グリーズマンの背番号7への拘りはあるのか?夏に長袖の理由は?

2019年7月27日に追記しました。追記は記事の後半部分です。

FIFA最優秀選手賞のノミネートで、グリーズマンがフランス代表からノミネートされておらず苦言を呈していたことは記憶に新しいですよね?

それに対して、セルヒオ・ラモスが、

「彼の無知さは非常に大胆だ。」

と批判したことで、ちょっとしたニュースになりましたね。グリーズマンの想いは叶わずに終わってしまいましたが、フランス代表の強さは記憶には残りましたね。

グリーズマンの不満もわかりますが、個人タイトルなので仕方のないことでしょうね。

そんなグリーズマンですが、フランス代表、アトレティコでも背番号7を付けていますね。

以前、ポグバの背番号について書いたことがありますが、グリーズマンは背番号に拘りがあるのでしょうかね?

フランス代表、アトレティコでも同じ背番号を背負っているということは、きっと拘りがあるはず。

今回は、グリーズマンの背番号への拘りとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、グリーズマンのプロフィールから見ていきたいと思います。


グリーズマンのプロフィールは、どんな感じなのか?

名前:アントワーヌ・グリーズマン

国籍:フランス

生年月日:1991年3月21日

出身地:マコン

身長::175cm

体重:72kg

在籍チーム:アトレティコ・マドリード

ポジション:FW

背番号:7

利き足:左足

13歳の時に、レアル・ソシエダの下部組織に入団し、本格的にサッカーをスタート。

そのまま順調に成長したグリーズマンは、18歳の時にリーガでデビューしたようです。

生まれは、フランスですが、サッカー選手として大切な時期はスペインだったんですね。

だから、リーガでもあれだけの成績をたたき出せているのですね。スペインで育ったと言っても過言ではないグリーズマン。

背番号7を付けているのは、ラウールが影響しているのかな?スペインで背番号7というとラウールしか思い浮かばないのですが・・・。

グリーズマンが背番号7に拘っている理由があるのか?調べてみました。いったい拘り?の背番号には意味があるのか?

グリーズマンが背番号7に拘っている理由はあるのか?

私は、グリーズマンが背番号7に拘っているのは、ラウールの存在だと思っていましたが違うんですね。

意外にも、元イングランド代表のベッカムの大ファンだったからだそうです。グリーズマンが、ベッカムファン?

ベッカムだと知って、ビックリしましたね!グリーズマンとプレースタイルが全然違いますし。

まあ、華やかな選手でしたし、サッカー以外でも有名ですからね。知らない人はいないはずですし。

ベッカムが、マンチェスター・Uにいた頃にファンになったのかな?それで、背番号7を付けたいと思ったのか?

それともイングランド代表の時の試合かな?ベッカムの影響は大きく、夏の試合でも長袖のユニフォームを着ているようだ。

そこまでの大ファンであれば、髪型とかも真似ないのかな?プレースタイルは真似しなかったのかな?

でも、背番号に拘りがあるっていう選手はいいものですよね!日本で言えば、三浦知良が背番号への拘りが強いことで有名ですからね。

グリーズマンのベッカムの大ファンということがわかり、ビックリしましたが、ベッカムの現在のサッカー界への貢献を考えると凄いですよね?

ハリー・ケインは、ベッカムのサッカースクールに通っていて、そこで知り合った女の子と結婚してますし。

残念ながら、ハリー・ケインは背番号9ですがベッカムとの絆はあるようですね。

こんな画像もありました↓

ベッカムは、いろんなところで大活躍しましたね!グリーズマンも背番号だけでなく、このような活動を行うようになるのでしょうかね?

その時には、背番号7に憧れる選手が多くなるのではないでしょうかね?クリスティアーノ・ロナウドも背番号7ですし。

グリーズマンの背番号への拘りはわかりましたが、プレースタイルはどうなのかについて書いていこうと思います。

憧れのベッカムと全然違いますが、グリーズマンは、どんなプレーを見せてくれているのでしょうか?

