ジェイミー・ヴァーディの初ワールドカップは?代表引退の理由は何?

意外と、ワールドカップを経験せずに、代表引退をされる選手が多いですが、ジェイミー・ヴァーディはギリギリセーフでワールドカップに間に合いましたね。

ジェイミー・ヴァーディのイングランド代表として挑んだ大きな大会は、EURO2016とワールドカップロシア大会。

2015年に初めて、イングランド代表に招集され、翌年の親善試合ドイツ戦で初得点を記録。

初めて、イングランド代表に招集されてから、ワールドカップロシア大会までコンスタントに選ばれてきました。

多くの選手が若い時に、ワールドカップを経験していますが、ジェイミー・ヴァーディは遅い時期にワールドカップデビューを果たしました。

そんな、ジェイミー・ヴァーディが初めて挑んだワールドカップロシア大会について書いていきたいと思います。


ジェイミー・ヴァーディが初めて挑んだワールドカップは、どんな感じであったのか?

ベテラン選手のジェイミー・ヴァーディといえど、ワールドカップロシア大会の大舞台は緊張したでしょうね。

初めてのワールドカップに挑んだジェイミー・ヴァーディですが、ベンチ要員。

仕方がないですね。ハリー・ケイン、スターリングなど若手FWが育ってきているイングランド代表なので、若手のサポート的な存在であったのではないでしょうか?

イングランド代表のワールドカップロシア大会初戦のチュニジア戦は、ジェイミー・ヴァーディに出番はなかったです。

第2戦のパナマ戦は途中出場。グループステージ最終戦のベルギー戦でスタメンで出場しましたが、ゴールは奪えず。

グループ2位で突破し、ラウンド16では、コロンビアと対戦。

こちらも途中出場で出ましたが、結果は残せず・・・。

準々決勝のスウェーデン戦は、怪我の影響もあり、ジェイミー・ヴァーディはベンチにいました。

準決勝クロアチア戦途中出場しましたが敗戦。続く、3位決定戦は出番がなく、ジェイミー・ヴァーディのワールドカップロシア大会は終わりました。

もう少し出場機会があれば、ワールドカップロシア大会でゴールを決められたのかもしれませんね。

こればかりは運がないとできないことですからね。

初めてのワールドカップを体験したジェイミー・ヴァーディは、どんな感じであったのでしょうか?

もう一度、ワールドカップに出たいと思ったのでしょうか?

しかし、ジェイミー・ヴァーディが取った行動は、イングランド代表引退・・・。

年齢を考えれば、ジェイミー・ヴァーディが次のワールドカップを狙うのは難しい。

理由は何となくわかりますが、なぜ、ジェイミー・ヴァーディがイングランド代表を引退したのか?その理由について書いていきます。

ジェイミー・ヴァーディがイングランド代表を引退した理由は?

ワールドカップロシア大会を機に代表引退をする選手は多かったですね。

残念ながら、ジェイミー・ヴァーディも代表引退をしました。EURO2020まではやってくれるかなと思っていましたが・・・。

代表引退の理由は、

「このことはしばらくの間僕の頭にあった。もう若くない。チームは若々しさを取り戻して、国外でのワールドカップで最高位に並ぶ準決勝まで進んだ。だから、能力のある若手を連れてきて、彼らの育成を始めることが代表にとって最善だと思うとギャレスに伝えた」

とコメントをしていました。

世代交代が進んでいるイングランド代表のことを考えてのことだったのですね。

さらに、

家で子供と一緒にいる時間が恋しかった。それにイングランド代表で活動するとき本当に多くの時間があって、『これなら家にいるほうがマシだ』って考えていた。

ともコメントしていた。

ワールドカップ前から引退を考えていたようですし、サッカー選手であれば夢見るワールドカップを最後にしたいという思いがあったのでしょうね。

ワールドカップが終わってからの昨シーズンは、リーグ戦18得点を挙げる活躍。

まだまだ、第一線で活躍できる実力を示したジェイミー・ヴァーディ。

代表を引退したことで、コンディション調整もやりやすくなり、2019-2020シーズンもやってくれることでしょう。

ワールドカップでは結果を残すことはできませんでしたが、8部リーグ相当のところから這い上がり、ワールドカップまで上り詰めたジェイミー・ヴァーディは伝説として語り継がれるでしょう。

まだ、選手生活にはピリオドを打っていませんので、レスターで新たな伝説を作って欲しいと思います。

今シーズンは、レスターをトップ6まで導けるか?ジェイミー・ヴァーディの活躍に期待です!

まとめ。

今回は、ジェイミー・ヴァーディのロシアワールドカップと代表引退について書いてみました。

初のワールドカップでしたが、出番が少なく、結果が残せず。

残念な結果でしたが、初のワールドカップを経験出来て、ジェイミー・ヴァーディにとっては良かったのではないでしょうか?

8部相当のところからワールドカップ出場を果たしたジェイミー・ヴァーディは伝説的な選手でしたね。

代表引退については、年齢を考えれば仕方のないことですし、様々な理由があっての引退であったので何も言えません。

ただ、最後のワールドカップ出場のチャンスを活かせたことは、ジェイミー・ヴァーディにとって幸せなことであったと思われます。

現在は、レスターに専念できるので、レスターで新たな伝説を作ってくれることを期待しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ジェイミー・ヴァーディのプレースタイル?ポジションはFW?ウイング?

ジェイミー・ヴァーディと岡崎のコンビネーションは?互いの役割は?

クリスティアン・エリクセンのワールドカップは輝かしいモノだったのか?

マーカス・ラッシュフォードのワールドカップデビューは、上々?

ロベルト・フィルミーノのワールドカップメンバー入りは妥当だった?

ロシアワールドカップに挑むイングランド代表メンバーとチームの特徴とは?