クリロナのゴール後のポーズは何を示しているの?

空中で回転し、着地と同時に両手を広げるポーズは、クリスティアーノ・ロナウドの代名詞となりました。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のパフォーマンスは、どのようにして生まれたのでしょうか?

また、どんな意味があるのでしょうか?

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスについて書いてみたいと思います。


クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズが生まれた理由は?

このポーズの名前は、「calm down」というようです。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズは、自然と生まれたようです。

特に、意味はないようで、ファンが気に入ってくれたからやり続けているようです。

もはや、クリスティアーノ・ロナウドの代名詞ともいえるでしょう。

※雄たけびは、練習中にも叫んでいたので自然と出ているようです。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズは種類が多い!

やはり、スーパースターの宿命なのでしょうか?ゴール後のポーズは、すぐに噂になります。

レアル・マドリード

このジャガーポーズといえば、浅野拓磨の代名詞のポーズ。

まさか、クリスティアーノ・ロナウドまでやっていたなんて。

クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズとしては、地味な方になるような気がしますね。

まだこの頃は、ゴール後のポーズは特に考えていなかったのでしょう!

続いてはこちら。

何がしたかったんだろう?そう思わせるようなポーズですよね?ゴールに不満があったのか?

このポーズは、大きな話題となりましたね!SNSで真似している人が多かったようです。

相撲取り?考える人?など様々な意見が飛び交ったようです。

でも、地味なポーズですが、存在感は違いますよね?割とド派手なことが好きなクリスティアーノ・ロナウドがね。

ゴール後にこんなポーズをするなんて、ファンはビックリしたはず。

この他にも、ゴール後に、こんなポーズも(笑)

引用:https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/02/GettyImages-104334632.jpg

クリスティアーノ・ロナウドが指をくわえているポーズ・・・。いったい何を意味しているのかというと、

「息子が子ども用ベッドを登ろうとする」

引用:https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170225/554995.html

という意味を込めてのポーズだったようです。

子煩悩なクリスティアーノ・ロナウドならではのゴール後のポーズですね。

息子とじゃれあっているところを見ると、楽しそうなクリスティアーノ・ロナウドですからね。

息子も父のようなゴール後のポーズをするのでしょうか?

この他にもゴール後には、こんなポーズもありました。

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?215258-215258-fl

これはやっていいものなのかな?と思ってしまいますね。イエローカードの対象になるのではないかと思うほど。

これも、クリスティアーノ・ロナウド自身の凄さを示すようなポーズですね。

実際に、レアル・マドリードにいた頃は、ゴールを量産し、圧倒的なパフォーマンスでしたからね。

レアル・マドリード時代には、問題になったパフォーマンスがありました。

引用:https://www.footballchannel.jp/2015/03/25/post78885/

バルセロナとの試合で、ゴールを決めた直後に行ったポーズです。

「静まれ」というようなジェスチャーであったので、バルセロナのテバス会長は挑発行為と忠告していました。

ユベントス

2019年のUEFAチャンピオンズリーグでのこと。ファーストレグでシメオネ監督が行ったポーズが問題になりました。

しかも、ユベントスが負けたこともあって、クリスティアーノ・ロナウドはイライラしていたことでしょう。

しかし、セカンドレグでクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックをし、逆転勝利を収めると、仕返しと言わんばかりに、クリスティアーノ・ロナウドが同じポーズをしました。

挑発行為とも取れますが、それ以上にセクハラ的な要素もあり、問題になりそうです。

自身のゴールで勝った試合ですし、挑発的な行為をしたシメオネ監督に見返したかったのでしょうね。

こんなこともありました!

レアル・マドリード時代ではなかった同僚とやることがなかったセレブレーション。

まさか、ディバラとやるなんて。※ディバラとは結構やっていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Caption this ☝️ #JuveFrosinone #ForzaJuve

Juventus(@juventus)がシェアした投稿 –

このセレブレーションは、クリスティアーノ・ロナウドの仁王立ちとディバラの片手で口元を覆うセレブレーションを合わせたものでした。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのゴール後のポーズについて書いてみました。

ゴール後のポーズには、特に意味はなく、自然に行ってしまったようです。

もっと意味のあるものと思っていましたが・・・。

今後は、新しいゴールパフォーマンスが見られるのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウドのゴールとパフォーマンスに注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

デパイが行った問題のゴールパフォーマンスの意味は?何のため?