【2019年】久保建英の年俸は?同じ世代で活躍している選手は?

ようやく、久保建英が、サッカー日本代表に選出されましたね。

2019シーズンが開幕してから逞しさを増した久保建英は、自らも得点を決め、FC東京の主力として活躍しています。

昨シーズンまでの久保建英と違いすぎて驚くことばかりですが、フィジカル面が追いついてきたことで技術が活きているのでしょうね。

サッカー日本代表に選出された時は、当然と思いましたね。2019年の活躍ぶりなら当たり前でしょう!

今では、久保建英なしで、FC東京の強さを語れないぐらいに成長したわけですが、久保建英の年俸って、いくらぐらいなのでしょうか?

2019年の久保建英の年俸とプロ入り後の年俸について書いていきたいと思います。


2019年の久保建英の年俸は?プロ入り後は年俸、いくらぐらいだったのか?

久保建英が、プロ契約したのは、2017年11月1日。まだ、16歳の時であった。

16歳5か月22日でのプロ契約は、Jリーグ史上3番目の記録。

この時の久保建英の年俸は、480万円からと書いてある方が多いですが、久保建英のプロ契約の年俸は、そのくらいだと思われます。

なぜなら、Jリーグの規則には、A、B、C契約とあり、ある条件を達成していないと年俸の上限が決まってしまいます。

まず、新卒の選手が契約するのが、C契約。年俸の上限は、480万円までとなっています。次の条件をクリアしないといけないのです。

J1…450分(5試合フル出場相当)
J2…900分(10試合フル出場相当)
J3・JFL…1350分(15試合フル出場相当)

J1、2で、上記の条件は厳しいかもしれませんが、J3、JFLであれば行けるかもしれませんね。

この条件をクリアすると、A契約を結べるのですが、達成しないとC契約のままのようです。

しかし、4年目以降は、C契約を結べないので、B契約になるみたいですね。B契約も年俸480万円。

久保建英は、2019年までに達成しているので、A契約となっており、年俸は700万円となっています。

※新人の選手は、A契約を結んだ初年度は上限があるようで、その上限が年俸700万円ということ。

2年目以降は、年俸の上限が無くなるようなので、活躍すれば年俸は大幅アップということになります。

久保建英は、2019シーズンは凄い活躍をしているので、もし、Jリーグに残る場合は大幅な年俸アップが見込めるでしょう。

成績だけでなく、集客もできる存在なので、FC東京側もある程度の年俸は出してくれるはず・・・。

しかし、久保建英は、2019年の6月に18歳となり、バルセロナへ復帰するという話が出ていましたが、消滅しそうですね。

バルセロナの代わりに移籍先に浮上したのが、PSG(パリ・サンジェルマン)。久保建英は、パリに移籍するのでしょうか?

PSGに移籍した場合の久保建英の年俸は、どのくらいになるのでしょうか?

そちらについて書いていきたいと思います。

久保建英がPSGに移籍した際の年俸は?

久保建英がバルセロナへ戻ると前から言われていましたが、交渉が上手く行かず・・・。

そこで、久保建英の移籍先の候補に出てい来たのが、PSG。世界的にも有名選手を集め、金満クラブ。

レアルやマン・Cも久保建英を狙っていると言われていますが、PSGが具体的な交渉に入るようです。

ネイマール、ムバッペ、カバーニの3人の攻撃力は凄く、リーグアンではとびぬけた存在。

久保建英が移籍した際には年俸1億円越えという報道が出ていますが、FC東京の年俸の約15倍ぐらい・・・。

以前から久保建英をマークしていたようなので、特徴などを知っての話だとは思います。

世界的に見れば、久保建英の年齢で年俸1億円越えの選手は、凄く多いとは言えないと思われます。

PSGが、久保建英に年俸1億円を出すということは、それだけ評価されていることだと思うので良いのですが、年俸につられて移籍して欲しくないですね。

久保建英のポジションがあるのか?不明ですし、レンタル移籍になったり、ベンチスタートが多くなったりするのではないかと心配です。

久保建英は年俸の額で動く人ではないので、2019年に移籍をするのか?Jリーグの2019シーズンを終えてから移籍をするのか?注目ですね。

※久保建英は、FC東京を退団しており、移籍は現実的に。

先日、レアル入りが決まり、5年契約で年俸約2億円という破格の契約だったようです。

では、久保建英ぐらいの年齢で、年俸1億円を超えている選手について見ていきたいと思います。

久保建英ぐらいの年齢で、年俸1億円を超えている選手は?

久保建英と同じくらいの年齢で年俸1億円を超えている選手というと、ムバッペ、マーカス・ラッシュフォード、レロイ・サネなど多くの選手がいます。

2019年度の3人の年俸を見てみたいと思います。

まずは、ムバッペです。フランス代表の若きエースの年俸は、1750万ユーロ(約22億7300万円)だそうです。

桁違いの年俸ですね。2018-2019シーズンからPSGに完全移籍を果たして、この年俸・・・。

流石、金満クラブとしか言いようがないですね。それだけ、ムバッペに価値があるということになります。

続いては、マーカス・ラッシュフォード。ルカクがいるので、中々台頭できませんでしたが、2018-2019シーズンは充実したシーズンになりました。

気になる年俸は、週給は、2万ポンド(約277万円)。プレミアリーグは、週給で提示されるので年俸換算しないといけません。

年俸にすると、約1億3000万円になります。マーカス・ラッシュフォードが契約を更新する場合は、もっと上がるのではないでしょうか?

最後に、レロイ・サネ。

今や強豪マン・Cのレギュラー格として活躍、2019年の移籍市場を賑わす存在でもあります。

そんな、レロイ・サネの年俸ですが、600万ユーロ(約8億円)と出ていました・・・。

もう、海外の選手は桁違いに凄いですね。久保建英も評価が上がれば、このくらいの年俸をもらえる選手になるのでしょう。

久保建英も強豪クラブからのオファーが多いようですが、レンタルに出されるより移籍先のクラブで試合に出られるクラブに移籍して欲しいですね。

強豪クラブに移籍をして潰されては困りますので、久保建英には、しっかりと鍛えてくれるクラブに移籍をしてほしいです。

まとめ。

今回は、2019年の久保建英の年俸と同じくらいの年齢の選手の年俸について書いてみました。

久保建英が、Jリーグに在籍しているので高額な年俸ではないのはわかっていましたが、新人選手の中ではもらっている方ですね。

これから、海外移籍をするのか?久保建英自身が決めないといけませんが、バルセロナへの復帰が厳しい中で、どのような選択をするのか?

注目したいですね!18歳になったので、移籍はできますし、どこのクラブに移籍するかで人生が決まるので慎重に選んで欲しいですね。

久保建英と同じぐらいの年齢で、海外のトップレベルでプレーしている選手の年俸は桁違いです。

近い将来、久保建英も同じぐらいの評価をされる選手になって欲しいと思います。

久保建英がレアル加入が発表されました。5年契約で年俸約2億円という契約とのこと。

Bチームからの始動ということで、すんなりと入り込めるのではないでしょうか?一日も早くトップチームに合流できることを期待しています。

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表に久保建英が呼ばれるのはいつ?ポジションは?

キリアン・ムバッペの年俸の推移は、やはり半端なかった?

マーカス・ラッシュフォードの年俸は、年齢が近い選手より高い?

香川真司の年俸は、ドルトムントで多い方?少ない方?

室屋成の年俸の推移は?FC東京では、何番目にもらっているの?