【歴代】ジルーのクラブ、代表での背番号は?

世界でトップレベルのポストプレーヤーとして有名なオリヴィエ・ジルー

オリヴィエ・ジルーがいることで、味方は安心して、ボールを預けることができ、思い切りよく攻めあがれます。

ポストプレーの印象が強いせいで、点取り屋としてのイメージが薄いことですが、意外と決定力は高い。

年齢的に厳しかもしれませんが、W杯カタール大会で活躍する姿を見てみたいですね。

今回は、オリヴィエ・ジルーの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、オリヴィエ・ジルーのプロフィールを見ていきましょう。


オリヴィエ・ジルーのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

We are in champions league!! ⚽️🔵

Olivier Giroud(@giroud918)がシェアした投稿 –

生年月日:1986.09.30

身長:193cm

体重:91kg

出身地:シャンベリ(フランス)

利き足:左足

【リーグ戦記録】
2005-06 グルノーブル(フランス) 6試合・0得点
2006-07 グルノーブル(フランス) 17試合・2得点
2007-08 イストル(フランス) 33試合・14得点
2008-09 トゥール(フランス) 23試合・9得点
2009-10 トゥール(フランス) 38試合・21得点
2010-11 モンペリエ(フランス) 37試合・12得点
2011-12 モンペリエ(フランス) 36試合・21得点
2012-13 アーセナル(イングランド) 34試合・11得点
2013-14 アーセナル(イングランド) 36試合・16得点
2014-15 アーセナル(イングランド) 27試合・14得点
2015-16 アーセナル(イングランド) 38試合・16得点
2016-17 アーセナル(イングランド) 29試合・12得点
2017-18 アーセナル(イングランド) 16試合・4得点
2018Jan. チェルシー(イングランド) 13試合・3得点
2018-19 チェルシー(イングランド) 27試合・2得点
2019-20 チェルシー(イングランド) 18試合・8得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/417916.html

オリヴィエ・ジルーは、グルノーブルの下部組織に入団し、2005-2006シーズンにトップチームデビューを果たしました。

2007-2008シーズンにイストルへレンタル移籍をし、2008-2009シーズンにトゥールに完全移籍。

移籍初年度に、公式戦26試合に出場し、13得点2アシストを挙げる活躍をし、翌年には、公式戦41試合に出場23得点7アシストを記録しました。

ここでの活躍を認められ、オリヴィエ・ジルーはモンペリエに移籍。

モンペリエでも初年度から14得点6アシストを記録し、チームに欠かせない存在となりました。

2年目は、公式戦42試合25得点12アシストを挙げ、ビッククラブから注目を集める存在となりました。

そして、2012年にプレミアリーグの名門アーセナルに移籍。

アーセナルに移籍してからも多くの得点を重ね、チームに欠かせない存在として活躍をしていました。

公式戦253試合出場105得点41アシストという立派な成績を残してくれました。

アーセナルは、オーバメヤンを獲得したことで、オリヴィエ・ジルーはチェルシーへ移籍。

チェルシーへ移籍をしましたが、主にカップ戦での起用が目立ちました・・・。

2018-2019シーズンには、ヨーロッパリーグで得点王に輝く活躍を見せ、タイトル獲得に大きく貢献。

若狩りを図ったチェルシーに不満が爆発しましたが、残留をし、今後もチェルシーで活躍をしてくれると思われます。

再び、不満が爆発しないと良いのですが・・・。

【歴代】オリヴィエ・ジルーのクラブ、代表での背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

😍⚽️💪

Olivier Giroud(@giroud918)がシェアした投稿 –

チェルシーで背番号18を背負う、オリヴィエ・ジルー。

数多くのクラブを渡り歩いてきたオリヴィエ・ジルーですが、背番号は何番だったのでしょうか?

プロデビュー時から振り返りたいと思います。

グルノーブル時代(イストル時代を含む)

グルノーブルでの背番号は22番。退団するまで、変わらなかったです。

グルーノーブルでの成績は、公式戦25試合で2得点と物足りない成績でした。

デビューしたてであったので仕方がないのかなと思われます。

イストル時代は、背番号12を背負い、プレーをしました!

トゥール時代

トゥール時代も背番号12番。成績は、公式戦67試合36得点9アシスト。

モンペリエ時代

モンペリエ時代は背番号17を背負い、プレー。

移籍初年度から大活躍をし、チームの大黒柱として活躍をしてきました。

2011-2012シーズンは、リーグ戦21得点を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献!

アーセナル時代

アーセナルでの背番号は12番。オリヴィエ・ジルーは背番号12が多いですね。

好んで背負っているのでしょうか?

オリヴィエ・ジルーというと、ラカゼットと、どちらを放出すべきであったか?という話題が出ましたね。

OBは、放出すべきは、ラカゼットの方であったと言っています。

今では、どちらがいても良いと思われますが、当時ラカゼットが不調であったので、このような話が出ただけだと思われます。

フランス代表でも2人のことで話題になります。なぜ、試合に出ているラカゼットが呼ばれないで、出ていないジルーが呼ばれるのか?という話。

今後も大きな問題となりそうですね。

フランス代表の攻撃のバリエーションを増やすのであれば、オリヴィエ・ジルーの方が良いに決まっています。

監督の好みもあると思われますが、こちらのことも注目していきましょう。

フランス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

😍🇫🇷 @equipedefrance

Olivier Giroud(@giroud918)がシェアした投稿 –

フランス代表での背番号は、ずっと9番を背負っています。

2011年11月11日の親善試合アメリカ戦で代表デビューを果たし、現在まで代表で活躍をしています。

これまで、97試合に出場し、39得点を挙げています。

オリヴィエ・ジルーの出場試合が100を超えるのか?注目をされています。

フランス代表で100試合出場したことがあるのは7人だけ。

さらに、通算得点数では、プラティニが41得点と抜く可能性があります。

EUROで100試合達成、プラティニの記録を抜くことができるのか?注目を集めています。

参考:https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20200724/1100216.html

まとめ。

今回は、オリヴィエ・ジルーの歴代背番号について書いてみました。

年齢の衰えを感じさせないオリヴィエ・ジルー。あいかわらず、長身を活かしたポストプレーで相手の脅威になっています。

年齢を重ねるたびに円熟味を増すオリヴィエ・ジルーは魅力的ですね!

背番号は固定されていると思われますが、今後、移籍があれば何番になるのか?注目してみましょう。

12番になるのか?楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルの特徴は?弱点はあるのか?