サッカー日本代表のスパイクで多いのは、どこのメーカー?

2019年10月1日に追記しました。追記は後半部分です。

サッカー日本代表選手のスパイクは、ナイキが多いのでしょうか?

大迫勇也がアシックスからナイキに変えたり、遠藤航がプーマと契約したりなど、サッカー日本代表選手のスパイク契約するメーカーも変わりつつあります。

今後も、サッカー日本代表選手の中で、スパイクの契約会社が変わっていく可能性が高いのかなと思われます。

そんな、サッカー日本代表選手のスパイクですが、どこのメーカーが多いのでしょうか?やはり、ナイキが多いのでしょうか?

今回は、サッカー日本代表選手のスパイクのメーカーについて書いていきたいと思います。

まずは、どの選手が、どこのメーカーのスパイクを使用しているのかについて見ていきたいと思います。


サッカー日本代表選手が使用しているスパイクのメーカーは?~守備陣~。

サッカー日本代表選手のスパイクは、どこのメーカーが多いのでしょうか?

アジア杯のメンバーの中で書いていきたいと思います。主に試合に出ていた選手限定で書いていきます。

まずは、ゴールキーパーから見ていきたいと思います。

全試合に出場した権田修一。味方との連携に不安はありましたが、時折見せるスーパーセーブで、サッカー日本代表を救いました。

権田修一が使用しているスパイクは、アディダス プレデター 19.1。

権田修一は、意外にもアディダスのスパイクだったのがビックリしましたが、スポンサーのアディダスは、サッカー日本代表の選手が、アディダスのスパイクを使用してくれるのは嬉しいことでしょう。

続いては、ディフェンダー陣。最年長でありながら衰え知らずの長友佑都。長友佑都が使用しているスパイクは、ナイキ マーキュリアル スーパーフライ 6 エリート。
遠藤航、ナイキ ティエンポ レジェンド 7 エリート。冒頭にも書きましたが、遠藤航はプーマと契約をしたので、ナイキのスパイクでの代表戦は最後みたいですね。

冨安健洋が使用しているスパイクは、ナイキ ティエンポ レジェンド 7 エリート。遠藤航と同じスパイクですね。

ナイキ側が用意したのでしょうか?冨安健洋は、この大会で株を上げましたからね。この夏の移籍で、どこに移籍するのか?注目です。

サッカー日本代表の不動の右サイドバックの酒井宏樹は、ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 12 エリート。

絶対的な存在ですが、アジア杯では物足りなかったような気がします。コパ・アメリカに参加できるのであれば期待したいですね。

最後に、サッカー日本代表キャプテンの吉田麻也。吉田麻也が使用しているスパイクは、ミズノ レビュラ 2 V1 JAPAN。

サッカー日本代表キャプテンは国産ブランドを使用されているのですね。決勝では、判定に泣かされたところがありましたが貢献度は大きかったですね。

ディフェンスラインだけでなく、チームの生命線なので、今後も頑張って欲しいですね。

サッカー日本代表の守備陣は、ナイキのスパイクの割合が多いですね。遠藤航がプーマに変更したので、ナイキのスパイクの割合が少し減りましたね。

続いては、サッカー日本代表の攻撃陣のスパイクを見ていきたいと思います。

サッカー日本代表選手が使用しているスパイクのメーカーは?~攻撃陣~。

サッカー日本代表で注目されている攻撃陣。いったい、使用しているスパイクは、どんなものなのでしょうか?

まずは、サッカー日本代表では中心的な人物の一人、柴崎岳。柴崎岳が使用しているスパイクは、アンブロ アクセレイター プロ。

サッカー日本代表では珍しいですよね?柴崎岳が好んでアンブロと契約されたと思いますので、柴崎岳に合ったスパイクなのでしょう。

続いては、原口元気。アジア杯では、本職の左サイドでのプレーでした。攻守に渡り、豊富な運動量で貢献していましたが、少し物足りなかったような気がします。

原口元気であれば、もっとできたと思うので、コパ・アメリカに出られるのであれば期待したいですね!

サッカー日本代表の攻撃の軸の一人である南野拓実は、アディダス ネメシス 18+。

アディダスも嬉しいことでしょう。サッカー日本代表のスポンサーであるので看板選手がスパイクを使用してくれると有難いですよね。

アジア杯で、初の国際大会に出場した北川航也。森保監督の期待に応えられなかった大会ですが、この悔しさをバネに成長してくれることでしょう。

そんな北川航也が使用しているスパイクは、プーマ ワン 19.1 CC。

北川航也は、プーマと契約をしているのでしょう。岡崎慎司のプレースタイルに似ていることから「岡崎2世」と呼ばれています。

先輩に近づけるように、日々、頑張って欲しいですね!

