クリスティアン・エリクセンが、デンマーク代表で輝いた試合は?

デンマーク代表の背番号10を背負い、ゲームコントロールをしているクリスティアン・エリクセン

華麗なボールコントロールとキックの精度の高さで見る者を魅了する選手。

もはや、デンマーク代表の心臓とも呼ばれるくらい有名な選手です。

身長の高い選手が揃っているデンマーク代表では、クリスティアン・エリクセンのキックの精度の高さは大きな武器となっています。

ゲームコントロールに優れていることは言うまでもないですが、得点能力の高さもクリスティアン・エリクセンの魅力の一つ。

今回は、クリスティアン・エリクセンのデンマーク代表での活躍について書いていきたいと思います。

クリスティアン・エリクセンのデンマーク代表での活躍と言ったら、この時でしょう!その時のことを書いていきます。


クリスティアン・エリクセンのデンマーク代表での活躍と言えば、プレーオフ!

クリスティアン・エリクセンのデンマーク代表での活躍と言えば、2018年W杯ロシア大会の欧州予選のプレーオフの試合だと思います。

各グループ2位の上位8チームで行われるプレーオフ。デンマーク代表の相手は、アイルランド。

どちらも同じくらいの実力なので、どちらが勝ってもおかしくない。

1stレグは、デンマークのホームで行われ、絶対勝利が必要であった。しかし、アイルランドの堅い守備を崩せず、0-0の引き分けに終わる。

この時点で、デンマーク代表は窮地に立たされることとなった。

2stレグでは、アイルランドのホームで行われ、デンマーク代表は勝利をするしかなかった。

2stレグで先制に成功したのは、アイルランド。開始早々に失点をしてしまい苦しい展開となってしまった。

しかし、これで目が覚めたのか?デンマーク代表が猛攻に出ると、ポストに当たったシュートが相手DFに当たり、同点ゴール。

ここからが、クリスティアン・エリクセンの独壇場の始まりであった。その時のゴールシーンを動画で見てみたいと思います。

動画をご覧いただけたでしょうか?クリスティアン・エリクセンの1、2点目は華麗に決めましたね

これぞ、クリスティアン・エリクセンというようなゴールでした。

3点目は、全速力で走りながら豪快に蹴りこむ辺りを見ていると、クリスティアン・エリクセンの勝利への執念が感じられました。

最後は、PKを決めて、終わってみれば、5-1の大勝でした。

エースのクリスティアン・エリクセンのハットトリックという大活躍で、デンマーク代表を2大会ぶりのW杯へ導くことに成功しました。

クリスティアン・エリクセンにとって、最高の試合だったのではないでしょうか?

そして、迎えた2018年W杯ロシア大会。クリスティアン・エリクセン、デンマーク代表はどうだったのでしょうか?

クリスティアン・エリクセン、デンマーク代表のW杯での戦いを振り返りたいと思います。

2018年W杯ロシア大会のクリスティアン・エリクセン、デンマーク代表は、どうだったのか?

2大会ぶりのW杯出場となったクリスティアン・エリクセン、デンマーク代表

デンマーク代表は、初戦ペルーとの試合を行い、1-0で何とか勝利!クリスティアン・エリクセンは、決勝点をアシストし、チームを勝利に導いた。

続く第2戦。オーストラリアとの試合。前半開始早々に試合が動く。先制したのはデンマーク代表。決めたのは、エースのクリスティアン・エリクセン。

本当に美しいゴールでした。そのゴールシーンはこちら↓

華麗であり、豪快なゴールでした。このゴールは、クリスティアン・エリクセンにとってW杯初ゴールだったようで嬉しかったことでしょう。

しかし、前半終了間際に、ハンドによりオーストラリアにPKを与えてしまい、同点を許してしまう。試合は、そのまま終わり、1-1の引き分け。

最終戦のフランス戦は、両国とも無理をせず、0-0の引き分け。両国揃って、決勝トーナメントに進出!

そして迎えた決勝トーナメント1回戦。相手は、クロアチア。試合は前半開始早々に動く。

先制したのは、デンマーク代表!GKが弾いたシュートが、そのまま入り先制。しかし、直後にクロアチアに追いつかれてしまう。

デンマーク代表は、クロアチアに主導権を握られながらも得点を許さず、PK戦に突入。

デンマーク代表の1番目のキッカーは、クリスティアン・エリクセン。

まさかの失敗に終わり落ち込んでいたと思われますが、GKのシュマイケルがファインセーブの連発でチームを盛り上げる。

一方のクロアチアのGKも負けておらず、両GKの活躍が目立つPK戦となった。

5人目のキッカーでデンマーク代表の選手が外し、クロアチアが決めて試合終了。

クリスティアン・エリクセン、デンマーク代表のW杯が終わってしまいました。

結果は、ベスト16とはいえ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。

結果論ですが、W杯準優勝したクロアチアと当たっていなければ、もう少し上に行けたのかもしれません。

次回の大会に向けてデンマーク代表は手応えを掴めたのではないでしょうか?

クリスティアン・エリクセンを中心に新しいチームで活動をしていると思われます。

2020年には欧州選手権がありますし、2019年には予選があります。

予選を勝ち抜いて、欧州選手権では良い結果を残してほしいですね。

クリスティアン・エリクセン、デンマーク代表の活躍に注目していきたいと思います!

まとめ。

今回は、クリスティアン・エリクセンのデンマーク代表での活躍ぶりについて書かせていただきました。

やはり、クリスティアン・エリクセンの素晴らしい活躍というとプレーオフのアイルランド戦を思い出してしまいます。

デンマーク代表のピンチを救い、W杯出場に導いた試合ですからね。

しかも、クリスティアン・エリクセンがハットトリックという大活躍をした試合なので印象が強いです。

W杯本大会でも、オーストラリア戦でゴールを決めるなど、クリスティアン・エリクセンは存在感を見せました。

デンマーク代表は、ベスト16で大会を去りましたが、確かな成長と実力を示した大会であったと思います。

2020年の欧州選手権が楽しみですね。その前に、予選を突破し、本大会行きを決めてほしいです。

こちらの記事も読まれています↓

エリクセンは、身長と体重の割にフィジカルは弱いの?

クリスティアン・エリクセンのプレースタイルは完璧?弱点は?

ハリー・ケインのワールドカップ得点王は、なぜ批判が多いのか?

ネイマールの実力は、元ブラジル代表選手より劣るの?勝るの?

クリスティアーノ・ロナウドは代表復帰するの?まだ、必要なのか?




【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!