サッカー日本代表で背番号10が似合っていた選手は誰?

2020年3月28日に追記しました。

サッカー日本代表の背番号10というと、アディダスが絡んでくることで有名ですよね。

サッカー日本代表のスポンサーであるので、背番号10は、アディダスと契約している選手でないと背負えないという伝説があります。

ここ数年のサッカー日本代表の背番号10を見ていると、アディダスと契約している選手が、背番号10を背負っていますね。

たまに、アディダスではない選手が、サッカー日本代表の背番号10を背負っている時もありましたが、緊急事態ということで背負っていたということのようです。

サッカーにおける背番号10は期待が大きいですが、サッカー日本代表の背番号10で一番似合っていたのは誰なのでしょうか?

今回は、サッカー日本代表で背番号10が似合っていた選手についてランキングを作成してみました。

ランキングは、わたくし独自の視点で選ばせていただいたので、許してください。


サッカー日本代表で背番号10が似合っていた選手のランキング!

いったい、誰が、サッカー日本代表の背番号10が似合っていたのでしょうか?

ランキングの基準としては、見ているものに期待をさせてくれる、楽しませてくれる選手が基準となります。

では、早速、第5位から行きましょう!

第5位は、ラモス瑠偉です。

日本サッカーが大きく変わる時に、サッカー日本代表の背番号10を背負っていました。

繊細なボールタッチと遊び心溢れるプレーで見る者を魅了してくれました。

パサータイプの選手かと思えば、ドリブルも上手く、シュートは芸術的!

サッカー日本代表の試合ではありませんが、1994年のチャンピオンシップのサンフレッチェ広島戦でのループシュートは伝説です。

日本人以上に日本を愛する人としても有名でしたね。サッカーの楽しさを教えてくれる名選手でした。

まさに、背番号10が似合う選手であったと言えます。

続いて、第4位は名波浩。

左足から繰り出される長短混ぜたパスは見事としか言えないです。

さらに、中盤のバランスを取る能力にも長け、視野の広い選手であったと思われます。

目立つようなプレーは多くはないですが、名波浩からのパスは見ていて楽しかったです。

名波浩のベストゴールと言えば、2000年のアジア杯でのボレーシュートでしょう。

中村俊輔からのコーナーキックをダイレクトで突き刺した技術は凄いとしか言えません。

第3位は、意外かもしれませんが、中山雅史。

クラブでは、背番号9を背負っていましたが、2002年W杯日韓大会で背番号10を背負うことになりました。

何故、サッカー日本代表の背番号10を背負うことになったのかと言うと、中村俊輔の落選が理由の一つでしょうね。

後は、名波浩が怪我で間に合わなかったこともあると思います。

私は、中山雅史の背番号10は良かったと思いますね。何かをしてくれるという期待を持たせてくれる選手だからです。

ゴール前でのポジショニングが良く、どんな形でもゴールにねじ込むといったプレースタイルは見る者を魅了していました。

W杯で途中出場する時に、サポーターが騒ぎ出し、相手チームのサポーターが、「凄い選手が出てくるのか?」と思ったらしいです。

ある意味、背番号10が似合っていた選手だったと思います。

第2位は、香川真司ですね。

様々な苦労がありましたが、W杯ロシア大会でのパフォーマンスは良かったと思います。

全盛期のドルトムントでの活躍を知っている方であれば、何か期待ができる選手であったと思ってくれるはず。

細かいエリアでのボールキープや反転の速さを武器に、今までのサッカー日本代表の背番号10と違った感じの選手です。

パサーでもありますが、どちらかと言うとパスをもらってフィニッシュまで行く方が得意な感じがしますね。

パサータイプが多い、サッカー日本代表の背番号10の中では珍しい選手。

サラゴサを1部昇格に導いて、代表復帰を狙いたいところ。

今は、サッカー日本代表が停滞しているのでチャンスだと思います!

第1位は、中村俊輔でしょう。

背番号10が、本当に似合う選手であったと思われます。

左足から繰り出されるパス、シュート、フリーキックは本当に世界レベルでした。

ファンタジスタという言葉が良く合うなと思わされましたね。イマジネーション溢れるプレーは見ている者をくぎ付けにしていましたね。

ハリルホジッチ監督が、中村俊輔ほど理想の背番号10はいないと言っていたほど。

嘆いていましたからね、もう少し若ければと。

W杯では良い結果を残せませんでしたが、数多くの名場面を見させてくれた中村俊輔には感謝です。

以上、5人が、サッカー日本代表で背番号10が似合う選手のランキングでした。

私の独断で決めさせていただいたので、反論も多いと思われますが、お許しを・・・。

過去には、

1983~1987年:木村和司

1988~1990年:大榎克己

1995年:岩本輝雄

2008年:山瀬功治

2015年:興梠慎三

2017年:森岡亮太

2019年:乾貴士

と背負ってきました。

では、現サッカー日本代表の背番号10を背負う中島翔哉は、どうでしょうか?

