キーラン・ティアニーのプレースタイルは?弱点は、ドコ?

2019年に、アーセナルに加入をしたキーラン・ティアニー

何度目のオファーで契約したのか?わからないくらい取り上げられていましたね。

スコットランドの強豪セルティックで腕を磨き、ステップアップに成功。

今後、アーセナルの主力になれるのか?楽しみな存在!

今回は、キーラン・ティアニーのプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

まずは、キーラン・ティアニーのプロフィールから見ていきたいと思います。


キーラン・ティアニーのプロフィール。

国籍:スコットランド、マン島

生年月日:1997年6月5日

出身地:ダグラス

身長:178cm

体重:70kg

在籍チーム:アーセナルFC

ポジション:DF

背番号:3

利き足:左足

2014-2019:セルティックFC

2019-:アーセナルFC

キーラン・ティアニーは、幼少期からセルティックファンだったようです。

中でも、中村俊輔に憧れて練習をしていたようですね。

同じ左利きなので、憧れるのと同時に手本にしていたことでしょう。

キーラン・ティアニーは、セルティックの下部組織に入団し、各カテゴリーを駆け上り、トップチーム昇格を勝ち取ります。

そして、2015年にトップチームデビューを果たし、2018-2019シーズンまで在籍。

セルティックのキャプテンを務める選手にまで成長しました。

また、スコットランド代表でもキャプテンを務めており、チームの精神的支柱として活躍。

若いのに素晴らしいですね。アーセナルでは難しいかもしれませんが、慣れてきたら、リーダーシップを発揮するでしょう。

まずは、アーセナルでレギュラーの座を使い見たいところ。

そんな、キーラン・ティアニーですが、どんなプレースタイルなのでしょうか?また、メインのポジションは、ドコなのでしょうか?

次は、キーラン・ティアニーのプレースタイルとポジションについて書いていきたいと思います。

キーラン・ティアニーのプレースタイル、ポジションは?

キーラン・ティアニーのポジションですが、左サイドバックです。

アーセナルは、4バックなので、左サイドバックでプレーをしています。

クラブでは、そうなのですが、スコットランド代表だと、センターバックや右サイドバックのポジションもやるそうです。

左利きのキーラン・ティアニーに右サイドバックのポジションは厳しいでしょう!

センターバックと言っても、3バックの左なので、コチラは問題ないと思われます。

無理に右サイドバックではなく、左サイドで起用してほしいものです。

では、肝心のプレースタイルはというと、左サイドバックらしいプレースタイルですね。

細かく見ていきましょう。

まず、守備ですが、間合いを取って奪いに行くよりか、自分から仕掛けて奪いに行く方が多いのかなと思われます。

試合中にスライディングで奪いに行くシーンが多いことが特徴。

フィジカル面も負けていないので、自分からあたりに行って奪うことも可能。

スピードがあるので、寄せが速く、相手に自由を与えないことを重視してプレーしているように見えますね。

裏を取られても、自慢のスピードで追いつけそうなのも良いところだと思われます。

基本的には、スペースがある場合は慎重にプレーしていると思われますが。

キーラン・ティアニーの守備に関しては大きな特徴はないかもしれません。

特徴は、攻撃でしょう!

キーラン・ティアニーのプレースタイルの大きな特徴とも呼べるスピードを活かしたドリブル。

前方へ蹴りだして、突破をする場面が多くみられます。

それに加えて、相手に当たられても倒れないフィジカルの強さも兼ね備えているので、相手にしたら厄介ですね。

スピードがウリのキーラン・ティアニーですが、技術も持っており、狭いスペースを突破する力も備えていますね。

スピードばかり警戒しているとやられてしまいます。

クロスボールの精度も高く、速いグラウンダーのクロスを入れていることが多いですね。

もちろん、ふわりと浮かせたクロスもできますし、場面に応じて使い分けていますよ!

理想的な左サイドバックのプレースタイルに近い感じがします。

※キーラン・ティアニーは、強烈なミドルシュートも打てるので、エリア外でフリーにはできません。

ここまで、キーラン・ティアニーのプレースタイルの特徴を書いてきましたが、最後に動画を載せてみました。

キーラン・ティアニーのプレースタイルがわかる動画なので、見ていただけるとありがたいです。

キーラン・ティアニーのプレースタイルの動画を見ていただけましたでしょうか?

20代前半なので、今後、多くの経験を積んで素晴らしい選手になることでしょう!

キーラン・ティアニーのような選手が日本に出てきてほしいのですが、難しいかもしれませんね。

日本の泣き所、左サイドバックのポジションに、キーラン・ティアニーのような選手が出てきてくれることを願っています。

キーラン・ティアニーのプレースタイルについて書いてきましたが、良いところばかりではありません。

次は、キーラン・ティアニーの弱点について書いていきたいと思います。

キーラン・ティアニーの弱点とは?

キーラン・ティアニーの弱点は、怪我が多いことですね。

怪我をして治ったら、再発という記事も見かけますし、怪我の多さが心配です。

ただでさえ、プレミアリーグは当たりが激しいですし、日程は過密なので。

コンディション調整も難しいと思われます。慣れてくるまでの辛抱だと思いますが、怪我が多いとスタメンも狙えなくなります。

しっかりと、体のケアをしながら、スタメンを狙ってほしいものです。

将来、アーセナルを背負う存在となれるように、頑張ってもらいたい。

まとめ。

今回は、キーラン・ティアニーのプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

左サイドバックの理想的なプレースタイルかなと思われます。

まだ、これからの部分が大きいですが、アーセナルでより素晴らしい選手になってほしいですね。

まずは、アーセナルでスタメンの座を奪ってほしいと思っています。

こちらの記事も読まれています↓

オーバメヤンのプレースタイルの特徴と弱点は?

ラカゼットのプレースタイルは?どんな特徴がある選手?

ニコラ・ペペのプレースタイルの特徴は?弱点はあるのか?

ダニ・セバージョスのプレースタイルは?特徴と大きな弱点は何?

アーロン・ラムジーのプレースタイルの特徴や弱点は?

アレクシス・サンチェスのプレースタイルの特徴と弱点とは?