【歴代】クシシュトフ・ピョンテクのクラブ、代表での背番号は?

ロベルト・レヴァンドフスキ選手を彷彿させるパフォーマンスで注目を集めたクシシュトフ・ピョンテク選手。

ミラン加入後、思うような活躍ができず、イブラヒモビッチ選手の加入によりヘルタ・ベルリンに移籍。

クシシュトフ・ピョンテク選手が再び、輝きだすのか?注目をしたいところ。

今回は、クシシュトフ・ピョンテク選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考元:https://www.transfermarkt.com/krzysztof-piatek/profil/spieler/327757


クシシュトフ・ピョンテクのクラブ、代表での歴代背番号は?

レヒア・ジェルジョニュフ

レヒア・ジェルジョニュフ時代の背番号は不明でした。

画像の左上が当時のクシシュトフ・ピョンテク選手です。

ジェヴョンツカ・ジェルジョニュフの育成組織から移籍し、4部相当のリーグでしたが、トップチームデビューを果たしました。

この時の年齢は17歳。4部とはいえ、トップチームデビューできたことは素晴らしいことですね。

レヒア・ジェルジョニュフ時代の成績

  • 2012-2013:公式戦6試合0得点0アシスト

ザグウェンビェ・ルビン

ザグウェンビェ・ルビン時代の背番号です↓

シーズン背番号
2013-2014(U-19)9、17
2014-201513、26
2015-201626
2016-201726

2013年に移籍しました。2014~2016シーズンの成績は良かったのですが、2016-2017シーズンに出場機会が激減・・・。

出場機会が激減したクシシュトフ・ピョンテク選手はクラコヴィアに移籍をすることに。

ザグウェンビェ・ルビン時代の成績

  • 2013-2014:公式戦4試合0得点0アシスト
  • 2014-2015:公式戦33試合9得点4アシスト
  • 2015-2016:公式戦36試合8得点4アシスト
  • 2016-2017:公式戦12試合1得点1アシスト

クラコヴィア

クラコヴィアでの背番号は99番。

クシシュトフ・ピョンテク選手に合っていたのでしょう。

移籍初年度から二桁得点を挙げ、大活躍!翌シーズンは20得点以上を上げ、クラブのエースとして君臨していたのでしょう。

クラコヴィアでの成績

  • 2016-2017:公式戦27試合11得点2アシスト
  • 2017-2018:公式戦38試合21得点4アシスト

ジェノア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Krzysztof Piątek(@pjona_9)がシェアした投稿

ジェノアでの背番号は9番。

8月に行われたコッパ・イタリアのUSレッチェ戦でデビューし、ハットトリック。

その後、リーグ戦7試合連続ゴールを記録し、イタリア国内、ヨーロッパのクラブに注目されるようになりました。

ジェノアでの成績

  • 2018-2019:公式戦21試合19得点0アシスト

ジェノア時代の動画です↓

ミラン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Krzysztof Piątek(@pjona_9)がシェアした投稿

ミランでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2018-201919
2019-20209

2019年1月にミランに移籍。大きな期待を背負い、ミランに加入しましたね。

加入したシーズンは期待通りの活躍で、次のシーズンへ期待が持てるものとなりました。

しかし、翌シーズンは結果が出ずに退団。

呪い?の背番号9に変更したことが影響したのか?イブラヒモビッチ選手加入のこともあり、散々なシーズンでしたね。

ミランでの成績

  • 2018-2019:公式戦21試合11得点1アシスト
  • 2019-2020:公式戦20試合5得点1アシスト

ミランで躍動していた時の動画です↓

ヘルタ・ベルリン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Krzysztof Piątek(@pjona_9)がシェアした投稿

ヘルタ・ベルリンでの背番号です↓

シーズン背番号
2019-20207
2020-20219

プレミアリーグのクラブからオファーをもらっていたようですが、ヘルタ・ベルリンに移籍をしました。

お手本とするロベルト・レヴァンドフスキ選手がいるブンデスリーガで結果を残し、ビッククラブにステップアップをしたいところですね。

しかし、ヘルタ・ベルリンでも思うような結果が残せていない状況が気になります。

今後、巻き返せるのか?クシシュトフ・ピョンテク選手に注目をしていきたいです。

ヘルタ・ベルリンでの成績

  • 2019-2020:公式戦36試合10得点2アシスト

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Krzysztof Piątek(@pjona_9)がシェアした投稿

代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2014-2015(U-20)11
2015-2016(U-20)10、11
2015-2016(U-21)7
2016-2017(U-21)16
2018-20199、23
2019-23

各年代別の代表に選出されてきたクシシュトフ・ピョンテク選手は、W杯ロシア大会では予備登録メンバーに入りましたが、最終メンバーには入れないという悔しい思いをしました。

2018年9月に行われた国際親善試合アイルランド代表戦で代表デビュー!

現在も代表に呼ばれ続けており、代表に定着できたのかなという感じですね。

レヴァンドフスキ2世と呼ばれ、プレッシャーを感じていると思われますが、その期待の応えてほしいものです。

クシシュトフ・ピョンテク選手ならできそうな気もします。

ストライカー大国?のポーランドでエースの座をつかめるのか?注目しましょう。

まとめ

今回は、クシシュトフ・ピョンテク選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

クシシュトフ・ピョンテク選手は背番号9が似合う選手ですね。

ストライカーらしいストライカーなので、そう見えるのでしょう!

クラブでは厳しい状況ですが、ジェノア、ミランい年目に見せたような活躍を期待されていると思われます。

多くの得点を挙げ、ヘルタ・ベルリンを上位に押し上げてもらいたいですね。

Krzysztof Piatek

クシシュトフ・ピョンテクのプレースタイル、ポジションは?経歴は?

2021.09.26