サッカー日本代表の攻撃の柱である大迫勇也。大迫勇也は、アシックス DSライト X-FLY 3 SL。

大迫勇也がアシックスのスパイクを使用するのは、この大会が最後になりましたね。ナイキに戻ってしまいました。

大迫勇也がナイキと契約したことは大きく取り上げられましたね。シーズン中の契約変更ということだったので。

アシックスとしたら大きな痛手であったことでしょう。逆にナイキは良かったですね。

最後に、サッカー日本代表で注目度抜群の堂安律。堂安律が使用しているスパイクは、ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 12 エリート。

酒井宏樹と同じスパイクですね。堂安律が使用しているスパイクであれば注目度は抜群だと思いますので、ナイキも嬉しいことでしょう。

調子が良くないのか?コンディションが良くないのか?サッカー日本代表とクラブでインパクトある活躍ができていませんが、そろそろ慣れてくると思われるので温かく見守っていましょう。

アジア杯に参加できなかった中島翔哉が使用しているスパイクについても触れてみたいと思います。

サッカー日本代表10番が使用するスパイクは、アディダス ネメシス 18.1のようです。

中島翔哉のスパイクがアディダスということは、アディダス側にとって嬉しいでしょうね。

これで、サッカー日本代表の10番はアディダスという流れは続いて行けそうですね。

アジア杯でのサッカー日本代表選手が使用しているスパイクはナイキが一番多いようですね。(調べてみた結果ですが)。

これからもナイキが独占?していくのでしょうか?それとも他のメーカーのスパイクを使用する選手が増えてくるのか?注目したいところですね!

ここから追記しました。

サッカー日本代表のスパイクについて書いてみましたが、変なニュースが飛び交いましたね。

中島翔哉のスパイクが真っ黒で、どこのメーカーなのかわからないといった声が出ていましたね。

アディダスと契約しているはずなのですが、スパイクを真っ黒にする必要があるのかと。

イスコ、ディバラが真っ黒なスパイクを履いていて話題になったことがありましたが、真似をしたのかと思いきや、そうでもなさそう。

どうやら、違うメーカーのスパイクを履いていたようです。そうなると、サッカー日本代表背番号10番がはく奪されるのでは?という声も出ていました。

昔から、サッカー日本代表のスポンサーであるアディダスと契約している選手が背番号10を背負っていましたが、中島翔哉が別のスパイクを使用していたとなると・・・。

なるかもしれませんね。もう、そういったこと抜きで背番号を決めてもらいたいのですが、どうなるのでしょうか?

今後の動向に注目したいです。

後は、今盛り上がっているラグビーW杯。ラグビー日本代表の選手の半数が、サッカーのスパイクを使用していることには驚きました。

メーカーさん、嬉しいでしょうね!サッカーとラグビーで注目されますので!

ラグビーのバックスのポジションの選手が多く使用しているみたいですね。

ステップワークを重視するポジションみたいなので、ラグビー用よりもサッカーのスパイクが良いとのことです。

やっぱり、ラグビー日本代表もナイキのスパイクを多く履いているようなので、サッカースパイクの市場が大きくなるかもしれませんね。

ナイキは、ラグビー用を販売していないようなので、これから進出してくるかもしれません。他のメーカーからしたら嫌ですね。

サッカー日本代表だけでなく、ラグビーの選手の足元にも注目すると面白いかもしれません。

まとめ。

今回は、サッカー日本代表選手のスパイクについて書かせていただきました。

2019年アジア杯で主力選手のスパイクの紹介ですが、思っていたよりナイキのスパイクを使用する選手が少なかったことが意外でした。

今後もナイキが強いと思われますが、他のメーカーも営業努力をしてメーカー変更と言う話も出てくることでしょう。

大迫勇也や遠藤航のようにしようスパイクが変わる選手が出てくると思われるので、サッカー日本代表選手が使用するスパイクに注目すると面白いかもしれませんね。

丁度、シーズンも終わる頃なので、スパイクが変わる選手も増えてくるかもしれないです。




欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表の愛称は、どうやって決まるのか?いつからあるの?

サッカー日本代表のエンブレムは歴史が浅い?デザインは変わったの?

【一覧】サッカー日本代表の海外組の選手紹介!

サッカー日本代表で、最強世代はどの世代が最強であったのか?

サッカー日本代表で刺青を入れている選手は?規則とかはあるのか?