クリスティアーノ・ロナウドのプレースタイル、ポジションは?経歴は?

古巣マンチェスター・Uに復帰が決まり、大きな注目を集めているクリスティアーノ・ロナウド選手。

背番号も7となり、おおきににぎわっていますね。

タイトルから遠ざかっているチームにタイトルをもたらすことができるのか?楽しみです。

そんなクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、起用されているポジションはドコなのでしょうか?

今回は、クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。


クリスティアーノ・ロナウドのプレースタイル、ポジションは?

クリスティアーノ・ロナウド選手のメインポジションは、センターフォワード。

左右のウイングでもプレーすることができます。

以前、マンチェスター・Uに在籍していた時は、右ウイングのポジションでプレーしていました。

キレキレのドリブルで得点、チャンスメークをしていましたね。

では、クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルの持ち味はドコなのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • 得点力の高さ
  • 得点パターンが豊富
  • 強靭なフィジカル

が挙げられると思われます。

それぞれについて見ていきましょう。

得点力の高さ

クリスティアーノ・ロナウド選手の得点力の高さには驚かされます。

12シーズン連続でリーグ戦20得点以上記録しています↓

2009-2010:リーグ戦29試合26得点(レアル・マドリード)
2010-2011:リーグ戦34試合40得点
2011-2012:リーグ戦38試合46得点
2012-2013:リーグ戦34試合34得点
2013-2014:リーグ戦30試合31得点
2014-2015:リーグ戦35試合48得点
2015-2016:リーグ戦36試合35得点
2016-2017:リーグ戦29試合25得点
2017-2018:リーグ戦27試合26得点
2018-2019:リーグ戦31試合21得点(ユベントス)
2019-2020:リーグ戦33試合31得点
2020-2021:リーグ戦33試合29得点

※マンチェスター・U時代には、2007-2008シーズンに31得点をあげています。

12シーズンでリーグ戦389試合に出場し、392得点は立派な数字ですね。

1試合1得点以上のペースは驚異的!

これだけ得点力がある選手が前線にいるとチームは助かります。

仮に先制を許してもクリスティアーノ・ロナウド選手が何とかしてくれると思ってしまいますよね。

クリスティアーノ・ロナウド選手の得点力がわかる動画です↓

得点パターンが豊富

クリスティアーノ・ロナウド選手は得点パターンが豊富で、いろいろな形で得点を取ることができます。

裏へ抜け出してシュート、ミドルシュート、ジャンプ力を活かしたヘディングなど、多くの得点パターンがありますね。

もちろん、予想もしない形での得点もあります↓

ゴール前で、クリスティアーノ・ロナウド選手が待ち構えていたら、ボールを供給するだけでなんとかしてくれそうな感じがします。

マンチェスター・Uには、ブルーノ・フェルナンデス選手やポグバ選手がいますので、得点を量産しそうですね。

クリスティアーノ・ロナウド選手が何得点決めてくれるのかが楽しみです。

強靭なフィジカル

クリスティアーノ・ロナウド選手の肉体年齢が20代ということで有名ですよね?

日々のトレーニングで鍛え上げられた肉体は、男が見ても惚れ惚れするぐらい↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

とても30代の体とは思えません。

この鍛え上げられた体からパンチ力のあるシュートや打点の高いヘディングシュートが生まれてきます。

特に、クリスティアーノ・ロナウド選手の打点が高いヘディングシュートはニュースになります。

これだけ飛べば、ニュースになるのも納得です↓

サッスオーロ戦で、ゴールキーパーのアンドレア・コンシーリ選手が伸ばした腕よりも高く飛んだことが話題になりました。

シュートは外れてしまいましたが、ゴールキーパーが伸ばした腕よりも高いということ自体がおかしいですよね?

これも日々のトレーニングのおかげと言えるでしょう。

マンチェスター・Uでも同様のシーンが見られるのか?ジャンプの話題も要チェックですね。

クリスティアーノ・ロナウドの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

本名:クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

愛称:CR7、ロニー

国籍:ポルトガル

生年月日:1985年2月5日(35歳)

出身地:フンシャル

身長:189cm

体重:85kg

在籍チーム:マンチェスター・ユナイテッドFC

ポジション:FW

背番号:7

利き足:右足

引用:クリスティアーノ・ロナウド – Wikipedia

クリスティアーノ・ロナウド選手は、マディラ諸島のフンシャルで生まれ、地元のCFアンドリーニャでプレーし始めます。

1997年にスポルティングCPのユースチームに加入し、各カテゴリーを一気に駆け上がっていきました。

そして、2002年夏にトップチームに昇格し、UEFAチャンピオンズリーグ予選のインテル戦でトップチームデビュー!

リーグ戦デビューは、9月29日に行われたブラガ戦で、初得点は10月7日に行われたモレイレンセ戦!

スポルティングCPでの活躍が評価され、2003年夏にマンチェスター・Uに移籍を決断しました。

この時は、ファーガソン氏が監督で良い時期だったので、良い環境でサッカーができたことでしょう。

マンチェスター・Uでは、リーグ3連覇(2006-2007、2007-2008、2008-2009)、UEFAチャンピオンズリーグ優勝(2007-2008)を成し遂げました。

2008年には、バロンドール初受賞もしましたね。

2009年夏にレアル・マドリードに移籍し、ここでも多くのタイトル獲得に貢献しました!

UEFAチャンピオンズリーグ3連覇を含む4回優勝 (2013-14, 2015-16, 2016-17, 2017-18)、リーグ優勝 (2011-12, 2016-17)は2回。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

クリスティアーノ・ロナウド選手個人では、バロンドール4回、ゴールデンシューを3回受賞しました。

レアル・マドリード移籍後にプレースタイルが変わり、得点を量産するようになりましたね。

2018年夏にユベントスに移籍し、大きな話題に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

ユベントスで、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を期待されましたが、優勝できず・・・。

イタリア国内のタイトル獲得のみとなってしまいましたね。

そして、2021年夏に古巣であるマンチェスター・Uに移籍を決断!

マンチェスター・Uは、近年タイトルから遠ざかっているので、クリスティアーノ・ロナウド選手加入が良いきっかけになると良いですね。

まとめ

今回は、クリスティアーノ・ロナウド選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

レアル・マドリードに移籍したあたりからプレースタイルに変化がありましたね。

キレキレのドリブルを少なくし、ゴールマシーンへと変貌したことは正解でしたね。

衰えはあるものの今でもトップレベルでプレーできているのは素晴らしいです。

マンチェスター・Uでは何得点入れることができるのか?楽しみですね。

cristiano

クリスティアーノ・ロナウドの筋トレが凄すぎる!こなしているメニューは?

2021.08.07