ガブリエル・ジェズスの年俸、市場価値の推移は?

欧州の戦術と南米の技術を併せ持つ、ガブリエル・ジェズス

怪物ロナウド氏以来の逸材と呼ばれるほどの実力!

アタッカーではありますが、献身的な守備もこなしてくれる現代的な選手ですね。

マンチェスター・Cで大きく成長したガブリエル・ジェズスの年俸は、どうなのでしょうか?

今回は、ガブリエル・ジェズスの年俸について書いていきたいと思います。

まずは、ガブリエル・ジェズスのプロフィールから見ていきましょう。


ガブリエル・ジェズスのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alô mãe 🤙🏽

Gabriel Jesus(@dejesusoficial)がシェアした投稿 –

生年月日:1997.04.03

身長:175cm

体重:73kg

出身地:サンパウロ(ブラジル)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2015 パルメイラス(ブラジル) 20試合・4得点
2016 パルメイラス(ブラジル) 23試合・13得点
2017Jan. マンチェスター・C(イングランド) 10試合・7得点
2017-18 マンチェスター・C(イングランド) 29試合・13得点
2018-19 マンチェスター・C(イングランド) 29試合・7得点
2019-20 マンチェスター・C(イングランド) 34試合・14得点
2020-21 マンチェスター・C(イングランド)

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/627899.html

ガブリエル・ジェズスの年俸の推移は?

ガブリエル・ジェズスの年俸は、どのような推移をしていったのでしょうか?

パルメイラス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Parabéns SOCIEDADE ESPORTIVA PALMEIRAS, são 105 anos de história e conquistas! 🙌🏽👏🏽⚽️ @palmeiras

Gabriel Jesus(@dejesusoficial)がシェアした投稿 –

パルメイラスでの年俸は不明。

ガブリエル・ジェズスは地元のクラブで育ち、15歳の時に名門パルメイラスの下部組織に入団。

17歳の時にトップチームデビューを果たし、ゴールデンボール賞を受賞。

パルメイラスでの活躍が認められ、2016年にプレミアリーグの強豪マンチェスター・Cへ移籍。

パルメイラスでの成績

  • 2015年:公式戦20試合4得点2アシスト
  • 2016年:公式戦32試合17得点4アシスト

パルメイラス時代のガブリエル・ジェズスです。憎たらしいプレーですね↓

マンチェスター・C

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alô mãe 🤙🏽🤪 What a game guys 👏🏽🙌🏽+3🔥 #gratidão #doperi #comeonCity

Gabriel Jesus(@dejesusoficial)がシェアした投稿 –

2016-2017シーズンからマンチェスター・Cに加入をしました。冬の市場での加入。

ガブリエル・ジェズスの年俸の推移です。

参考元:https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20180329/735016.html

  • 2016-2017:年俸338万ポンド(約5億700万円)
  • 2017-2018:年俸338万ポンド(約5億700万円)
  • 2018-2019:年俸520万ポンド(約7億8000万円)
  • 2019-2020:年俸520万ポンド(約7億8000万円)

2018年に契約延長を拒んだことがあり、その時にクラブに要求した金額が、520ポンドでした。

直後に、契約延長をしたので年俸は、ガブリエル・ジェズスの言い分の額になったのではないかと予想しています。

ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題で移籍を検討していた時に、ユベントスが興味を示しているという報道がありました。

この時、マンチェスター・Cは引き止めるために年俸をアップする準備もしていたようです。

報道では、週給12万ポンド(約1560万円)と出ていました。

※参考元:https://www.footballchannel.jp/2020/05/16/post374041/

1年間は52週あるので、単純に計算すると、年俸約630ポンド(約8億5000万円)。

次の契約延長の際は、これ以上の年俸を要求しても大丈夫な感じがします。

マンチェスター・Cでの成績

  • 2016-2017:公式戦11試合7得点5アシスト
  • 2017-2018:公式戦42試合17得点5アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合21得点6アシスト
  • 2019-2020:公式戦53試合23得点14アシスト

年々、成績が良くなっているので、年俸の大幅アップはされることでしょう!

次回契約更新の際には、ガブリエル・ジェズスは年俸いくらを要求するのか?注目です。

ガブリエル・ジェズスの市場価値の推移は?

パルメイラス時代から怪物級の活躍を見せていた、ガブリエル・ジェズス。

市場価値の推移は、どうだったのでしょうか?

時期所属クラブ金額
2015年12月パルメイラス400万ユーロ
2016年7月パルメイラス1600万ユーロ
2017年2月マンチェスター・C2500万ユーロ
2018年1月マンチェスター・C
7000万ユーロ
2018年5月マンチェスター・C8000万ユーロ
2018年12月マンチェスター・C7000万ユーロ
2019年12月マンチェスター・C7000万ユーロ
2020年4月マンチェスター・C5600万ユーロ

順調な推移ですね。あれだけの成績を残していれば納得。

年齢も加味されるので、妥当な市場価値ではないでしょうか?

ガブリエル・ジェズスの市場価値にも目を向けてみると面白いと思われます。

最後に、2020年7月に発表された市場価値ランキングを載せてみました↓

1位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)1億8000万ユーロ(約212億円)
2位 ネイマール(パリ・サンジェルマン) 1億2800万ユーロ(約151億円)
2位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C) 1億2800万ユーロ
4位 モハメド・サラー(リヴァプール) 1億2000万ユーロ(約142億円)
4位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C) 1億2000万ユーロ
4位 ハリー・ケイン(トッテナム) 1億2000万ユーロ
4位 サディオ・マネ(リヴァプール) 1億2000万ユーロ
8位 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント) 1億1700万ユーロ(約138億円)
9位 リオネル・メッシ(バルセロナ) 1億1200万ユーロ(約132億円)
10位 トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール) 9900万ユーロ(約117億円)
11位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ) 9600万ユーロ(約113億円)
12位 カイ・ハヴェルツ(レヴァークーゼン) 8100万ユーロ(約96億円)
12位 ジョアン・フェリックス(A・マドリー) 8100万ユーロ
14位 フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール) 8000万ユーロ(約94億円)
14位 ヤン・オブラク(A・マドリー) 8000万ユーロ
14位 エデン・アザール(R・マドリー) 8000万ユーロ
14位 ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・C) 8000万ユーロ
14位 レロイ・サネ(マンチェスター・C) 8000万ユーロ
14位 ポール・ポグバ(マンチェスター・U) 8000万ユーロ
14位 エンゴロ・カンテ(チェルシー) 8000万ユーロ

引用:【最新ランキング】新型コロナウイルスの影響で大暴落!合計1兆円超のダウン | サッカー選手推定市場価格・移籍金 | 欧州・海外サッカー

ガブリエル・ジェズスの市場価値も凄いですが、ほかのメンツはさらに凄い・・・。

高騰している市場価値、移籍金ですが、今はコロナの影響で急落をしています。

落ち着いたら、また上がってくるのでしょうか?上がるでしょうね。

ガブリエル・ジェズスの市場価値が1億ユーロを超えてくるのか楽しみにしています?

まとめ。

今回は、ガブリエル・ジェズスの年俸、市場価値の推移について書いてみました。

年俸、市場価値ともに順調な推移ですね。今後、どれだけ伸びていくのか?注目です。

能力は文句なしなので、1億ユーロを超えるのではないでしょうか?

今後のガブリエル・ジェズスの活躍に期待をしましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ガブリエル・ジェズスのプレースタイルは、「柔」+「剛」?