アルカディウシュ・ミリクの怪我は?怪我後は、どんな感じだった?

2度にわたる大怪我から復活したアルカディウシュ・ミリク

2017年9月23日SPAL戦でルーズボールを追いかけているアルカディウシュ・ミリクに襲い掛かりました。

いきなりピッチに倒れ、右ひざを抱えるアルカディウシュ・ミリク。

その時には、チームメートがショックを受けているシーンがクローズアップされていたようです。

では、アルカディウシュ・ミリクは、どんな怪我をしたのでしょうか?

今回は、アルカディウシュ・ミリクの怪我について書いていきたいと思います。


アルカディウシュ・ミリクの怪我は何だったのか?

アルカディウシュ・ミリクの怪我は、「右膝前十字靱帯断裂」という大怪我であった。

しかも、アルカディウシュ・ミリクは前年度に左ひざも同じ怪我をして復帰したばかりであったので、本人だけでなく、チーム関係者はショックだったことでしょう。

再び、長い間戦線離脱をすることになってしまいました。

ちなみに、膝前十字靱帯断裂という怪我は、

前十字靱帯(ACL)断裂は、スポーツ障害のなかで最も重症度が高い膝の傷害で、選手生命を左右することがあります。

コンタクトスポーツでの発生が多く、治療に長時間を要します。中途半端な治療は、かえって治療が長期化して予後は必ずしも良好とならないので注意してください。

と概要に書いてありました。

この怪我は、コンタクト(接触)をするスポーツで起こりやすく、コンタクトのないスポーツでも発症する厄介な怪我で有名です。

症状としては、怪我の部位の痛み、膝を動かす時に障害を感じる、内出血、膝がガクっと来るような症状がみられるようです。

全部サッカーができなくなってしまう症状ですし、日常生活も困難になってしまうほどの大怪我です。

しかも、半月板損傷の合併もあるので慎重にならなければいけない怪我。

アルカディウシュ・ミリクも半月板に影響が出ていたようで、最悪なケースになっていました。

この時は、右膝でしたが、前回は左膝。前回の時に手術を受けていたアルカディウシュ・ミリクは今度は逆の膝をやってしまったということになります。

この怪我は、一度手術を行ったことがある人は、筋肉のバランスの関係などで逆の膝を負傷してしまう場合が多いという。

最悪にも、アルカディウシュ・ミリクは、その通りになってしまったというわけです。

2度の大怪我から復帰したアルカディウシュ・ミリクですが、並大抵の努力ではなかったでしょう。

何よりもメンタル面が、しっかりしていたから復帰できたと言っても過言ではないと思います。

次は、大怪我を2度おった時のアルカディウシュ・ミリクについて書いていきたいと思います。

大怪我をした後のアルカディウシュ・ミリクは、どんな感じだったのか?

2度の大怪我をおったアルカディウシュ・ミリクですが、その時の状況は、どんな感じだったのでしょうか?

恐らくひどく落ち込んでいたと思われます。その時に病院、チーム関係者が、怪物ロナウド(元ブラジル代表)の話をしていたそうです。

ロナウドも同じ怪我をして、復活しましたし、W杯で得点王に輝きましたからね!良いお手本だと思ったのでしょう。

ただ、ロナウドのクラブでの活躍は話していないと思われます。全盛期のロナウドと怪我以降のロナウドは違いましたからね。

病院、チーム関係者からロナウドの話を聞いたアルカディウシュ・ミリクは勇気をもらい、リハビリに向けて前向きな気持ちになれたようです。

メンタル的に楽になったこともあり、アルカディウシュ・ミリクは厳しいリハビリをこなし復活。

復活したばかりのアルカディウシュ・ミリクに無理をさせないように、チームも協力してくれたようです。

負荷がかかっているのかなと思ったら休ませたようです。そういったケアをしてくれるチームに加入出来て幸せですね。

それに加えて、アルカディウシュ・ミリク自身も膝周りの筋肉を強化するためにトレーニングに励んでいたようです。

アルカディウシュ・ミリク本人とチームの支えによって復活できたおかげで、2018-2019シーズンはセリエA35試合に出場し、17得点を挙げる大活躍。

2019-2020シーズンも現時点(2019年11月16日時点)では、5得点を入れています。ちょうど、シーズンの3分の1ぐらいなので、昨シーズンぐらいのペースですね。

できれば、アルカディウシュ・ミリクには昨シーズンを超える得点数を記録して欲しいところ。

かといって、無理をして怪我を再発するようなことはしてほしくない。私のわがままですね・・・。

願わくば、両方達成して欲しいですが、怪我を再発させずにシーズン終了まで戦ってほしいですね。

2020年には、EUROもありますし、年齢的にも、まだまだこれからの選手なので。

アルカディウシュ・ミリクがシーズン終了まで無事にプレーできるのかを見守りたいと思います。

まとめ。

今回は、アルカディウシュ・ミリクの2度の大怪我について書いてみました。

あれだけの大怪我をして復活して来られたことは素晴らしいことです。メンタル的に強い人なのでしょう。

病院、チーム関係者のケアの仕方も良かったようで、アルカディウシュ・ミリクが今も元気でサッカーをやれているのだと思われます。

セリエA、UEFAチャンピオンズリーグ、EUROとありますが、アルカディウシュ・ミリクには怪我の再発だけに気を付けて欲しいですね。

もっと、セリエAが面白くなるように、ユベントスを叩いてください!

こちらの記事も読まれています↓

アルカディウシュ・ミリクの身長、体重は?プレースタイルに関係している?

アルカディウシュ・ミリクのW杯前の評価は?オフの時のアクシデントとは?

カバーニのワールドカップでの怪我は、どういうものだったのか?

パコ・アルカセルの怪我の原因は、プレースタイルに関係している?

マルコ・ヴェッラッティの怪我は、いつ頃に多いのか?やはり、大舞台?

リバプールGKアリソンの怪我は何なのか?ふくらはぎの肉離れ?