次は、現サッカー日本代表の背番号10を背負う中島翔哉について書いていきたいと思います。

中島翔哉は背番号10が似合っているのか?

中島翔哉こそ、サッカー日本代表の背番号10が似合う選手だと思います。

※アディダスからミズノに契約を変えたため、変わる可能性がありますね・・・。

理由としては、見る者に期待を抱かせることもありますが、呆れるくらいサッカーを楽しんでやっているからです。

サッカー日本代表の試合を見ていると、中島翔哉は楽しそうにサッカーをやっているんですよね。

相手にとってはイライラするでしょうけど、それが中島翔哉だから仕方ないんです。

細かいボールタッチで相手を翻弄し、攻撃のスイッチを入れてくれます。

堂安律、南野拓実と「三銃士」と呼ばれていますが、中島翔哉がいないと機能しません。

パスも上手いですが、ドリブルで仕掛けて、カットインからのシュートやクロスを上げるプレーが得意。

今までのサッカー日本代表の背番号10と違ったプレーを見せてくれます。

サッカー日本代表の新しい背番号10の形を作り出してくれることでしょう!

これから、長い間、中島翔哉が背番号10を背負っていくことになると思われます。

彼ほどに合う選手はいませんので。

ポルトでも背番号10になりましたし、中島翔哉のプレースタイルが見る者に何かを期待させるからなのでしょうね。

背番号は何番でも良いと言っていますが、そろそろ背番号10に愛着がわいてくるのではないかなと思われます。

誰が背番号何番になるのかは、大体わかるところはありますが、そろそろ新背番号にならないかなと思いますね。

※ここから追記をしました。

現段階では、中島翔哉が背番号10ですが、次世代の選手で似合いう選手は誰なのでしょうか?

次世代の日本代表候補で、背番号10が似合う選手について書いてみたいと思います。

次世代の日本代表候補で背番号10が似合う選手は?

次世代を担う選手の中で、背番号10が似合う選手は誰がいるのでしょうか?

恐らく、1番手に挙げられるのが、久保建英だと思われます。

持っているモノは本物ですし、周りが期待をするプレーを披露してくれます。

周りを活かすこと、自分を活かすこともできる才能を持っているので、非常に楽しみな存在!

近い将来、久保建英が中心となり、チーム作りをしていくことでしょう。

期待が大きいのは良いのですが、周りが騒ぎすぎているので、少し騒がないでいた方が良いかもしれません。

中井卓大も期待をしている選手ですね。

従来の日本代表の10番に近いタイプの選手。中盤の底で、ゲームを組み立てることのできるボランチ。

足元の技術もあり、チームの中心選手として活躍が期待されています。

まだ、フィジカルが弱いことが弱点ですが、克服してくれると信じています。

技術は問題ないので、フィジカル面が向上すれば、A代表に呼ばれる日も近いでしょう。

最後に、もう1人。

安部裕葵ですね。

名門・鹿島アントラーズで背番号10を背負い、プレーをしていました。

バルセロナBでプレーをしていますが、能力は素晴らしい!

ドリブルのイメージが強いですが、万能型なアタッカータイプ。

ドリブルは、もちろん、予想もしないプレーも魅力的です。この選手も見るものに期待をさせる選手なので期待をしています。

バルセロナで、どこまで伸びるのか?注目しましょう!

この3人が次世代を担う選手であり、将来の日本代表の背番号10を背負う可能性が高いと思われます。

背番号10が似合う、似合わないで考えると、久保建英はイメージがわかないですね。

安部裕葵が似合うかなと思います。

オリンピック代表でも10番を背負っていますし、見慣れているので。

正直、誰が背負っても良いのですが、背番号10を背負う選手には見るものを期待させる選手で会ってほしいものです。

3人の他にも候補がいると思われますし、新しく出てくる選手も多くいると思われます。

今後、どんな選手が出てくるのか?楽しみですね!

まとめ。

今回は、サッカー日本代表背番号10が似合う選手について書かせていただきました。

時代時代で輝いていた選手が、サッカー日本代表の背番号10を背負っていたと思われます。

やはり、見る者を魅了できる選手が背負ってほしいですよね?それに応えるように、背番号10を背負う選手が出てきてくれてうれしい限りです。

新サッカー日本代表の中島翔哉が背番号10を背負っていますが、彼以上に似合う選手はいないでしょう。

だって、本当に楽しそうにサッカーをやっているんですから。そんな選手に、サッカー日本代表の背番号10を背負い続けて欲しいです。

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表の歴代センターバックで最強は誰になるのか?

サッカー日本代表歴代最強のゴールキーパーは誰?ランキングは?

サッカー日本代表の平均身長は、どのくらい?世界では低い方なのか?

サッカー日本代表のスパイクで多いのは、どこのメーカー?

サッカー日本代表で刺青を入れている選手は?規則とかはあるのか?