが世界の選手なのかもしれませんね。

スポンサードリンク



最近は刈り上げの選手が多い中、刈りあげてない選手が珍しいといった現象になってます。

まあ、髪型は個人の自由なのでいいのかなと思いますが、あまりド派手なのはどうかなと思いますが、プロとしてそこらへんは自粛するでしょうね。

サッカー選手と言っても、髪型を極端に変える選手も多くはないですし、選手それぞれの好みとかもあると思うのでいいのかなと思いますね。

そこで、今日は川崎フロンターレに電撃移籍をした齋藤学の髪型を見ていこうと思います。

同じ川崎フロンターレの大島僚太の髪型については、こちら!

横浜ユースの時からの齋藤学の髪型から見ていきましょうか?どんな感じで変化してきたのでしょうか?

横浜ユース時代の齋藤学の髪型は、どんな髪型だったのか?

今とほとんど変わらないんじゃないのかとと予想し、齋藤学の髪型の写真を探してみました。

横浜ユースの時代の齋藤学ですね。

やはり、ユースの選手ですし、やや短めの髪型をしていますね。どの選手も高校、ユースではやはり、年相応の髪型をしていますね。

爽やかなスポーツマンという感じで、似合ってますね!ユース時代の写真を探していたら、こんなものまで出てきました(笑)

これは、どう見ても小学生時代の写真ですよね?顔を見れば、左から2番目が齋藤学ですよね?かなり短い髪型でしたんですね。

かわいらしい感じで、純粋なサッカー少年だったんでしょうね!

それでは、プロ入り後は、齋藤学はどんな髪型だったんでしょうか?ユースの時から変化があったんでしょうか?

それでは、プロ入り後の髪型を見てみましょう。プロ入り後は、最初はあまり変化がないと思われますが、3年目あたりから変化する選手は多いですからね。

齋藤学は、どうだったんでしょうか?

齋藤学のプロ入り後の髪型には、変化があったのか?

こちらが、プロ入り後の齋藤学のようです。基本的な髪型は変えてないですが、カラーが入ってますね。

やはり、高校卒業後なので、染めてみたのですかね?染めるぐらいなら、可愛いものですし、ルーキーからド派手な感じだったら何言われるかわかりませんからね。

プレーは、ハードですが、髪型はナチュラルな感じな齋藤学は良いのかなと思います。

2年目以降は、どんな感じだったのでしょうかね?横浜での出場機会がなく、愛媛に期限付き移籍をしていた時の齋藤学の髪型を見てみましょう。

少し小さめの社員で申し訳ないのですが、形は同じですが、黒に戻してきましたね。心機一転という意味で黒くしたのでしょうか?

この頃は、愛媛のメッシとか呼ばれていましたもんね。この頃から、齋藤学のドリブルが注目され始めたのではないでしょうか?

まだ、20歳ぐらいの時ですからね、若々しさが感じられます。

続いて、愛媛の期限付き移籍が終わり横浜に戻っていた時の髪型について見ていきましょうか!

スポンサードリンク



戻ってきて、すぐの写真が見つからなくて、すみません。

横浜復帰後は、こんな感じでしたね。

2014年あたりのものですが、ベースは変わらず、色だけ入れたような感じですね。この頃、齋藤学は結婚した年のはず。

横浜に戻ってきてからは、主力選手として活躍してましたし、ワールドカップブラジル大会のメンバーにも選ばれていましたからね。

仕事もプライベートも充実した当たりではなかったのではないでしょうか?

このあたりからですかね。齋藤学の髪型に変化が出始めてきたのは。大きな変化ではないですが、髪の長さが変わりましたね。

以前と比べると、長さが全然違いますよね?中堅選手としての自覚とかが関係してくるのでしょうか?

以前のように、短髪で立たせるような感じではなくなりましたので、落ち着いてきた証拠なのかなと思います。

こちらの方が、見慣れた齋藤学なので、以前の方の写真を見る方が違和感を感じますね。

そして、キャプテンに就任し、背番号も10番を与えられ、少しは、イメチェンをしてくるのかと思いきやしてこなかったですね。

若干色が明るくなったのかなといった印象ですね。年齢も年齢なので、色を変えるくらいにしているのと、齋藤学自身、髪型を大幅に変えることが嫌なのかもしれませんね。

まあ、齋藤学が刈りあげてくるところなんかは想像もできないですし、恐らく髪型は大きく変えてこないと思いますね。

髪型よりもプレーで魅せる齋藤学であってほしいです。

そんな、横浜のエースも昨年は、悲惨な目に合ってしまいましたね。

右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の大怪我を負ってしまい、残りのシーズンは出場不可能。ワールドカップも絶望の状況でした。

選手生命にもかかわる大怪我であったので、クラブ、、サポーターも心配されたことでしょうね。辛いリハビリをしている間に考えたことなんでしょうが、今年の1月にライバルチーム川崎に移籍をしてしまいました。

フロントへの不信感とかもあったのでしょうが、プロとして成長できる場所を選んだという風にコメントしていましたが、まあ、横浜にいればスタメンは間違いないでしょうし、川崎だとどうなるかわからないですからね。

この決断は仕方ないと思います。では、川崎に移籍した後の齋藤学の髪型には変化があったのでしょうか?

環境も変えたということもあり、髪型も?と思ってしまいますが・・・。

変わってなかったですね!国内の移籍だと変える人は少ないのかな?海外に行くと変える人多いですけど。

髪型で、サッカーやるわけではないので、齋藤学スタイルを貫けばいいと思います。

まとめ。

齋藤学の髪型について書かせていただきましたが、昔は若さもあり、短髪がメインでしたが、年齢を重ねていくうちに長めのスタイルが定着してきましたね。

多くの選手が、刈り上げとかしていますが、齋藤学は変わらずにといった形で、自分の形を持っているところは好印象だと思います。

昨年、大怪我を負って無事に今シーズン復帰しましたが、油断はできないと思われます。ドリブルの得意な選手だからこそ膝に来るかもしれませんし、気を付けてプレーしてほしいですね。

後は、すぐに代表復帰は難しいと思いますが、来年開催されるアジアカップのメンバーには選ばれてほしいですね。

スポンサードリンク