サディオ・マネの年俸推移は?高騰する移籍金、市場価値は?

Sadio Mané

スピードとフィジカルを活かしたドリブルと的確な判断でチームを引っ張るサディオ・マネ選手。

リバプールを去り、バイエルン移籍で大きな話題となりましたね!

そんなサディオ・マネ選手ですが、年俸はどうなのでしょうか?

気になる年俸推移はどうだったのでしょうか?

移籍金や市場価値も気になりますね!

そこで今回は、サディオ・マネ選手の年俸の推移、移籍金、市場価値について書いていきたいと思います。

年俸、移籍金、市場価値の金額は以下のサイトを参考にしました。


サディオ・マネの年俸推移は? 安い!と言われているが金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿

メス、ザルツブルク、サウサンプトンに在籍し、現在はリバプールに在籍しているサディオ・マネ選手。

各クラブでの年俸は、いくらだったのでしょうか?

年俸が安いと言われていますが、どうなのでしょうか?

サディオ・マネ選手の各クラブでの年俸を見ていきましょう。

どんな推移だったのでしょうか?

※メスの年俸は公表されていませんでした。

ザルツブルク

Sadio Mané

引用:Twitter

ザルツブルクでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2013-201429万1200ポンド
(約4460万円)
5600ポンド
(約86万円)

※1ポンド = 153.16円で計算しました。

若かったことと実績がなかったことで年俸は、これぐらいが妥当なのでしょうね。

ここからの年俸の推移が凄いことになっていきます。

2012年、メスからザルツブルクに移籍したサディオ・マネ選手。

リーグ内で戦力が抜きんでているとはいえ、素晴らしい成績ですね!

この成績であれば、上のリーグから声がかかるのは納得。

ザルツブルク時代のサディオ・マネ選手です↓

引用:(20) Young Sadio Mané for Red Bull Salzburg – YouTube

加入1年目から攻撃の軸として活躍し、在籍2素晴らしい年間で素晴らしい成績を収めました!

  • 2012-2013:公式戦29試合19得点10アシスト
  • 2013-2014:公式戦50試合23得点18アシスト

サウサンプトン

Sadio Mané

引用:Twitter

サウサンプトンでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2014-2015234万ポンド
(約3億6000万円)
4万5000ポンド
(約690万円)
2015-2016234万ポンド
(約3億6000万円)
4万5000ポンド
(約690万円)

※1ポンド = 153.16円で計算しました。

プレミアリーグに行ったので、年俸は大幅にアップしました!推移の仕方が恐ろしいですね。

適応が難しいと言われるプレミアリーグに苦戦することなく、加入1年目から主力として活躍していました。

サウサンプトン時代のサディオ・マネ選手といえば、2015年5月16日に行われたアストン・ヴィラFC戦のハットトリックでしょう。

3分間で達成したことにより、プレミアリーグ最速のハットトリックの記録を更新しました。

その時のシーンです↓

1点目の抜け出すスピードと当たり負けないフィジカルの強さは素晴らしいですね。

体をぶつけて、進路を確保するプレーは、本当に見事でした。

サウサンプトンでの成績

  • 2014-2015:公式戦32試合10得点5アシスト
  • 2015-2016:公式戦43試合15得点9アシスト

中堅クラブで、これだけの成績を残せれば、強豪クラブからオファーは来ますよね?

サディオ・マネ選手は、2016年6月に同じプレミアリーグのリバプールに移籍をしました。

サウサンプトン時代といえば、サッカー日本代表の吉田麻也選手と一緒にプレーをしていましたね。

Sadio Mané,mayayoshida

サディオ・マネと吉田麻也は仲良し!2人の仲の良さがわかるエピソードは?

2021.12.26

リバプール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿

リバプールでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017468万ポンド
(約7億2000万円)
9万ポンド
(約1380万円)
2017-2018468万ポンド
(約7億2000万円)
9万ポンド
(約1380万円)
2018-2019520万ポンド
(約8億円)
10万ポンド
(約1530万円)
2019-2020520万ポンド
(約8億円)
10万ポンド
(約1530万円)
2020-2021520万ポンド
(約8億円)
10万ポンド
(約1530万円)
2021-2022520万ポンド
(約8億円)
10万ポンド
(約1530万円)

※1ポンド = 153.16円で計算しました。

ビッククラブに移籍したら、年俸は凄いことになりましたね。

素晴らしい年俸推移ですね。

ただ、サディオ・マネ選手の年俸を見ると、もう少しもらっていてもよさそうに思えます。

どう考えてもリバプールでの貢献を考えれば・・・。

サディオ・マネ選手の年俸が安い!という周囲の方の気持ちがわかりますね。

リバプールでの成績

  • 2016-2017:公式戦29試合13得点8アシスト
  • 2017-2018:公式戦44試合29得点9アシスト
  • 2018-2019:公式戦50試合26得点5アシスト
  • 2019-2020:公式戦47試合22得点12アシスト
  • 2020-2021:公式戦48試合16得点9アシスト

