【歴代】オリヴィエ・ジルーのクラブ、フランス代表での背番号は?

世界トップレベルのポストプレーヤーとして有名なオリヴィエ・ジルー選手。

オリヴィエ・ジルー選手がいることで、味方は安心して、ボールを預けることができ、思い切りよく攻めあがれます。

ポストプレーの印象が強いせいで、点取り屋としてのイメージが薄いことですが、意外と決定力は高い。

年齢的に厳しかもしれませんが、W杯カタール大会で活躍する姿を見てみたいですね。

今回は、オリヴィエ・ジルー選手のクラブ、フランス代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考サイト


オリヴィエ・ジルーがミランに完全移籍!背番号は9番!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AC Milan(@acmilan)がシェアした投稿

オリヴィエ・ジルー選手がミランに完全移籍が決まりましたね!

気になる背番号は9番。

初のセリエA挑戦ですが、ベテラン選手なので適応は問題ないと思われます。

移籍金100万ユーロ(1億3000万円)に加え、パフォーマンスに応じて追加で100万ユーロ(1億3000万円)の支払いがあるかもしれません。

チェルシーでは限られた出番しかなかったので、ミランでは大暴れしてほしいものです。

年齢は34ですが、まだ第一線でやれる選手ですので、個人的にすごく期待しています。

ミランでの背番号は9番ですが、これまでのクラブ、フランス代表での歴代背番号は何番だったのでしょうか?

調べてみました。

オリヴィエ・ジルーのクラブ、フランス代表での歴代背番号は?

グルノーブルでプロデビューしたオリヴィエ・ジルー選手。

これまで数多くのクラブに所属してきましたが、各クラブでの背番号は何番だったのでしょうか?

各クラブとフランス代表での歴代背番号を見ていきましょう!

グルノーブル

グルノーブルでの背番号は22番。退団するまで、変わらなかったです。

2005年7月に、グルノーブルU-19からBチームに昇格し、デビューを果たしたオリヴィエ・ジルー選手。

このシーズンは多くの試合には出場できていませんでしたが、数試合経験できたことは大きかったでしょう。

2006年3月にトップチームに昇格し、より多くの試合を経験しました。

若手であったので、より多くの試合経験ができたことは大きかったことでしょう!

グルノーブルでの成績

  • 2005-2006:公式戦6試合0得点0アシスト
  • 2006-2007:公式戦19試合2得点0アシスト

イストル

引用:Archives, statistiques et records du championnat de France de football: ISTRES FOOTBALL CLUB (foutcheboal.blogspot.com)

イストル時代は背番号12を背負い、プレーをしました!

2007年7月にレンタル移籍で加入をしました。

イストル時代のオリヴィエ・ジルー選手の情報がなく、わかるのは成績のみとなりました。

イストル時代の成績

  • 2007-2008:公式戦1試合0得点0アシスト

トゥール

トゥール時代も背番号12番。

2008年9月にトゥールに移籍したオリヴィエ・ジルー選手は多くの出場機会を得て、公式戦2桁得点を記録しました。

2年目は、リーグ戦21得点をあげ、リーグ・ドゥの得点王になる活躍を見せてくれました!

  • 2008-2009:公式戦26試合13得点2アシスト
  • 2009-2010:公式戦41試合23得点7アシスト

モンペリエ

モンペリエ時代の背番号は17番。

2010年7月にモンペリエに加入したオリヴィエ・ジルー選手は加入1年目から大活躍!

カップ戦ではチームを決勝に導き、リーグ戦では12得点をあげる活躍を見せてくれました。

チームはリーグ戦14位だったので、オリヴィエ・ジルー選手に救われた感じでしょうね。

2年目はリーグ戦で21得点をあげ、優勝に大きく貢献!

