ケヴィン・デ・ブライネの年俸の推移は?新契約締結で、いくらになったのか?

プレミアリーグ屈指のチャンスメーカーで、強豪マンチェスター・Cの司令塔として活躍するケヴィン・デ・ブライネ選手。

ドリブル、パス、シュートどれをとっても1級品で隙のない選手です。

また、味方を生かすポジショニングにも優れ、ケヴィン・デ・ブライネ選手がいるいないでチームが変わるほどの影響力があります。

W杯ロシア大会で日本代表と試合をしたので、ケヴィン・デ・ブライネ選手をこの時に知った方も多いのではないでしょうか?

今回は、ケヴィン・デ・ブライネ選手の年俸の推移について書いていきたいと思います。

参考サイト:What is Kevin De Bruyne’s Salary Per Week? | Salary Sport


ケヴィン・デ・ブライネの年俸の推移は?各クラブでの金額は?

ヘンク、チェルシー、ブレーメン、ヴォルフスブルクを経て、現在マンチェスター・Cに所属しているケヴィン・デ・ブライネ選手。

各クラブでの年俸はいくらだったのでしょうか?

それぞれ見ていきたいと思います。

※ヘンク、チェルシー、ブレーメン時代の金額は不明でした。

ヴォルフスブルク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin De Bruyne(@kevindebruyne)がシェアした投稿

ヴォルフスブルクでの年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2013-20144,212,000ポンド(約6億3900万円)81,000ポンド(約1220万円)
2014-20153,692,000ポンド(約5億6000万円)71,000ポンド(約1070万円)

チェルシーで出番がなかったことから、ケヴィン・デ・ブライネ選手はヴォルフスブルクに移籍。

チェルシー時代に、ブレーメンにレンタル移籍をして成功していたこともあり、良い移籍であったと思われます。

※ブレーメン時代の成績は、公式戦34試合10得点10アシストを記録しています!

加入1年目から主力として活躍し、2年目の2014-2015シーズンは大活躍し、チームをリーグ2位まで押し上げることに成功しました。

このシーズン、ケヴィン・デ・ブライネ選手は、ドイツ年間最優秀選手を受賞しました。

ヴォルフスブルクでの素晴らしいパフォーマンスを受けて、マンチェスター・Cからオファーが来ました。

そして、マンチェスター・Cに移籍を決断!

ヴォルフスブルクでの成績

  • 2013-2014:公式戦18試合3得点7アシスト
  • 2013-2014:公式戦51試合16得点28アシスト
  • 2013-2014:公式戦4試合1得点2アシスト

ヴォルフスブルクに在籍時のスーパーゴールです。ありえないですね↓

マンチェスター・C

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin De Bruyne(@kevindebruyne)がシェアした投稿

マンチェスター・Cでの年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2015-20167,800,000ポンド(約11億8300万円)150,000ポンド(約2270万円)
2016-20177,800,000ポンド(約11億8300万円)150,000ポンド(約2270万円)
2017-201811,960,000ポンド(約18億1400万円)230,000ポンド(約3490万円)
2018-201911,960,000ポンド(約18億1400万円)230,000ポンド(約3490万円)
2019-202011,960,000ポンド(約18億1400万円)230,000ポンド(約3490万円)
2020-202111,960,000ポンド(約18億1400万円)230,000ポンド(約3490万円)

ヴォルフスブルク時代の年俸の倍になっていますね。

ケヴィン・デ・ブライネ選手の活躍を考えれば、年俸は安いような気もしますが・・・。

マンチェスター・Cに加入したケヴィン・デ・ブライネ選手は、1年目から主力として活躍!

2016-2017、2017-2018シーズンではリーグ優勝に大きく貢献していますね。

カップ戦も多く優勝しており、マンチェスター・Cのタイトル獲得に大きく貢献してきたケヴィン・デ・ブライネ選手。

足りないものといえば、UEFAチャンピオンズリーグ優勝だけ!

2020-2021シーズンは準決勝まで勝ち進み、1stレグで勝利し、決勝進出に大手をかけています。

今シーズンこそ、UEFAチャンピオンズリーグ優勝できるのか?大きな注目ですね。

ケヴィン・デ・ブライネ選手がチームを優勝に導けるのか?楽しみです。

※2020-2021シーズン限りで退団するアグエロ選手のためにも優勝してほしいものです。

ケヴィン・デ・ブライネの年俸は?新契約締結で、いくらになったのか?

2021年4月に契約延長したケヴィン・デ・ブライネ選手。

気になる給料は週30万ポンド(およそ4600万円)+ボーナスのようです。

※週30万ポンドを年俸に直すと、約24億円です。

これで、プレミアリーグで3番目の金額となりました!

1、2位は以下の通りです↓

1位は、ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)で週給37万5000ポンド(およそ5700万円)。

引用:ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)プロフィール – 超WORLDサッカー! (ultra-soccer.jp)

2位は、ピエール=エメリク・オーバメヤング(アーセナル)で週給35万ポンド(およそ5400万円)。

引用:オーバメヤンは「プレミアで最も優れたストライカー」 驚異のシュート決定率に英注目 | フットボールゾーン (football-zone.net)

この2人に並ぶことはできるのか?注目したいところですね。

まとめ

今回は、ケヴィン・デ・ブライネ選手の年俸の推移について書いてみました。

ヴォルフスブルク移籍が大きなきっかけとなりましたね。

ドイツで経験を積み、マンチェスター・C移籍は理想的な展開であったと思われます。

新契約締結での年俸は凄いことになっていますね。

プレミアリーグ1位になれるのか?年俸もチェックしていきましょう!

ケヴィン・デ・ブライネの妻は美人!結婚はいつ?

2020.07.19