UEFAチャンピオンズリーグでプレミアリーグが優勝できない理由は?

今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグはプレミア勢が好調ですね。流石、世界最高峰の戦いを繰り広げているだけありますね。

一方、ブンデスリーガがラウンド16までで全滅してしまいましたね。それだけ、プレミア勢が強いということなのでしょうね。

準々決勝の組み合わせを見ると、トッテナムvsマンCというカードとなってしまいましたが仕方のないことですね。

他は、リバプールvsポルト、バルセロナvsマンU、アヤックスvsユベントスといったカードになりました。

上手い具合で、プレミア勢がばらけたかなという印象ですかね。準々決勝の結果がどうなるのかが楽しみです。

では、18-19UEFAチャンピオンズリーグで全4チームが残ったプレミアリーグの特徴について書いていきたいと思います。


18-19UEFAチャンピオンズリーグで勝ち残っているプレミアリーグの特徴は?

ここ数年は、世界最高峰の戦いを繰り広げているプレミア。

上位争い、中位争い、降格争いと3つのグループに分かれていますが、上位争いは他の国より厳しいといえますね。

他の国だと、1、2チームがずば抜けていますが、プレミアの場合は、6チームが優勝争いに絡んできます。

2019年3月20日時点では、優勝争いが、マンCとリバプール。

UEFAチャンピオンズリーグ出場権争いに、トッテナム、アーセナル、マンU、チェルシーと厳しい戦いを繰り広げています。

マンCとリバプールは来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権を確保したような状況ですが、他の4チームは確定できていません。

残りの2枠を先ほどの4チームで争っているので、最後まで目が離せません。3位トッテナムから6位チェルシーまで勝ち点差4なので、どうなるのかがわかりません。

また、中堅クラブも力があるので下克上もあり、ビッククラブと中堅クラブの試合も楽しめることもあります。

これを可能にしたのが、放映権料ですね。高額な放映権料をもらえるので、補強に充てることができるので中堅クラブも結構良い補強ができたりします。

こうやって、全体的にレベルを落とさないようにしていることで、18-19UEFAチャンピオンズリーグのベスト8に4チームも残れてのではないでしょうか?

ただ、人の好みになってしまいますが、スペインのようなテクニカルなサッカーが好きな人にはつまらないかもしれません。

昔みたいに、フィジカル重視ではなくなったとはいえ、基本的にはフィジカル重視なので。

スペインのようなテクニカルなサッカーが好きな方は、プレミアであったら、アーセナルのサッカーを好むのではないでしょうか?

プレミアの特徴としては、こんな感じですが、ここ数年はUEFAチャンピオンズリーグで優勝できていないんですよね。

レベルは高いのに、何故、プレミア勢は優勝できないのでしょうか?

その理由について書いていきたいと思います。

UEFAチャンピオンズリーグで、プレミア勢が優勝できない理由とは?

何故、ここまで強いプレミア勢は優勝できないのでしょうか?

17-18では、リバプールが決勝まで進みましたが、レアルに1-3で負けてしまいました。

プレミア勢が優勝したのは、2011-2012シーズンのチェルシーまで遡ります。

翌シーズンに、バイエルンが優勝した後は、バルセロナとレアルが優勝しています。

何故、こんなにもプレミア勢が優勝できないのかというと、過密日程が挙げられます。

プレミアの日程を見ると、本当にハード。冬場の長期休暇はないですし、年末年始にも試合してますからね。

それに加えて、カップ戦もありますので、選手のコンディションが落ちていってしまいます。

早期敗退してしまえば良いかもしれませんが、そういうわけにはいかないですよね?

UEFAチャンピオンズリーグだけでなくリーグ戦の優勝のことも考えなければなりません。

優勝できなくても、出場権のこともです。4位以内に入れば、グループステージから出られます。

そうすると、賞金の分配もあるので、ここのことも考えてやりくりが必要になってきますよね?

さきほど、書いた6チームは、すべてのことを考えながらやらないといけないので頭が痛くなります・・・。

6チーム中2チームは出られないので、下手にターンオーバーをすることができないのも大きな痛手になります。

他の国であれば、優勝決まったかなと思えば、メンバーを変えて、UEFAチャンピオンズリーグに専念できますが、プレミアの場合はできないのできついです。

このような理由からプレミア勢がUEFAチャンピオンズリーグで優勝できないのかなと思われます。

実際に、プレミアの監督たちは過密日程に文句を言っていますからね。改善されれば、プレミアからUEFAチャンピオンズリーグ優勝チームが出てくるのではないでしょうか?

では、18-19UEFAチャンピオンズリーグで優勝できるプレミアのチームはありそうなのかについて書いていきたいと思います。

18-19UEFAチャンピオンズリーグでプレミア勢が優勝できるのか?

18-19UEFAチャンピオンズリーグでプレミア勢で優勝するチームが出てくるのでしょうか?

可能性は高いと思われます。組み合わせを見てみると、

上のような組み合わせになりました。可能性としては、マンCかリバプールが優勝する可能性が高いのかなと思われますが、意外にトッテナムが来るかもしれませんね。

トッテナムもUEFAチャンピオンズリーグ出場権が危うい状況ですし、夏に補強ができなかったこともあるので選手のコンディション次第かな。

マンUは復活しつつあるので、もしかしたら、もしかするとかもしれません。

プレミア勢で優勝に近いのは、マンCだと思います。選手層の厚さ、それに加えてエースのアグエロが好調なのが大きいですね。

プレミアの優勝争いやFA杯もありますが、プレミアの中では戦力が1枚も2枚も上手ですからね。

2011-2012以来のプレミア勢で優勝をするのはマンCが一番近いのかなと思います。

まあ、4月から始まる準々決勝の結果を見ないと分かりませんが、プレミア勢には頑張ってもらいたいですね。

まとめ。

今回は、プレミアリーグの特徴とUEFAチャンピオンズリーグでプレミア勢が優勝できない理由について書いてみました。

世界最高峰のプレミアは、日々レベルが高い争いをしていることが、UEFAチャンピオンズリーグで勝ち進めている大きな理由でしょうね。

逆に、高いレベルでの争いですので、中々、優勝できていないことも事実です。

それが、長年、UEFAチャンピオンズリーグで優勝できない理由にもなっていますが・・・。

厳しい過密日程を乗り越えて、久しぶりにプレミア勢が優勝するのか?注目ですね!




【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

こちらの記事も読まれています↓

UEFAチャンピオンズリーグでリバプールは優勝のできる?可能性は?

UEFAチャンピオンズリーグでマンCは優勝できるのか?不安要素は?

UEFAチャンピオンズリーグでのイングランド勢の強さの理由は?

UEFAチャンピオンズリーグの歴史に残る名勝負!3戦はコレだ!

UEFAチャンピオンズリーグのボールの特徴は?問題点はないのか?