【歴代】サッカー日本代表最強のゴールキーパーは誰?

2020年5月4日に追記しました。

大きい大会となると注目を浴びるゴールキーパー

一つのビックセーブでチームの流れを引き寄せてくれますし、ゴールキーパーにとっては日の当たる舞台ですよね?

近年は、個性が溢れるゴールキーパーが出てきているサッカー日本代表。

果たして、サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパーは誰なのでしょうか?

私の意見で、サッカー日本代表歴代最強ゴールキーパーのランキングを付けてみました。

近年のサッカー日本代表の選手となってしまいますが許してください。


【歴代】サッカー日本代表最強のゴールキーパーランキング!第3位から第5位。

誰が、サッカー日本代表歴代ゴールキーパーなのかについて書いていきたいと思います。

私の意見なので許してください・・・。

まず、第5位から行きたいと思います。

第5位:松永成立。

現在は、横浜F・マリノスのゴールキーパーコーチをされています。

覚えていらっしゃる方は多いと思われますが「ドーハの悲劇」を経験した選手の一人。

サッカー日本代表のゴールキーパーとしては小柄ですが、反射神経の良さや果敢な飛び出しでピンチを防いでいました。

「ドーハの悲劇」後もサッカー日本代表に選出されていましたが、川口能活の台頭もありクラブでもポジションを奪われてしまうことになってしまった。

しかし、W予選の活躍は色あせておりません。

日韓戦の左足でのセーブは有名な話!松永成立のスーパーセーブのシーンを見て見ましょう!

決勝点を取った三浦知良ではなく、松永成立にこの試合のMVPが渡されました。

サッカー日本代表のゴールキーパーが国際試合で取るなんて珍しい時代だったので覚えています。

W杯アメリカ大会で、松永成立の活躍を見たかったですね。

第4位:西川周作。

新世代のゴールキーパーとして注目を集めました。

特に、左足から繰り出されるキックの精度は、歴代ゴールキーパーの中では一番凄かったと思われます。

ゴールキーパーがビルドアップを要求される時代ですので、西川周作のような足元に技術があるゴールキーパーは重宝されます。

ちなみに、ビルドアップとは、

「構築する」という意味で、サッカーの場合は、「攻撃を組み立てる」ことを指す。 ゴールキーパーから、もしくはディフェンダーから、中盤、前線へとパスやドリブルで攻め上がっていく一連の動き、プロセス

西川周作は足元の技術も優れているので、現代的なサッカーをする選手で期待をしていたのですが、中々、サッカー日本代表に定着できずに残念です。

守備範囲も広く、高いポジショニングで相手の攻撃を防いでくれるのが魅力的だったので・・・。

ちょっと、インパクトがなかったかなと思われますね。

※実力は、十分ありましたよ!

西川周作の日本代表でのワンシーンを載せてみました。

サッカー日本代表でも稀なプレースタイルであったので、目立ったことには間違いありません。

第3位:川島永嗣。

W杯南アフリカ大会からロシア大会まで、サッカー日本代表の正ゴールキーパーとしてピッチに立っていました。

今のところ、歴代サッカー日本代表の中でW杯最多出場を記録しています。

川島永嗣=ドヤ顔というイメージがついてしまいましたが、気合の入ったプレーは凄まじいです。

W杯ロシア大会のセネガル戦では、大きなミスをしてしまい、セネガルに先制点を与えるなど危ないプレーもありましたが、一度、スイッチが入るとスーパーセーブ連発。

サッカー日本代表のゴールキーパーの中でも記憶に残る選手ですね。

安定感では、西川の方が上ですが、気迫や周りを鼓舞する姿勢などが評価をされたのでしょうか?

サッカー協会、監督からの信頼の厚さで勝ち取ってきた部分があると思われます。

※川島永嗣は語学が堪能で、外国人監督とのコミュニケーションという面では大きな役割を担っていたことでしょう。

コパ・アメリカ2019でも若き、サッカー日本代表を引っ張る存在として選出されました。

もしかしたら、W杯カタール大会にも選ばれるかもしれないですね!

まだ、現役で頑張っているのでピッチに立っている姿を見てみたいですね。

※川島永嗣は、意外とPK戦に強いと有名。

PK戦での川島永嗣の凄さを見て見ましょう!

