カイ・ハフェルツのプレースタイルは?メインのポジションは?

エジルの後継者として名前が知れ渡っているカイ・ハフェルツ

すでに、ドイツ代表でもプレーをし、将来を期待されています。

ドイツの新・皇帝となれるのか?現在20歳のカイ・ハフェルツが、強いドイツ復活のキーマンになることは間違いなさそうですね。

今は、レバークーゼンでプレーをしていますが、近いうちに、ビッククラブへと移籍を果たすでしょう。

※2020年9月にプレミアリーグの強豪チェルシーに移籍しました。

今回は、カイ・ハフェルツのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、カイ・ハフェルツのプロフィールから見ていきましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/kai-havertz/leistungsdatendetails/spieler/309400


カイ・ハフェルツのプロフィール。

生年月日:1999.06.11

身長:183cm

体重:79kg

出身地:アーヘン(ドイツ)

利き足:左足

背番号:チェルシーでの背番号が不明のため、発表され次第追記します。

【リーグ戦記録】
2016-17 レヴァークーゼン(ドイツ) 24試合・4得点
2017-18 レヴァークーゼン(ドイツ) 30試合・3得点
2018-19 レヴァークーゼン(ドイツ) 34試合・17得点
2019-20 レヴァークーゼン(ドイツ) 30試合・12得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/647793.html

カイ・ハフェルツが、サッカーを始めたのは、4歳。

町にあったアレマニア・アリアドルフというクラブで、サッカーを始めたそうです。

そして、9歳の時にアレマニア・アーヘンの下部組織で本格的に、サッカーを始めたようです。

11歳の時に、レバークーゼンの下部組織に入団。やっぱり、名門クラブの下部組織に在籍していたのですね。

U-13からスタートしたのですが、U-19まで順調に駆け上がり、17歳の時にはトップチームデビュー。

17歳126日での記録は、レバークーゼン最年少記録だったようで、ドイツでも最年少記録は気にするのですね(笑)

今のカイ・ハフェルツを見ていると不思議には感じませんね。

プロデビューをした年は出場試合数は少なかったですが、翌年からは出場数を増やしていき、レバークーゼンの主力に成長。

そして、2018-2019シーズンには完全にエースとして君臨しました。

42試合に出場し、20ゴール7アシストを記録。流石に、ここまでの逸材となると、世界各国のビッククラブも目を付けますね!

W杯ロシア大会には間に合いませんでしたが、EURO2020、W杯カタール大会では、間違いなくドイツ代表の主力として活躍してくれることでしょう。

カイ・ハフェルツのポジション、プレースタイルは?

カイ・ハフェルツのポジション、プレースタイルは、どうなのでしょうかね?

まず、カイ・ハフェルツのポジションですが、フォーメーションによって変わります。

メインのポジションは、トップ下です。後は、右サイドのウイングのポジションもこなします。

攻撃的な中盤のポジションであれば、どこでもこなせそうな気がします。

カイ・ハフェルツのプレースタイルの特徴を挙げると、

・高い足もとの技術

・高い得点能力

・ゲームの流れを読む能力

が挙げられます。

高い足もとの技術

エジルのような魔法のかかったパスを出すだけでなく、自ら突破する技術も兼ね備えています。

相手に囲まれても抜け出す技術はほれぼれします。

左利きなので、独特のリズムがあるのでしょうか?相手の逆を突くドリブルが多いような気がします。

足もとの技術が高いので、パス、シュート、ドリブルの正確さは素晴らしいとしか言えませんね。

カイ・ハフェルツのボールタッチのシーンです。足もとの技術の高さがわかると思われます。

高い得点能力

中盤の選手ですが、得点能力が高いことも特徴の1つですね。

カイ・ハフェルツは、もともと得点能力が高い選手ではなかったのかもしれません。

トップチーム昇格後の成績を見てみましょう。

  • 2016-2017シーズン:公式戦40試合6得点7アシスト
  • 2017-2018シーズン:公式戦35試合4得点9アシスト
  • 2018-2019シーズン:公式戦42試合20得点7アシスト
  • 2019-2020シーズン:公式戦45試合18得点9アシスト

最初の2シーズンは、1桁得点でしたが、2018-2019シーズンからは大きく数字を伸ばしてきました。

慣れてきたということと、オフザボールの動きが良くなったからではないでしょうか?

得点が奪えるポジションに動けていますし、そこへボールを呼び込めるようになっていると思われます。

また、カイ・ハフェルツは空中戦にも強く、ヘディングでのゴールも多いのが特徴。

簡単に、カイ・ハフェルツを止めることはできなさそうです。

ゲームの流れを読む能力

カイ・ハフェルツは、ゲームの流れを読む目を優れていますね。

ゲームの状況に応じて、自分がすべきことを理解しています。

ドリブルで持ち上がり、決定的なパスを出すことや自らフィニッシャーになる、スペースに動き出して、パスを引き出すことなど。

状況に応じて、味方を生かしつつ、自らも生きることを上手くやっていますね。

柔軟性がある選手なので、どこへ行っても活躍することができるでしょう。

まとめ。

今回は、カイ・ハフェルツのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

総合力の高い選手であり、プレースタイルを見ていると欠点がなさそうです。

若い選手が多いチェルシーに移籍が決まり、カイ・ハフェルツがフィットするのか?注目されます。

どこのポジションで起用されるのかもですね。

カイ・ハフェルツが加入をすることにより、チェルシーに変化があるのか?カイ・ハフェルツ、チェルシーに注目していきたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】ハフェルツのクラブ、代表での背番号は?