【画像】クリロナの筋肉が凄い!どんな筋トレしたの?

サッカー選手の筋肉って、凄いですよね!

凄い筋肉なんですけど、スマートな感じがしていて、かっこいいですね!

特に、クリスティアーノ・ロナウドの筋肉は、もう美術品か?と思うほどに鍛え上げられた肉体。

身長185cm、体重80kgと理想的なバランスを保っており、今後も維持されていくことでしょう。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの筋肉について書いていこうと思います。

まず、簡単にクリスティアーノ・ロナウドのプロフィールを載せてみます。

参考元:https://www.transfermarkt.com/cristiano-ronaldo/profil/spieler/8198


クリスティアーノ・ロナウドのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Charging…🔋💪🏻

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿 –

本名:クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ

生年月日:1985.02.05

身長:187cm

体重:80kg

出身地:フンシャル(ポルトガル)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2002-03 スポルティング(ポルトガル) 25試合・3得点
2003-04 マンチェスター・U(イングランド) 29試合・4得点
2004-05 マンチェスター・U(イングランド) 33試合・5得点
2005-06 マンチェスター・U(イングランド) 33試合・9得点
2006-07 マンチェスター・U(イングランド) 34試合・17得点
2007-08 マンチェスター・U(イングランド) 34試合・31得点
2008-09 マンチェスター・U(イングランド) 33試合・18得点
2009-10 レアル・マドリード(スペイン) 29試合・26得点
2010-11 レアル・マドリード(スペイン) 34試合・40得点
2011-12 レアル・マドリード(スペイン) 38試合・46得点
2012-13 レアル・マドリード(スペイン) 34試合・34得点
2013-14 レアル・マドリード(スペイン) 30試合・31得点
2014-15 レアル・マドリード(スペイン) 35試合・48得点
2015-16 レアル・マドリード(スペイン) 36試合・35得点
2016-17 レアル・マドリード(スペイン) 29試合・25得点
2017-18 レアル・マドリード(スペイン) 27試合・26得点
2018-19 ユヴェントス(イタリア) 31試合・21得点
2019-20 ユヴェントス(イタリア) 33試合・31得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416643.html

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉が凄い!各部位の筋肉は?【画像】

クリスティアーノ・ロナウドの肉体年齢は、20歳という驚異的な記録を叩き出しましたね。

年齢は、30代なのに・・・。実年齢と肉体年齢が10歳も離れていることは凄すぎます。

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉が凄いことは有名ですが、各部位の筋肉は、どうなのでしょうか?

まずは、全身から見ていきましょう。

全身

 

この投稿をInstagramで見る

 

Morning Workout💪🏼

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿 –

クリスティアーノ・ロナウドの体には無駄なモノがついていないですよね?

画像を見ると、全身まんべんなく各部位を鍛えられています。

これは、継続的に筋トレを行い、サッカーや有酸素運動で脂肪を落としていった結果なのでしょう。

ストイックなクリスティアーノ・ロナウドであるからこそ、できあがった肉体であると思われます。

腹筋

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blessed 🙏

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿 –

クリスティアーノ・ロナウドの腹筋を見る機会は多いと思われます。

それにしても綺麗に割れた腹筋は見事ですね。芸術品と呼べます。

クリスティアーノ・ロナウドの腹筋というと、変な噂が飛び交いましたよね?

1日に腹筋3000回を行うという話でした。これは異常だと思いましたが、クリロナならあり得るかもしれないと信じていました。

実際のところは、嘘でしたね。実際の回数は、このような感じでした。

「1日3000回やっているというのは事実ではない。腹筋をやっているのは普通週に3日か4日くらいだ。1週間あたり1000回になるかどうかも分からないよ」

引用:https://www.footballchannel.jp/2017/03/14/post201834/

1週間1000回も凄いですけどね!継続して行っていたからこそ、この腹筋を手に入れられたのです。

それにしても、理想的な腹筋ですね。

背筋

 

この投稿をInstagramで見る

 

No words needed…….

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿 –

腹筋だけでなく背筋も凄いですね。

腹筋、背筋のバランスが取れているので、正常に筋肉の収縮ができています。

クリスティアーノ・ロナウドの背中を見る機会が少なかったせいか、この画像には多くの反応がありました。

400万の「いいね!」がついており、クリスティアーノ・ロナウドの背中に大きな注目が集まったようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

👌👍

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿 –

サッカー選手で見る筋肉と言えば、脚の筋肉ですよね?

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉というと、腹筋に目が行きがちですが、脚の筋肉も凄い!

正しい筋トレをされているのでしょう。本当に、サッカー選手?と疑いたくなるほどきれいな脚。

無駄な部分を引きはがし、鍛えられた筋肉は違います。クリロナの筋トレをやれば、筋肉に加え、綺麗な脚も手に入れられるのでしょうか?

腕の筋肉も素晴らしく、バランスを考えて、計画的に鍛え続けた結果でしょう。

クリスティアーノ・ロナウドのような筋肉になるための筋トレとは?

クリスティアーノ・ロナウドのような筋肉を手に入れる筋トレは、どんな感じなのでしょうか?

