クリスティアーノ・ロナウドの食事のメニューは?食事管理の助言は誰がしたの?

トレーニングや食事に関して、一切、手を抜かないことで有名なクリスティアーノ・ロナウド選手。

アスリートは、トレーニング以上に食事に気を付ける人は多いですからね。

食事に気を付けているからこそ、長年、トップレベルでプレーできていると思われます。

そんなクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、食事のメニューはどんなものなのでしょうか?

また、クリスティアーノ・ロナウド選手に食事管理の助言をした人は誰なのでしょうか?

今回は、クリスティアーノ・ロナウド選手の食事メニューと食事管理をした人について書いていきたいと思います。


クリスティアーノ・ロナウドがコーラををどかし、水を飲めと一喝!

EURO2020の記者会見で置かれたコカ・コーラをどけて、「水を飲め!」と一喝したクリスティアーノ・ロナウド選手。

大会スポンサーであるコカ・コーラ社ですが、そんなの関係なしにやってしまいましたね。

クリスティアーノ・ロナウド選手の行動でコカ・コーラ社の株価が急落してしまい大きな話題となりました。

日ごろから食事管理を徹底しているクリスティアーノ・ロナウド選手ですので、目の前にコカ・コーラが置いてあるのが我慢できなかったのでしょう。

コンディション維持のために1日食事6回に、昼寝を5回するほどの徹底ぶりですので誰もが納得したはずです。

食事管理に徹底的にこだわるクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、食事のメニューはどんなものなのでしょうか?

また、食事管理の助言をした人は誰なのでしょうか?

調べてみました!

クリスティアーノ・ロナウドの食事のメニューは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

食事管理を徹底しているクリスティアーノ・ロナウド選手の食事メニューを見てみましょう!

朝食

フルーツジュース、シリアル(小麦・穀物)

  • 朝食の例:ハム、チーズ、低カロリーヨーグルト
  • 間食の例:フレッシュフルーツ、アボカドトースト

昼食

サラダ、鶏肉がメイン。

もちろん薄味。後は、玄米、パスタなども食べるようです。

  • 昼食1部の例:チキンサラダ
  • 昼食2部の例:マグロ、オリーブ、卵、トマト

夕食

鶏肉、牛、豚の赤身肉、たんぱく質を摂れる食物。

  • 夕食1部の例:メカジキ、サラダ
  • 夕食2部の例:ステーキ、イカリング

クリスティアーノ・ロナウド選手の食事のメニューを見ると、低脂肪高たんぱくですね。

徹底した食事メニューでコンディション管理をしていることがわかります。

お酒

クリスティアーノ・ロナウド選手は、お酒に手を出さないことで有名!

飲酒をする選手は多いですが、コンディション維持のために口をしないようです。

そんなクリスティアーノ・ロナウド選手もEURO2016で優勝した際には、シャンパンを口にしたと言っています。

そういった時ぐらいは良いのではないでしょうか?

めったに見られないシーンだったと思われるので、周囲の人は驚いたことでしょう!

食事管理を徹底するクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、誰かに助言されたのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウドに食事の助言をした人は、あの名将!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

クリスティアーノ・ロナウド選手に食事管理の助言をした人は、名将ファーガソン氏!

マンチェスター・Uに移籍した時に、ファーガソン氏から、

『食生活は成功するための重要な鍵だ』

引用:決め手はあの恩師の助言…C・ロナウド、専門家絶賛の食事管理とは | サッカーキング (soccer-king.jp)

と助言されたようです。

それから、クリスティアーノ・ロナウド選手は食事管理をするようになったようですね。

クリスティアーノ・ロナウド選手の食事管理の徹底ぶりは、スペインの健康食品グループ『Teresa Healthy Food』CEOのジョルディ・バーリ氏は絶賛していました。

「ファストフードやスイーツは一切食べないし、炭酸や糖分が入った飲料は全く飲まない。

また、食べ物にソースはかけず、揚げ物もほとんど口にしない。食事は魚と野菜が中心で、新鮮なものを常に決まった時間に摂る。

フィジカルトレーニングが終了してから食事を開始するまで1時間以上は空けない。夕食は極めて軽い物で済ませ、就寝の2時間前には必ず済ませる。

彼はこういった細かいことを徹底している」

引用:決め手はあの恩師の助言…C・ロナウド、専門家絶賛の食事管理とは | サッカーキング (soccer-king.jp)

食事のメニューだけでなく、ルーティンもしっかりされていますね。

アスリートであれば、当たり前のことかもしれませんが、凄いことです。

ファーガソン氏に言われたことを忠実に守ってきたおかげで、今もトップレベルで活躍できているのでしょう。

※食生活を守っていたと思われるクリスティアーノ・ロナウド選手にも意外な一面がありました↓

rooney

クリスティアーノ・ロナウドとルーニーの不仲は本当だったのか?実際は?

2021.06.28

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドの食事に関して書いてみました。

本当に、食事面でも徹底した管理をされているなと思いましたし、これがプロなんだなと改めて思わされましたね。

クリスティアーノ・ロナウドもファーガソン氏の助言を守ってやってきたからこそ、今があるのですね。

必要以上のものは口にしないあたりも凄いと思いますし、誘惑に負けない意思の強さも素晴らしいと思いました。

こういった日々の積み重ねが出来ないと、あのようなパフォーマンスができないでしょうね。

日本の海外組の選手たちもやっぱり食事に拘っていますし、そういったところから変わらないといけないんですね。

トレーニング、食事、睡眠のバランスと時間の管理を徹底できているクリスティアーノ・ロナウドは、まさに、プロフェッショナルな選手だといえますね。

サッカー選手を引退しない限り、食事は変わらないでしょうね。

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアーノ・ロナウドが、お酒、たばこに手を出さない理由とは?