しかも、オリヴィエ・ジルー選手は得点王に輝きました。

  • 2010-2011:公式戦43試合14得点5アシスト
  • 2011-2012:公式戦42試合25得点12アシスト

アーセナル

アーセナルでの背番号は12番。

2012年6月にアーセナルに加入しました。

アーセナル時代のオリヴィエ・ジルー選手は輝いていましたね!

最終シーズン以外は2桁得点をあげ続け、多くのタイトル獲得に貢献しました。

※アーセナルでのタイトル

FAカップ:: (2013-14, 2014-15, 2016-17)
FAコミュニティ・シールド: (2014, 2015, 2017)

リーグ戦のタイトルは取れませんでしたが、これだけのタイトル獲得は凄いですよね?

2017-2018シーズンにアレクサンドル・ラカゼット選手が加入してから出番が激減・・・。

アーセン・ベンゲル監督からも移籍を容認されていたようですね。

そして、2018年1月にライバルクラブ、チェルシーに移籍を決断!

アーセナル時代の成績

  • 2012-2013:公式戦47試合17得点12アシスト
  • 2013-2014:公式戦51試合22得点12アシスト
  • 2014-2015:公式戦36試合19得点4アシスト
  • 2015-2016:公式戦53試合24得点6アシスト
  • 2016-2017:公式戦40試合16得点7アシスト
  • 2017-2018:公式戦26試合7得点0アシスト

アーセナル時代のオリヴィエ・ジルー選手のプレー集です!凄すぎますね。

アーセナルもオリヴィエ・ジルー選手を手放さなかったら・・・。

悔やんでも悔やみきれませんね。

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

😍⚽️💪

Olivier Giroud(@giroud918)がシェアした投稿 –

チェルシーでの背番号は18番。

2018年1月にチェルシーに加入しました。

カップ戦で多くの出番が回り、そこで素晴らしい活躍を見せてくれています。

特に、2018-2019シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは大会得点王に輝き、チームの優勝に大きく貢献していましたね。

決勝のアーセナル戦のハイライトです↓

これだけの活躍を見せたオリヴィエ・ジルー選手は、翌シーズンには出番が激減・・・。

タミー・エイブラハム選手の起用するようになり、移籍の噂がチラホラでてきました。

しかし、チェルシー側が拒否し、残留。

この残留がオリヴィエ・ジルー選手、チェルシーとしては良かった!

2020年2月22日に行われたトッテナム戦で得点を決めて以降、7得点を記録しました。

チームのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献してくれましたね。

チェルシーもオリヴィエ・ジルー選手の存在の大きさに気づいたことでしょう。

そして、チェルシーは、2021年6月まで契約延長。

2021年6月に契約が切れますが、オリヴィエ・ジルー選手はどうなるのでしょうか?

EURO2020終了後に決まるのでしょうかね?オリヴィエ・ジルー選手の動向に注目しましょう。

フランス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

😍🇫🇷 @equipedefrance

Olivier Giroud(@giroud918)がシェアした投稿 –

フランス代表での背番号は、ずっと9番を背負っています。

2011年11月11日の親善試合アメリカ戦で代表デビューを果たし、現在まで代表で活躍をしています。

これまで、107試合に出場し、42得点を挙げています。

通算得点はプラティニ氏を超え、歴代2位の記録!

1位はアンリ氏の51得点なので、超えることはできるのか?注目されています。

EURO2020、W杯もあるので狙える位置にはいますね。国際親善試合もありますし。

アンリ氏を超えることはできるのか?今後のオリヴィエ・ジルー選手の活躍に期待しましょう!

まとめ

今回は、オリヴィエ・ジルー選手のクラブ、フランス代表での歴代背番号について書いてみました。

年齢の衰えを感じさせないオリヴィエ・ジルー選手。あいかわらず、長身を生かしたポストプレーで相手の脅威になっています。

年齢を重ねるたびに円熟味を増すオリヴィエ・ジルー選手は魅力的ですね!

Olivier Giroud

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルは?凄さは、ドコなのか?

2021.06.13