あれだけの筋肉を得るためには、相当なメニューをこなしていると思われます。

そこで、クリスティアーノ・ロナウドの筋トレメニューについて見ていきましょう。

・スクワット:150kg(尻・脚)
・ベンチプレス:100kg(胸・肩・腕)
・クリーン:75kg(尻・脚)
・レッグプレス:200kg(脚)
・デッドリフト:200kg(脚・尻・背中)
・ショルダープレス:70kg(肩)
・アームカール:30kg(腕)
・トライセプスエクステンション:30kg(腕)
・ラットプルダウン:75kg(背中)
・ベンチディップ:75kg(腕・肩)
・ブリッジ:75kg(体幹)

引用:https://vogueword.click/archives/8473

クリスティアーノ・ロナウドは、このメニューを定期的に行っているようですね。

こんなにやっていれば、画像のような筋肉を得ることが出来ますよね!

では、この中で、いくつか筋トレのメニューの説明をしていこうと思います。(一部ですが)

レッグプレス

画像の通り、レッグプレスは大腿四頭筋を中心を鍛えられ、太ももの裏側の筋肉を鍛えるのに効果があるようです。

鍛えられる筋肉は、

・大臀筋(お尻の筋肉)

・ ハムストリング(太ももの裏側)

・大腿四頭筋(太ももの前側)

・内転筋(太ももの内側)

・ 下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

です。

下半身の大きな筋肉を鍛えるので、基礎代謝の向上が期待できます。

トレーニング方法は、

1.肩幅くらいに足を開き、上げていきます。

2.上げきったら、数秒間キープ。

この時、膝を伸ばし切らないようにしてください。

3.ゆっくりと足を戻していきます。

この動作を何セットか行います。当たり前ですが、無理のない負荷をかけるようにしないといけません。

レッグプレスは、スクワットよりも負荷をかけることが出来ることと、機械で固定されている分正しい動作でトレーニングが出来ます。

注意点は、固定されていますが、脚の位置がずれた時に膝に負担がかかってしまうので、ずれないように気を付けることがポイントとなります。

※おしりを浮かせないことも注意しましょう。浮かせると腰にきます・・・。

これ、画像を見る限り簡単そうですが、負荷をかけるとかなりきつかったですね。ただ、スクワットをやるよりかは効果的かなと思いますね。

これを、200kgでやっているクリスティアーノ・ロナウドは凄すぎます!

ラットプルダウン

ラットプルダウンはケーブルマシンを使ったトレーニングで、棒を上から引いてくるといったトレーニングです。

イメージは、上の画像のような感じです。

主に鍛えられる筋肉は、広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋ですね。

上の画像の部分ですね。やはり、このトレーニングをやると上の画像の部分が筋肉痛になります(笑)

ポイントとしては、

肩甲骨を寄せながら腕を引き寄せ、最後に肩甲骨を寄せきって背筋群を最大収縮させることです。

上手いこと書けなかったので、引用させてもらいました。

トレーニングの最中に気を付けることは、辛くなると、どうしても顎を下げてしまうんですが、辛くなった時こそ顎を上げることに意識した方が良いです。

顎を上げることで、背中の筋肉が収縮するからです。

このトレーニングで、クリスティアーノ・ロナウドは素晴らしい背筋を手に入れることに成功!

クリスティアーノ・ロナウドが、実際に行っている筋トレの紹介を一部してみました。

このほかにもされているわけですから、あれだけの筋肉が得られたわけですね。

それに、筋肉をつけることだけでなく、つけた筋肉を細くするようなトレーニングもされていると思います。

要は、必要な筋肉が残るようなトレーニングもしているということですね。

だから、クリスティアーノ・ロナウドは筋肉は凄いですが、スマートに見えるんですね。

筋トレは、このようなことをされていますが、食事の方はどうなんでしょうかね?

クリスティアーノ・ロナウドの食事面についても見ていこうと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの食事は、どんな感じなのか?

一流のアスリートは、食事にも気を使いますよね?

筋肉のこともありますが、コンディションを整えることに重要な役目を果たしますからね。

クリスティアーノ・ロナウドは、ストイックな選手なので食事の方も手を抜かないことでしょう。

そこで、クリスティアーノ・ロナウドの3色のメニューを見てみましょう。

・朝食:フルーツ、穀類、トースト

・昼食:サラダ、野菜、鶏肉、魚、豆、玄米、パスタ

・夕食:鶏肉、牛or豚の赤身肉

引用:https://smile-make-smile.com/karadazukuri/4177/

夕食に赤身の肉を食べるというのは、ほとんどの選手がそうですしね。

クリスティアーノ・ロナウドは、結婚していないので、管理栄養士の方を雇って食事の管理をされているのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウド自身で管理もしていそうですが。

後、間食や飲酒もしていなさそうですよね。本当に徹底されているイメージがあります。まさに、プロといった感じでしょうね。

※間食はしていました。していても、プロテインやフルーツを食べているようです。

1日6食ですが、計算しつくされたメニューで肉体を作り上げています。

お酒は、基本的に飲まないですが、お祝い事や嬉しいことがあると飲むようです。

パーティーとかに参加しても食べるものを考えて、食事を楽しんでいそう。

そういうところがあるからこそ、筋肉の衰えもなさそうですし、コンディションも良い状態でプレーできているんでしょうね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの筋肉についてと筋トレ、食事について書いてみました。

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉の画像は、並大抵の努力で手に入れたものではないですね。

バランスよく鍛えられた筋肉は芸術品で、男女問わず、ほれぼれすることでしょう。

肉体年齢と実年齢が違いすぎますが、今後は、さらに離れていくのではないかと予想されます。

クリスティアーノ・ロナウドのプレーも注目ですが、筋肉のほうにも注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

クリロナの食事のメニューは?食事管理の助言は誰がしたのか?