サウール・ニゲスが、バルセロナ移籍の可能性があった?いつのことなのか?

サウール・ニゲスは、アトレティコ所属の選手ですが、2019年の夏にバルセロナが獲得に動くかもしれないという報道がありました。

バルセロナは、その時には、フレンキー・デ・ヨングを獲得していたので、それ以上中盤の選手を増やす必要があるのかな?と思いました。

サウール・ニゲスは、アトレティコにいますし、バルセロナもネイマールのことで必死でしたからね。

そもそも、バルセロナに移籍は実現しそうもない話ですので。

サウール・ニゲス自身、アトレティコを愛していますし、簡単には引き抜けないでしょう。

引き抜くには高額な移籍金が必要ですし、バルセロナには必要ではないと思われます。

しかし、昔、バルセロナはサウール・ニゲスを獲得できるチャンスがありました。いったい、いつに話なのでしょうか?

バルセロナが、サウール・ニゲスを獲得できるチャンスは、いつあったのか?について書いていきたいと思います。


バルセロナが、サウール・ニゲスを獲得できるチャンスがあったのは、いつ?

バルセロナが、サウール・ニゲスを獲得できるチャンスがあったのは、2013年のことです。

ちょうど、ダビド・ビジャをアトレティコに放出した際に、サウール・ニゲスとハビエル・マンキージョを獲得できるというオプションが付いていたようです。

その当時のサウール・ニゲスの移籍金は4500万ユーロ(約58億円)だったようです。

それでも、高額な移籍金だと思われますが、バルセロナであれば問題ない金額だったはず。

ちなみに、2019年にバルセロナが獲得を狙った時には移籍金130億円以上となったことで、スペイン誌は「バルサがサウール・ニゲスを4500万ユーロで契約できた日」という特集が組まれたほど。

こんな特集を組まれると、バルセロナは悔しいですよね。

しかし、バルセロナがサウール・ニゲスを獲得できたとしても、ここまでの選手になれていたのかはわかりません。

アトレティコだったからこそ、ここまでの選手になったのではないのかなと思いますね。

では、もし、サウール・ニゲスがバルセロナに移籍をしていたら、どうなっていたのでしょうか?

足らればの話ですが、サウール・ニゲスがバルセロナに移籍をしていたら、どうなっていたのでしょうか?

そのことについて書いていきたいと思います。

サウール・ニゲスがバルセロナに移籍をしていたら、どうなっていたのか?

サウール・ニゲスがバルセロナに移籍していたら、どうなっていたのでしょうか?

アトレティコで魅せているハードワークをする選手にはならなかったでしょうね。

その時に、そういうプレースタイルであれば、バルセロナでは必要な選手になっていたでしょう。

今のバルセロナであれば、サウール・ニゲスのようなプレースタイルの選手は欲しがるのも無理がないと思いますね。

今のバルセロナは、アルトゥーロ・ビダルが中盤の守備をこなしてくれていますので、後継者として欲しかったはず。

サウール・ニゲスは守備だけではなく、攻撃のスイッチを入れることも可能です。

後方からのビルドアップやスペースを突いたスルーパスでチャンスメークもできます。

バルセロナとしたら、喉から手が出るほど欲しい選手ですが、今は、それができるフレンキー・デ・ヨングがいるので、ポジションが被ってしまいますね。

そうすると、どちらかがベンチになってしまいますので、サウール・ニゲスとしたら、アトレティコに残って正解でしたね。

バルセロナとしたら、二人そろっていれば心強いでしょうけれども。

バルセロナは、フレンキー・デ・ヨングで十分ですし、ファンからしたら、どちらかがベンチではなく、ライバルとして戦ってもらえた方が楽しめます。

昔に、バルセロナに移籍をしていたら、サウール・ニゲスが今ほどの選手にはならなかったでしょう。

シメオネ監督に鍛えられたことで、ここまで凄い選手なれたと思っています。

このまま、アトレティコでプレーをし続けて、リーガを面白くしてほしいですね。

バルセロナは、サウール・ニゲスよりもネイマールを何とかしてあげてください。

それが、バルセロナ、ネイマールにとっても良いことだと思われます。

サウール・ニゲスには、アトレティコ、スペイン代表で活躍を期待しています。

まとめ。

今回は、サウール・ニゲスがバルセロナに移籍する可能性があったことに関して書いてみました。

ダビド・ビジャのアトレティコへの移籍の際に、サウール・ニゲスがオプションに組み入れられていたことには驚きました。

当時の移籍金であれば、バルセロナであれば問題がなかったですが。

逃した魚は大きかったですね。それを言ってしまえば、どこのビッククラブにもあることなので仕方がないですね。

フレンキー・デ・ヨングを獲得したバルセロナには、サウール・ニゲスは必要ないと思いますし、どちらかがベンチとなれば、サッカーファンとしては悲しいですね。

サウール・ニゲスには、アトレティコで頑張ってもらい、リーガを面白くしてほしいと思うばかりです。

2019-2020は、バルセロナもレアルも調子が良くなさそうなので、アトレティコにもチャンスがあるかもしれません。

バルセロナ、レアル、アトレティコの3強で争われると思われますが、久しぶりにアトレティコの優勝が見てみたいです。

サウール・ニゲス始め、アトレティコの選手たちに期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

サウール・ニゲスのプレースタイルの特徴は?ポジションはボランチ?

【スペイン代表】 サウール・ニゲスが背負ってきた背番号は?現在は?

デ・ヨングのバルセロナ移籍は正解?プレースタイルは合うのか?

バルセロナが、アルトゥーロ・ビダルを獲得したのは、何故?

アレクシス・サンチェスは、バルセロナ退団について後悔はあったの?