【歴代】サッカー日本代表最強ボランチコンビは?

サッカー日本代表のボランチというと、攻撃的な役割と守備的な役割に分かれていますよね?

良いバランスを保ちながら、ゲームを組み立てている印象が強いです。

ボランチの選手と言っても、様々な選手がいましたし、組み合わせも多い。

そこで、今回は、サッカー日本代表最強ボランチコンビについてランキングを作成してみました。

※私独自の意見なのでご了承ください。


【歴代】サッカー日本代表最強ボランチコンビは?

サッカー日本代表最強ボランチコンビのランキングを作成してみました。

第5位:稲本潤一と戸田和幸

どちらの選手もボール奪取能力に長けている選手。

攻撃的な役割が、稲本潤一。守備的な役割が、戸田和幸。

稲本潤一は、強靭なフィジカルを武器にドリブル、ミドルシュートで攻撃参加をするのが特徴。

守備面でもフィジカルを生かしたボール奪取は素晴らしく、そこからのロングフィードで攻撃を組み立ててくれていました。

戸田和幸は、優れた戦術眼を武器に中盤でボールを奪取する役割を全う。

W杯日韓大会では「影のMVP」と呼ばれるほど貢献度が高かったです。

豪華攻撃陣を支え、サッカー日本代表をベスト16まで進出させたのは、戸田和幸と言われても不思議ではなかったほどのパフォーマンス。

稲本潤一が攻撃に行けたのも、戸田和幸が後ろにいてくれるからという安心感があったのかもしれません。

その結果、稲本潤一はW杯日韓大会で2得点を挙げる大活躍!

第4位:柴崎岳と長谷部誠

互いの良さを出し合えるボランチコンビであったと思われます。

柴崎岳のゲームメイク能力と長谷部誠の危険察知能力、カバーリングと良きコンビでありました。

柴崎岳は、長短混ぜたパスで、ゲームのリズムを変えてくれています。

ただ、柴崎岳は守備がもろく、フィジカルも問題視されています。ここを長谷部誠が上手くカバーしてくれていたので輝けたのでしょう。

長谷部誠は、ドイツで磨かれた危険察知能力、カバーリングで周囲のサポートを得意としています。

長谷部誠のおかげで未然にピンチを防げたことも多かった。いるといないでは別のチームになるほどの影響力。

これほど、影響力のある選手はいなかったかもしれませんね。

第3位:名波浩と稲本潤一

※画像は、アジア杯レバノン大会のものではありません。

攻撃的な2人が組みましたが、意外と機能しました。

名波浩がバランスを取りながらゲームメイクを行い、稲本潤一がボール奪取を行うといった形。

中盤の底から、長短混ぜたパスでゲームを組み立てる名波浩が効いていましたね。

また、危険察知能力が高かったので守備でも貢献していました。

時折見せる遊び心のあるプレーは大好きでしたね。

名波浩がわかる動画を載せてみました↓

第2位:柴崎岳と遠藤航

期待を込めて、2位にしました!

期待したい理由は、遠藤航の成長した姿。ドイツでも認められるほどの選手となり、もう一皮むけるのか?楽しみ。

もともと守備には定評があり、空中戦も強く、現代サッカーに適した能力を兼ね備えていました。

そこに加え、効果的な縦パスを供給するようになり、攻守レベルの上がった姿を見せてくれています。

柴崎岳の守備力が上がってくれば、サッカー日本代表最強のボランチコンビになれるかもしれません。

第1位:遠藤保仁と長谷部誠

第1位は、遠藤保仁と長谷部誠のコンビですね。

何が凄いかと言えば、2人の絶妙なバランス感覚でしょう!

遠藤保仁はボールを回すために顔を出すようにプレーをしていました。

遠藤保仁のサポートに入れるように、長谷部誠は動いているのです。

万が一、ボールを奪われた時に、いつでも奪い返せるように。

守備時では、カウンターを食らった時のポジショニングが良く、ピンチを防いでくれていたと思われます。

※このころのサッカー日本代表は、ポゼッションサッカーをしていたのでカウンターを食らいやすい状況でした。

この2人は、自分たちで考え、ピッチ上で表現できるので歴代最強と呼ばれるのだと思います。

実際に、この2人の穴を埋める選手は見当たりませんしね。

柴崎岳と遠藤航のコンビが、どれだけ近づけるのか?楽しみです。

ロストフで活躍をしている橋本拳人が割って入ってくるのかにも注目しましょう!

まとめ。

今回は、サッカー日本代表歴代最強ボランチコンビについて書いてみました。

遠藤保仁と長谷部誠のボランチコンビを超える存在は見当たりませんが、柴崎岳と遠藤航に期待したいところです。

この2人も年齢的に上の方になっているので、脅かす存在が出てこないかな?

サッカー日本代表の生命線ともいえるボランチに頼もしい選手が多く出てきてくれることを期待しています。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】サッカー日本代表最強のゴールキーパーは誰?