グリーズマンのプレースタイルは、どんな感じなのか?

ベッカムとは違い、グリーズマンは、FWがメインの選手ですね。

ウイングとかもやることとかあるので、ベッカムの影響は受けているかもしれませんね。

グリーズマンの最大の特徴としては、万能型のアタッカーという点でしょうね。現代サッカーは、万能型でないと務まりませんからね。

そこに嫌らしいのが、運動量があり、テクニックが備わっている点が嫌らしいところですね。

やはり、13歳からスペインで育ってきたことが影響しているのか?

フランス代表、アトレティコでも2トップの一角を務めていますが、違ったタイプの選手に合わせることが出来る器用さが売りの選手ですね。

しかも、相手に合わせるだけではなく、自分でも行ける技術も持っています。

スピードがありますし、何よりもシュートの精度が高い。さらに、バリエーションが豊富。

ミドルシュートといっても、ミサイルのような感じのシュートもあれば、上手く巻いて打ってくる場面もありますから。

エリア内であれば、GK、DFの場所を見てコースを付くシュートを打ってくるので、本当に嫌らしい選手だなと思いますね。

グリーズマンを見ていると、欧州の選手じゃないと思うこともありますね。南米の選手に近いような気がしますね。

今シーズンは、リーガも狙えるかもしれませんし、バルセロナはメッシが骨折中ですし、レアル・マドリードは、ゴタゴタしてますからね。

今年は、アトレティコに大きなチャンスだと思います。背番号7が、チームを優勝に導けるか注目ですね。

後は、チャンピオンズリーグもグループは突破できそうですし、どこまで勝ち進めるかも楽しみですね。

ここから追記しました。

アトレティコ最後のシーズンはチャンピオンズリーグ、リーガのタイトルを獲得することができなかったグリーズマン。

そして、とうとう、バルセロナに移籍をしましたね。

バルセロナはコウチーニョの退団を考えていて、グリーズマンに背番号7を渡すつもりであったのでしょう。

しかし、コウチーニョの移籍の話はまとまらず、グリーズマンの入団が決まった。

グリーズマンのバルセロナでの背番号は17となりましたが、背番号には7を残しましたね。

まあ、背番号7を譲ってくれとは言わなさそうですし、背番号17で新しい出発ということで良いのではないでしょうか?

コウチーニョが移籍した場合は、来シーズンから背番号7を身にまとうのか?グリーズマンの背番号の変更にも注目しましょう!

まとめ。

今回は、グリーズマンの背番号への拘りとプレースタイルについて書かせていただきました。

背番号の拘りに関しては、ビックリしましたね。ベッカムの大ファンだったなんて!

ベッカムが理由で背番号7を付けていて、夏でも長袖のユニフォームでいるなんてね・・・。

背番号だけでなく、そこまで拘るあたりグリーズマンが可愛く見えてしまいました。

プレースタイルについてですが、ベッカムの大ファンであるけれども、全然プレースタイルは違うんですよね。

大ファンとプレースタイルが同じになることはないですが、憧れていたなら少しは真似するのかなと思います。

真似をせずにグリーズマンは自分のプレースタイルを確立したわけですから良いことでしょう。

今度は、グリーズマンの大ファンという人が出てきて、背番号7に拘る子供が出てくるかもしれませんね。

※バルセロナへ移籍をしたグリーズマンですが、背番号17で出発することとなりました。

代名詞の背番号7ではありませんが、メッシ、スアレスと面白い攻撃を見せてくれることでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

ポグバの背番号への拘りはあるの?ワールドカップでも拘ったのか?

ハリー・ケインにも背番号への拘りがあった!その理由とは?

ネイマールが、バルセロナで背番号11を選んだ理由はあるの?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?

アレクシス・サンチェスの背番号の変化は、どんな感じであったのか?