サネがリバプールではなく、マン・Cに移籍を決めた理由は?

マンチェスター・Cの主力として活躍しているレロイ・サネですが、シャルケ時代には、マンチェスター・Cとリバプールが狙っていました。

マンチェスター・Cとリバプールにとっては、レロイ・サネは喉から手が出るほど欲しい選手であったということでしょう。

結果的ではありますが、リバプールでなく、マンチェスター・Cに移籍をして正解だったレロイ・サネ。

何故なら、現在ではサディオ・マネ、モハメド・サラーといった選手がいますので、レロイ・サネとしたら出番が無くなっていたかもしれません。

特に、サディオ・マネとは同じポジションになるので厳しいポジション争いを演じていたことでしょう。

そんな状況ですが、マンチェスター・Cに移籍を決めたレロイ・サネは、何故、リバプールでなく、マンチェスター・Cに移籍を決めたのでしょうか?

レロイ・サネがリバプールでなくマンチェスター・Cに移籍をした理由について書いていきたいと思います。


レロイ・サネは、リバプールでなく、マンチェスター・Cに移籍した理由は?

何故、レロイ・サネはリバプールでなく、マンチェスター・Cに移籍をしたのでしょうか?

その理由について書いていきます。

レロイ・サネは、リバプール、マンチェスター・Cの他にバイエルンからもオファーがあったようです。

その中で、レロイ・サネがマンチェスター・Cを選んだ理由は、ペップ監督の理由のようです。

レロイ・サネは理由を話してくれていた。

「バイエルンは素晴らしいクラブで、常にドイツの若く才能ある選手を取ろうとしている。でも僕はジョゼップ・グアルディオラのところへ行きたかった。彼がバルセロナにいるときから、彼が好きだった。バイエルンにいたときは、プレーするチャンスが来なかったね」

ペップ監督に憧れていたのですね。ただされだけではなく、ペップ監督の下で大きく羽ばたいた選手にもアドバイスをもらっていたようです。

ペップ監督自身がレロイ・サネに電話をかけてくれたということは、レロイ・サネを獲得したいという意思の表れということを言われたようですね。

これが後押しとなり、バイエルン、リバプールではなく、マンチェスター・Cに移籍を決めたようです。

バイエルン、リバプールは強力なサイドアタッカーが魅力的なチームなので、レロイ・サネは欲しかったでしょうね。

しかし、結果的にレロイ・サネはマンチェスター・Cに移籍をし、才能を伸ばしていくことに成功したので良かったのだと思います。

もし、レロイ・サネがマンチェスター・Cではなく、リバプール、バイエルンに移籍をしていたら、どうなっていたのでしょうか?

次は、レロイ・サネがリバプール、バイエルンに移籍をしていたら、どうなっていたかについて書いてみたいと思います。

レロイ・サネがリバプール、バイエルンに移籍をしていたら、どうなっていたのか?

レロイ・サネがリバプール、バイエルンに移籍したら、どうなっていたのでしょうか?

まず、リバプールに移籍していた場合ですが、2016年にサディオ・マネが、翌年にはモハメド・サラーがリバプールに加入しました。

ポジション的に被るのは、サディオ・マネですが、クロップ監督はレロイ・サネを左ウイングで起用するのかはわかりません。

レロイ・サネは左利きなので右ウイングで起用する可能性もありました。その場合は、モハメド・サラーとポジション争いをしなければなりません。

レロイ・サネのプレースタイルはリバプールに合っていると思われますが、ポジション争いの相手が悪いですよね?

リバプールで与えられるポジションは、左ウイングのポジションだと思われます。レロイ・サネはドリブル突破が得意で、縦へ抜けるのが上手いですからね。

ただ、リバプール、クロップが求めるのは利き足と逆のポジションで起用したいと思われるので、レロイ・サネは厳しかったのかもしれませんね。

そういったことを考えると、レロイ・サネはマンチェスター・Cに移籍で良かったのかなと思います。

一方、バイエルンに移籍をした場合ですが、2016-2017ですと左にドグラスコスタ、右にロッベンでした。

左にハメス・ロドリゲス、右にロッベンですからね。チャンスを掴むのは難しかったかもしれませんね。

リバプールよりはチャンスがあったかもしれません。タイプが違う選手とのポジション争いなので。

どちらにせよ、リバプール、バイエルンではチャンスが訪れなかったかもしれませんね。マンチェスター・Cでも可能性が高かったと思われます。

しかし、レロイ・サネがペップ監督に憧れて、マンチェスター・Cに移籍をしたので頑張れたのでしょうね。

レロイ・サネは、今ではマンチェスター・Cの主力として活躍していますし、マンチェスター・Cに移籍をして正解でしたね。

リバプールでのプレーも見てみたいなとは思いますが、サディオ・マネ、モハメド・サラー相手では厳しいかもしれませんね。

ここまで輝かせてくれたペップ監督に感謝しながら、来シーズンも良いプレーを見せて欲しいです!

来シーズンこそは、4冠を取れるように戦ってほしいですね。

まとめ。

今回は、レロイ・サネがリバプール、バイエルンではなくマンチェスター・Cに移籍をした理由について書いてみました。

ペップ監督が一番大きな理由だったのは驚きでしたが、リバプールやバイエルンより自分の力を発揮できるという点も大きかったように思えます。

マンチェスター・Cに加入してからは、コンスタントに試合に出場し、今では主力として戦っています。

今シーズンのリバプールとのデッドヒートは素晴らしかったですし、来シーズンもリバプールと一騎打ちになる可能性が高いです。

その中で、レロイ・サネが、どれだけ活躍できるのかを楽しみに、新シーズンの開幕を待ちたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

レロイ・サネのプレースタイルの特徴は?弱点はないのか?

レロイ・サネと内田篤人がシャルケにいた時はどんな感じ?その後は?

UEFAチャンピオンズリーグでリバプールは優勝のできる?可能性は?

UEFAチャンピオンズリーグでバイエルンが弱くなってしまった理由は?

UEFAチャンピオンズリーグでマンCは優勝できるのか?不安要素は?