この気迫は、誰にも真似できないかもしれません。

第3位から第5位までのサッカー日本代表歴代ゴールキーパーランキングについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

歴代というと、昔に凄いゴールキーパーの選手がいたかもしれませんが、近年のゴールキーパーの方がレベルは高いでしょう。

それでは、サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパーは誰なのでしょうか?第1位、第2位の選手について書いていきたいと思います。

【歴代】サッカー日本代表最強のゴールキーパーランキング!第1位、第2位。

サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパは誰なのでしょうかね?まずは、第2位から書いていきたいと思います。

第2位:川口能活。

1位じゃないの?と言われるかもしれませんが、私の中では、第2位ですね。

川口能活も新しい時代のゴールキーパー像を作ってくれました。小柄ですが、反射神経が良く、飛び出しもOK!

サッカー日本代表の歴史を作る場面には、川口能活がゴールマウスに立っていました。

アジア杯のヨルダン戦の時は神がかっていましたし、アトランタオリンピックではブラジル代表相手に失点ゼロで抑えて「マイアミの奇跡」の立役者となりました。

サッカー日本代表の歴代ゴールキーパーの中では一番印象が強い選手であったと思います。

ただ、空中戦に弱い部分があるのとムラがあるところがあるので、歴代最強のゴールキーパーとは言えないような気がしまして、第2位にさせていただきました。

第1位:楢崎正剛。

安定したシュートストップとハイボールの強さで、サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパーに選ばせていただきました。

見ている方もプレーしている選手も安心して、ゴールマウスを任せられたのではないでしょうか?

川口能活というライバルがいたからこそ、楢崎正剛も成長できたと思われますし、二人そろっていたから、サッカー日本代表のゴールキーパは、層が厚かったのかなと思われます。

2010年にはゴールキーパーで初めてJリーグMVPを獲得するなど新しい歴史も作ってくれました。

間違いなく、サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパーであったと思われます。

今は、現役を引退し、解説者などで活躍をしていますが、次世代のゴールキーパー育成に力を注いでほしいですね!

以上が、サッカー日本代表歴代最強ゴールキーパランキングでした。

やっぱり、見ている限りでは、近年のゴールキーパーの選手の方が歴代ゴールキーパートップ〇〇というように評価されると思われます。

まだまだ、サッカー日本代表のゴールキーパーのレベルは世界レベルではないと言われていますが、近い将来、世界レベルのゴールキーパーが出てきてくれると嬉しいですね。

その点では、シュミット・ダニエルに期待をしているのですが、歴代最強ゴールキーパー人と肩を並べることができるのか?注目したいですね!

※今のところ、川島永嗣を脅かすゴールキーパーは出てきていないかもしれません。

直近のサッカー日本代表では、権田修一が正ゴールキーパーを務めています。

ポルティモネンセでスタメンを勝ち取りましたし、スケールアップを期待しています。

後は、東京オリンピック代表候補の大迫敬介に期待をしているところ。

どんな選手かについてはコチラ→大迫敬介のプレースタイルは?最大の特徴は、メンタル?

まとめ。

今回は、サッカー日本代表歴代最強ゴールキーパについて書かせていただきました。

私の勝手な意見でのランキングでしたが、いかがでしたでしょうか?

安心して試合を見ていられるのが、楢崎正剛かなと思い、第1位にさせていただきました。

圧倒的な安定感やハイボールの処理は素晴らしいとしか言いようがないです。

サッカー日本代表歴代ゴールキーパーを見ていると、それぞれ大きな特徴を持っている選手が多いので、これからのゴールキーパーには何か大きな武器を持っていてほしいですね。

現在のサッカー日本代表は、東口順昭、権田修一、シュミット・ダニエルの3人がメインですが、新しく競争に入ってきてくれるゴールキーパーに期待をしたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】サッカー日本代表で最高のフォワードは?期待の若手は?

【歴代】サッカー日本代表の最高のセンターバックは誰?

【歴代】サッカー日本代表監督ランキング。最高監督は、誰?

【歴代】サッカー日本代表のコーチは個性派が多いのか?

【歴代】サッカー日本代表のスーツは、どんなデザインだったのか?