オリヴィエ・ジルーが背負ってきた背番号で一番多い背番号は?意外な番号?

オリヴィエ・ジルーの年齢を考えると、衰えてくると思われますが、年齢の衰えを感じないですね。

多少の衰えはあるかもしれませんが、まだ、第一線で活躍できるオリヴィエ・ジルー。

フランス代表でも活躍できるほどですので、まだまだやってくれることだと思います。

今シーズンは、アザールのいないチェルシーを引っ張っていくことに違いありませんが、どこまでやれるのか?注目です。

年齢を考えても、チェルシーの精神的支柱でしょうし、頼れるエースとしてより注目されると思われます。

今回は、オリヴィエ・ジルーの年齢と背番号について書いていきたいと思います。

まずは、オリヴィエ・ジルーのプロフィールを書いていきたいと思います。


オリヴィエ・ジルーのプロフィール。年齢は意外と高い?

国籍:フランス

生年月日:1986年9月30日

出身地:シャンベリ

身長:192cm

体重:88kg

在籍チーム:チェルシーFC

ポジション:FW (CF)

背番号:18

利き足:左足

2005年にグルノーブルでプロデビューし、トゥールに移籍し活躍。

オリヴィエ・ジルーは活躍が認められ、モンペリエに移籍。2年間在籍しましたが、移籍初年度からチーム得点王になるなど活躍しました。

2年目は、チームに馴染んだオリヴィエ・ジルーは、リーグで得点王になるなどチームの初優勝に大きく貢献!

この活躍で、オリヴィエ・ジルーはプレミアリーグの名門アーセナルに移籍。

アーセナルでは移籍初年度から二桁得点を記録し、アーセナルの中心選手として活躍しました。

メンバーも凄いですが、オリヴィエ・ジルーも凄かった!

ラカゼットが加入する前のシーズンまで二桁得点を記録し続け、アーセナルの攻撃の中心として輝いていましたね。

得点は騒ぐほど取っていませんが、オリヴィエ・ジルーの献身的なポストプレーでチームを助けていました。

しかし、2017-2018シーズンには出番が減り、ラカゼットにポジションを奪われてしまいます。さらには、ベンゲル監督にも移籍を認められるなど苦しい時期になりました。

そこで、オリヴィエ・ジルーは、2018年の冬にチェルシーへの移籍を決めました。

W杯前でしたので、オリヴィエ・ジルーも不安であったと思われますが、アーセナルでのことを考えれば仕方のないことであったのでしょう。

年齢的にも移籍は難しいのかなと思われましたが、オリヴィエ・ジルーのチームへの貢献度を考えれば年齢は関係ないといったことでしょう。

今でも年齢を感じさせないプレーを披露してくれていますので、チェルシーとしては大きな成功でしょうね!

チェルシーは割と年齢が高い選手が多いので、オリヴィエ・ジルーの年齢はチェルシーとしたら普通なのかもしれませんね。

サッカーに年齢は関係ないということを証明してくれていると思います。

では、様々なクラブに所属してきたオリヴィエ・ジルーですが、背番号は何番を背負っていたのでしょうか?

オリヴィエ・ジルーが背負ってきた背番号について書いていきたいと思います。

オリヴィエ・ジルーが背負ってきた背番号は何番が多いのか?

様々なクラブを渡り歩いてきたオリヴィエ・ジルーですが、背番号は何番が多かったのでしょうか?

プロデビューを果たしたグルノーブルでの背番号ですが出ていませんでした。

背番号が出ているのは、トゥールからでした。気になる背番号は12番。

意外でしたね。背番号12は珍しいですし、オリヴィエ・ジルーも年齢が若かったのでそうなったとしか思えませんね。

続いて、世界に名を知られるようになったモンペリエではというと、背番号17。

まあ、よく背負う可能性がある背番号です。オリヴィエ・ジルーが背番号17というのも不思議ですが、本人が望んで背負っていたわけではないので仕方がないです。

やっぱり、変な感じがしますね。アーセナルの時の印象が強いので変に感じてしまいます。

そして、アーセナルでの背番号は12番。

背番号に拘りがなさそうですが、12を好んで背負っているのでしょうかね?

アーセナルでの6シーズンは、ずっと12番でしたからね。好んで背負っていたのだと推測できます。

他の背番号が空いてないからいいや!みたいな感じであったのでしょうか?

オリヴィエ・ジルーの背番号への拘りがあるのか?調べてみましたが出ていません。拘りはないのでしょう。

そして、チェルシーに移籍をし、背番号18になりました。

意外と、オリヴィエ・ジルーが背番号18というのも似合いますね!

どうしても、フランス代表での背番号9のイメージが強すぎて、違和感もありますが・・・。

チェルシーの背番号18=オリヴィエ・ジルーという感じになってることだと思われます。

オリヴィエ・ジルーの背負ってきた背番号を見てみると、12が多かったわけですが、12番は似合わないですね(笑)

背番号で、サッカーをするわけではないので、あまり気にしない方が良いかもしれません・・・。

今シーズン、チェルシーの背番号18は輝くことができるのでしょうか?

今シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグにも出場するので大忙しだと思われます。

大舞台で得点を量産できるか?注目しましょう!

まとめ。

今回は、オリヴィエ・ジルーのプロフィールと年齢、背番号について書いてみました。

年齢の衰えを感じさせないオリヴィエ・ジルー。あいかわらず、長身を活かしたポストプレーで相手の脅威になっています。

昔から、味方を活かすプレーが持ち味であったのでしょう。

年齢を重ねるたびに円熟味を増すオリヴィエ・ジルーは魅力的ですね!

様々なクラブを渡り歩いてきたオリヴィエ・ジルーですが、背番号は12が多かったです。

好んで背負っていたのかはわかりませんでしたが、愛着はあることでしょう!

今は、チェルシーで背番号18を背負いプレーしています。

チェルシーの背番号18=オリヴィエ・ジルーという感じになっていると思われるので、チェルシーのシンボルとして輝いて欲しいですね。

こちらの記事も読まれています↓

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルの特徴は?弱点はあるのか?

グリーズマンの背番号7への拘りはあるのか?夏に長袖の理由は?

ポグバの背番号への拘りはあるの?ワールドカップでも拘ったのか?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?

ウスマン・デンベレの背番号は、拘りがあって選んだモノなのか?