グナブリー(ニャブリ)のゴールパフォーマンスが話題に!由来や意味は?

ドイツの強豪バイエルン、ドイツ代表で活躍するグナブリー(ニャブリ)選手。

毎シーズン安定した成績を残してくれる選手なので、クラブとしてはありがたい選手のはず。

そんなグナブリー(ニャブリ)選手ですが、ゴールパフォーマンスが話題になっているとのこと。

このゴールパフォーマンスには、どんな由来があるのでしょうか?

また、意味はあるのでしょうか?

そこで今回は、グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスの由来や意味について調べてみました。


グナブリー(ニャブリ)のゴールパフォーマンスって、どんななの?

Serge Gnabry

引用:ニャブリ ゴールパフォーマンス – Twitter検索 / Twitter

グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスは独特で話題になりましたね。

では、どんなゴールパフォーマンスなのでしょうか?

グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスを見てみましょう↓

何かを混ぜている感じですね!

いったい、何をやっているのでしょうか?

気になります。

では、グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスの意味や由来について見ていきたいと思います。

グナブリー(ニャブリ)のゴールパフォーマンスの意味、由来は?

引用:Twitter

グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスの由来や意味は何なのでしょうか?

まず、ゴールパフォーマンスの由来はというと、NBAのジェームズ・ハーデン選手の真似をしたようです。

ゴールパフォーマンスで見せる左手を皿のようにし、右手でかき混ぜるような動きは、バスケットボール選手であるジェームズ・ハーデンを真似たものである。

引用:【注目選手】セルジュ・ニャブリ | バイエルン・ミュンヘン | DAZN News 日本

2人の動画を見ると、そっくりすぎます↓

独特なゴールパフォーマンスで印象的。

このゴールパフォーマンスの意味は、相手を料理してやる、相手を料理してやったぞという意味だそうです。

なぜ?ジェームズ・ハーデン選手が、こんなパフォーマンスをしていたのかというと、当時?料理にはまっていたからとのこと。

見ていると、ほっこりするパフォーマンスは良いですね。

グナブリー(ニャブリ)のゴールパフォーマンスを真似した選手は?

Serge Gnabry

引用:Twitter

トーマス・ミュラー選手が、グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスを真似ていました。

何でやっていたのかは不明ですが、トーマス・ミュラー選手がやると違和感がありますね・・・。

また、アルフォンソ・デイビス選手も真似ていたことがあるようです。

動画の後半に、グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスが出てきます。

グナブリー(ニャブリ)選手以外の選手のゴールパフォーマンスも似ていたように思えます。

この動画の中で最も注目を集めたのは、トーマス・ミュラー選手のところのようです。

「最後のミュラーのやつが最高」

「ミュラーのセレブレーションが最高に面白い」

「ミュラーのは正確だ」

引用:バイエルン若手MFの“モノマネ”が面白すぎる 大先輩ミュラーを華麗にいじる[映像アリ]|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう! (theworldmagazine.jp)

先輩をいじくるアルフォンソ・デイビス選手が可愛らしいですね。

今後もこんな動画を投稿してくれるとありがたい。

アルフォンソ・デイビス選手の動画に期待したいところです。

まとめ

今回は、グナブリー(ニャブリ)選手のゴールパフォーマンスについて書いてみました。

NBAのジェームズ・ハーデン選手の真似とは驚きました。

相手を料理してやったぜと意味も攻撃的な選手ならではのもので良いと思います。

今後も続けていくと思われますが、新しいゴールパフォーマンスにも期待したいところ。

Serge Gnabry

【歴代】セルジュ・グナブリー(ニャブリ)のクラブ、ドイツ代表での背番号は?

2022.06.05