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿

2022年夏に、ブンデスリーガのバイエルンに加入したサディオ・マネ選手。

気になる年俸ですが、以下の通りです↓

シーズン年俸週給
2022-20232000万ユーロ
(約27億5000万円)
38万4615ユーロ
(約5300万円)

※1ユーロ=137.30円で計算しています。

リバプール時代よりも大幅にアップしましたね。

これまでの活躍などを考慮すると、これぐらいの金額をもらっていてもおかしくなかったはず。

そう思っていた時に、こんな報道がありました。

サディオ・マネ選手の代理人であるバカリ・シセ氏は、

「それは間違った噂だ。私たちは、そのことについて話したくはなかった。サディオは、人々が話しているような金額を稼いでいない。

噂になっている数字は完全な間違いだ。サディオは、サウサンプトンからリバプールに加入した時に、すでにそれ以上を得ていた。

2018年に契約を延長した時、メディアが報じている金額よりも多かった。私は、サディオが正しい時に、正しいクラブを選んだと思う。

彼はリバプールですべてを得た。別の場所で新しいチャレンジを探す時だったんだ。そしてバイエルンのプロジェクトは、とても魅力的だった」

引用:バイエルン移籍のマネ、年俸の噂に代理人が異例の”反論” 「メディアが報じている金額より多かった」 | フットボールゾーン (football-zone.net)

とコメント。

噂は噂ですからね。

移籍の理由が、新しいチャレンジということで良いのではないでしょうか?

リバプール時代よりもリーグ戦が退屈にならないのかが気になりますが・・・。

バイエルンでの活躍に期待しましょう。

サディオ・マネの移籍金は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿

サディオ・マネ選手の移籍金についても見ていきたいと思います。

移籍金を表にしてみました↓

シーズン移籍前のクラブ移籍先のクラブ移籍金
2012-2013FCメスザルツブルク400万ユーロ
(約5億6000万円)
2014-2015ザルツブルクサウサンプトン2300万ユーロ
(約32億円)
2016-2017ザルツブルクリバプール4120万ユーロ
(約58億円)
2022-2023リバプールバイエルン3200万ユーロ
(約45億円)

※1ユーロ=141.03円で計算しています。

移籍金が安いように思えますね。

移籍した時期も関係してくるので仕方がないところもありますが・・・。

安い移籍金で、サディオ・マネ選手を獲得してきたクラブは素晴らしすぎます。

サディオ・マネの市場価値の推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿

サディオ・マネ選手の市場価値の推移を見ていきましょう。

シーズン 市場価値所属クラブ
2012年8月50万ユーロ
(約6500万円)
メス
2012年12月300万ユーロ
(約3億9000万円)
ザルツブルク
2013年12月500万ユーロ
(約6億5000万円)
ザルツブルク
2014年6月750万ユーロ
(約9億7000万円)
ザルツブルク
2015年2月1400万ユーロ
(約18億1000万円)
サウサンプトン
2016年2月2000万ユーロ
(約25億9000万円)
サウサンプトン
2016年8月3000万ユーロ
(約39億9000万円)
リバプール
2017年6月4000万ユーロ
(約52億円)
リバプール
2018年1月6000万ユーロ
(約77億7000万円)
リバプール
2019年6月1億2000万ユーロ
(約155億円)
リバプール
2019年12月1億5000万ユーロ
(約194億円)
リバプール
2020年10月1億2000万ユーロ
(約155億円)
リバプール
2021年3月1億ユーロ
(約130億円)
リバプール
2021年12月8000万ユーロ
(約104億円)
リバプール

※1ユーロ=129.54円で計算しています。

左上の表示件数を変えてもらえると、すべての市場価値が見られます!

市場価値も綺麗に右肩上がりです。

2020年以降は、新型コロナウィルスの影響で市場価値にも影響が出ています。

それでも、かなり高い市場価値をキープしているので素晴らしいと思えますね。

サディオ・マネ選手の価値を考えれば、妥当な市場価値なのではないでしょうか?

ただ、今後は年齢が絡んでくるので、少し市場価値も低くなっていくのではないかと思っています。

まとめ

今回は、サディオ・マネ選手の年俸推移、移籍金、市場価値について書いてみました。

年俸は安すぎ!という声が多いと思われます。

実際に、そういった声が多いのですが・・・。

契約更新の際に、どれだけ上がるのか?楽しみです。

移籍金、市場価値も高い水準をキープしており、世界屈指の選手であることを証明していますね。

Sadio Mané

サディオ・マネのプレースタイルは?クラブ、セネガル代表での歴代背番号は?

2022.07.02