キーラン・ティアニーは小柄なのに、パワフルなのは、なぜ?

プレミアリーグの名門アーセナルに所属するキーラン・ティアニー

推進力のあるドリブルと精度の高いクロスでチームを助ける存在。

本職の守備でも激しいタックルや華麗なスライディングでボールを奪い、攻守において光るものがあります。

アーセナルで不動のレギュラーになれるのか?今後の成長が楽しみな選手。

プレーを見ると、スピードもあり、パンチ力のあるシュートも打てますが、ガタイは大きくはないです。

どこから、あんなパワーが出てくるのでしょうか?

そこで、今回は、キーラン・ティアニーの身長、体重、パワフルな理由について書いてみたいと思います。

まずは、キーラン・ティアニーのプロフィールから見ていきましょう。


キーラン・ティアニーのプロフィール。

国:スコットランド、マン島

生年月日:1997年6月5日(22歳)

出身地:ダグラス

身長:178cm

体重:70kg

在籍チーム:アーセナルFC

ポジション:DF

背番号:3

利き足:左足

2014-2019:セルティックFC

2019-:アーセナルFC

セルティックのユースを経て、プロ契約を果たしました。

中村俊輔に憧れて、プロ入りを目指し、プロになったことは有名ですよね?

キーラン・ティアニーは、順調に成長し、チームのタイトルはだけでなく、PFAS年間最優秀若手選手賞などの個人でもタイトルを獲得するまで成長しました。

セルティック時代は、キャプテンを務めるほどになり、スコットランド代表でもキャプテンに就任するなど人望も厚そうです。

20代前半の選手が、クラブ、代表でキャプテンを務めることは珍しい!

特に、代表は。何かしら、スコットランドも改革が必要だったのかもしれません。

何度か、アーセナルからオファーが来るも移籍が実現せず。

2019年に、アーセナルに移籍を決断し、名門クラブの一員となりました。

怪我で思うような活躍ができていませんが、今後、楽しみな選手ですね。

レギュラーを奪うことができるのか?注目したい。

プロフィールを見て見ると、キーラン・ティアニーの身長、体重は日本人と変わらない。

なぜ、あんなスピードとパワーがあるのでしょうか?

キーラン・ティアニーの身長、体重は?パワーの秘密は?

キーラン・ティアニーの身長178cm、体重70kg。日本人と変わりません。

なぜ、あんなスピードやパワーが備わっているのでしょうか?

民族の特徴からとしか言えませんね。

では、イギリス人の身体的特徴については、凄くわかりやすい記事があるので、こちらを参考にしていただけると良いと思われます↓

イギリス人の身体的特徴。

民族の特徴もありますが、スピード、パワーは、キーラン・ティアニーが日々のトレーニングで身に付けたもの。

どんなトレーニングをしているのかと言えば、出ていません。

身長、体重のバランスを見ると、ウェートトレーニングを重視しているようには思えません。

体幹トレーニングか?と思われますが、あくまでも予測です。

同じぐらいの身長、体重の日本人選手が同じトレーニングをしても、キーラン・ティアニーのスピード、パワーは手に入れられないと思われます。

これは、民族的な理由もありますが、天性のものもありますからね。

これが、克服できれば、W杯でも上位を目指せるのでしょうけれども・・・。

キーラン・ティアニーのパワーの秘密は、民族的なものと天性のものとしか言えないと思われます。

※もちろん、本人の努力もありますよ!

平均的な?身長、体重のキーラン・ティアニーですが、プレミアリーグだと普通なのでしょうか?

プレミアリーグの平均身長、体重を調べてみました。

プレミアリーグの平均身長、体重は?

プレミアリーグの平均身長は、182cm。体重は出ていませんね。

それでも、平均身長は180cm台を超えています。これは高いのか?

ブンデスリーガは、182cm。セリエAは、183cm。リーガエスパニョーラは、181cmと出ていました。

※Jリーグは、平均身長178cm。体重は出ていません。

年度によって、多少の差は出てきますが、大体同じぐらいのようです。

プレミアリーグと変わりありませんね。

平均身長だけ見ると、キーラン・ティアニーは若干低いですね。

サイドバックのポジションなので、さほど気になりません。

体重は気になりますが、当たり負けしていないようなので、ベストな体重なのでしょう。

プレミアリーグで戦うために筋肉をつけて、体重を増やすという手もありますが、スピードがあるキーラン・ティアニーはやらないでしょうね。

体重を増やすことで体のキレがなくなる恐れが出てきますから。

キーラン・ティアニーは、現状の体重で勝負で良いと思います。

小柄ですが、プレミアリーグでは武器になるかもしれませんし、キーラン・ティアニーが出ている試合をチェックしてみたいと思います。

まとめ。

今回は、キーラン・ティアニーの身長、体重、パワーの秘密について書いてみました。

身長、体重は日本人と変わりませんが、パワーは違います。

民族的なこと天性のもの、本人の努力で、ここまでになったと思われます。

それにしても、バランスの良い体つきなので、スーツ姿が似合いそうですね(笑)

キーラン・ティアニーが、今後、アーセナルの主軸に成長できるのか?楽しみに見ていきたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

キーラン・ティアニーのプレースタイルは?弱点は、ドコ?

キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由は?

サッカー日本代表の平均身長は?高い選手と低い選手は?

アザールの身長と体重は?トレーニングは何をしてるのか?

ラヒーム・スターリングの身長、体重でプレミアで活躍できる理由は?