【歴代】サッカー日本代表最強のボランチコンビは誰と誰?

近年、サッカー日本代表のボランチのポジションには素晴らしい選手がそろってきましたね!

それに伴いボランチのポジションにも注目が集まるようになってきました。

誰と誰を組ませた方が良い!

といった意見も多く出てきている状況です。

そこで、今回は、サッカー日本代表の歴代ボランチコンビは誰と誰なのか?

ランキング形式で書いていきたいと思います。

※私独自の意見なのでご了承ください。


現在のサッカー日本代表最強のボランチコンビは?と話題に!

スポルティーバさんの企画で、サッカー識者が選ぶサッカー日本代表のボランチ最強コンビが特集されていました。

やはり、遠藤航選手が外せない選手として、識者の方々から支持されています。

おそらく、遠藤航選手は、サッカー日本代表歴代最高峰のボランチとして語り継がれていくことでしょう。

その遠藤航選手と誰が良いのか?で話題となっているわけですが、過去のサッカー日本代表の最強ボランチコンビは誰と誰なのでしょうか?

私見ですが、ランキング化してみました。

【歴代】サッカー日本代表最強ボランチコンビは?

サッカー日本代表最強ボランチコンビのランキングを作成してみました。

誰と誰のコンビが最強だったのか?見ていきましょう。

第5位:稲本潤一と戸田和幸

第5位は、稲本潤一選手と戸田和幸氏

どちらの選手もボール奪取能力に長けている選手。対人守備にも定評がありましたね!

稲本潤一選手はボール奪取能力に優れていましたが、攻撃力も持ち合わせており、攻守にわたりチームを支えていました。

戸田和幸氏は、豊富な運動量とスプリントで相手の攻撃の芽を摘んでくれていました。

優れた戦術眼は、このチームの大きな武器となっていたように思えます!

この2人のボール奪取能力は、歴代のボランチを見ても最高クラスではないでしょうか?

W杯日韓大会は、稲本潤一選手の2得点でグループステージ突破を決めましたね↓

第4位:柴崎岳と長谷部誠

第4位は、柴崎岳選手と長谷部誠選手。

互いの良さを出し合えるボランチコンビであったと思われます。

柴崎岳選手のゲームメイク能力と長谷部誠選手の危険察知能力、カバーリングと良きコンビでありました。

長谷部誠選手がいたからこそ、柴崎岳選手の良さが活かされていたような気がします。

本当にバランスが取れた2人だったと思いますね。

最近、柴崎岳選手がサッカー日本代表に選出されていないことが気になりますが、それだけボランチの選手層が厚くなったということでしょう。

第3位:名波浩と稲本潤一

第3位は、名波浩氏と稲本潤一選手。

攻撃的な2人が組みましたが、意外と機能しました。

名波浩氏がバランスを取りながらゲームメイクを行い、稲本潤一選手がボール奪取を行うといった形。

稲本潤一選手は隙あらば、攻めあがるといった感じでした。

この時のチームは中盤の底から、長短混ぜたパスでゲームを組み立てる名波浩氏が効いていましたね。

危険察知能力が高かったので守備でも貢献していた印象があります。

時折見せる遊び心のあるプレーは大好きでしたね。

名波浩氏がわかる動画を載せてみました↓

第2位:柴崎岳と遠藤航

第2位は、柴崎岳選手と遠藤航選手。

期待を込めて、2位にしました!最近、柴崎岳選手が呼ばれていないことが気になりますが・・・。

柴崎岳選手のゲームメーク能力と遠藤航選手の守備能力のバランスは良く、連携面も問題がないと思われます。

上手く縦関係を築けているので、長谷部誠選手とのコンビを見ているような感じがします。

フリーキックもあるので、サッカー日本代表に戻ってきてほしいものです。

ただ、新戦力の台頭もあり、最近呼ばれていないことが懸念材料!

田中碧選手がオリンピック終了後、A代表入りするはずなので居場所がなくなるかもしれませんね。

もう1度、サッカー日本代表に戻ってこられるようなパフォーマンスをし続けてほしいです。

第1位:遠藤保仁と長谷部誠

第1位は、遠藤保仁選手と長谷部誠選手。

何が凄いかと言えば、2人の絶妙なバランス感覚でしょう!

遠藤保仁選手はボールを回すために顔を出すようにプレーをしていました。

この気の利いたプレーは、チームの大きな助けになっていたと思われます。

その遠藤保仁選手のサポートに入れるように、長谷部誠選手は動いていたように思えますね。

万が一、ボールを奪われた時に、いつでも奪い返せるように構えていました。

元サッカー日本代表の名波浩氏もこのボランチコンビを絶賛していました↓

「バランス感覚の良さが一番のポイントだと思います」

「主に配球に入っている遠藤と、その配球のためにいい立ち位置を取って周りを活かす長谷部。どちらかと言えば、遠藤のほうがボールに触る回数も多いし、攻撃的な印象なんだけど、ポジション的には遠藤がちょっと後方に構えている。長谷部は斜に構えるというか、ナナメにアングルをとって、常に前へのサポートや、ボールを奪われた後のケアを考えている感じですかね」

引用:【名波浩が徹底分析】何故、遠藤と長谷部は不動の存在なのか?(前編) | フットボールチャンネル (footballchannel.jp)

守備のバランスも良く、見ていて心強いコンビでしたね。

ここ数年、サッカー日本代表のボランチの選手層が厚くなっており、この名コンビ以上のコンビが出てくるかもしれません。

現在のサッカー日本代表は、遠藤航選手が軸となり、誰が相棒になるのかが注目になっています。

U-24日本代表でコンビを組む田中碧選手あたりが候補になってくると思われます。

守田英正選手とも良い感じがしますし、迷いますね。

個人的には、川崎フロンターレの大島僚太選手とのコンビが見てみたいですが・・・。

大島僚太選手であれば、かなり面白いサッカーが展開できると思っています。

1度試してもらいたいですね。

ボランチのポジションは、今後も激しい争いが予想されます。

歴代の名ボランチコンビを超えるコンビが出てくることに期待しましょう!

その時には、サッカー日本代表が上のレベルに行っていると思われます。

まとめ

今回は、サッカー日本代表歴代最強ボランチコンビについて書いてみました。

遠藤保仁選手と長谷部誠選手のボランチコンビを超える存在は見当たりませんが、遠藤航選手を軸としたコンビに期待したいところです。

田中碧選手、守田英正選手らの台頭があり、ポジション争いが激しくなってきました。

最近、サッカー日本代表に召集されていない柴崎岳選手もいます。

また、今後台頭してくる選手もいるでしょう。

今後もサッカー日本代表のボランチのポジションから目が離せなくなりますね!

【歴代】サッカー日本代表キャプテンは?1968年から現在までまとめてみた!

2021.07.19