ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

2019-2020シーズンも大物の移籍がありましたね。

甘いマスクで女性に人気のあるジョアン・フェリックス

ベンフィカからアトレティコに移籍をしたジョアン・フェリックスですが、リーガでも活躍してくれることでしょう。

ネクストロナウドとも呼ばれますが、本家ロナウドと同じポジションなのでしょうか?

また、本家ロナウドと似たようなプレースタイルなのでしょうか?

注目の若手ジョアン・フェリックスのポジションとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ジョアン・フェリックスのプロフィールから書いていきます。


ジョアン・フェリックスのプロフィールは?

国籍:ポルトガル

生年月日:1999年11月10日(20歳)

出身地:ヴィゼウ

身長:180cm

体重:70kg

在籍チーム:アトレティコ・マドリード

ポジション:FW/MF

背番号:7

利き足:右足

ジョアン・フェリックスは、8歳の時にポルトでサッカーを始めたようです。

パドロエンセを経由し、ベンフィカに移籍を果たしました。ポルトガルの名門を渡り歩いてきた結果が、現在のジョアン・フェリックスを作り上げたのでしょう。

2018-2019シーズンにトップチームに昇格し、注目を集めるようになりました。

ヨーロッパリーグでは、長谷部誠率いるフランクフルト戦でハットトリックを達成し、世界で注目される選手に昇り詰めましたね。

ネクスト・ロナウドと期待され、さらに、端正な顔立ちで男女ともに注目を集めているジョアン・フェリックス。

注目のジョアン・フェリックスは、2019-2020シーズン開幕前にスペインの強豪アトレティコに移籍。

注目の背番号は、グリーズマンの背負っていた7番を渡せれました。クラブからの期待の表れでしたね。

大きな期待を背負ったジョアン・フェリックスですが、どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?

次は、ジョアン・フェリックスのプレースタイルの特徴について書いていきたいと思います。

ジョアン・フェリックスのポジションやプレースタイルは?

ジョアン・フェリックスのポジションから書いていきたいと思います。

主なポジションは、センターフォワードやシャドー的な役割です。

ベンフィカ時代には、2トップの一角として活躍していました。最前線のポジションでプレーをする選手です。

ジョアン・フェリックスのポジションは、ロナウドと違いますが、役割は似ていそうですね!

そんな、ジョアン・フェリックスは左サイドのポジションの時もあったようですが、最前線のポジションがプレースタイルに合っていたのでしょう。

最前線で、活躍するジョアン・フェリックスですが、プレースタイルはロナウドに似ているのでしょうか?

ジョアン・フェリックスのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

ジョアン・フェリックスのプレースタイルの動画を見ると、点取り屋ですね。

ワンタッチゴールとミドルシュートが得意のプレースタイルのようです。

ロナウドのプレースタイルと比べてしまうと、力強さは足りませんが、柔らかさが光りますね。

シュート前のキックフェイントなどを見ていると、足元は柔らかいと思われます。

ネクストロナウドと言われていると、力強いプレースタイルが特徴かと思われてしまいますが、違います。

ポジションはともかく、プレースタイルを見ていると、リーガに合いそうな感じがします。

ジョアン・フェリックスは移籍1年目なので、どれだけ活躍できるのかは未知数ですが、期待できると思われます。

グリーズマンの穴を埋められるのか?ジョアン・フェリックスの活躍に注目しましょう!

では、ポジションとプレースタイルを簡単に説明しましたが、もう少し掘り下げてみていきたいと思います。

ジョアン・フェリックスの特徴と弱点?について書いていきたいと思います。

ジョアン・フェリックスの特徴と弱点とは?

期待の若手ジョアン・フェリックスですが、特徴と弱点について書いていきたいと思います。

まずは、特徴から。

先ほども書きましたが、ジョアン・フェリックスのプレースタイルを見ていると、ロナウドと違ったドリブルが特徴。

テクニカルなドリブルが得意のようです。ロナウドのドリブルもテクニカルな部分もありますが、フィジカル的な強さが目立ちます。

ジョアン・フェリックスは南米選手のような感じのドリブル、ボールさばきなので相手はやりにくいでしょうね。

ポジションが最前線なので、ドリブルができる選手は監督としては有難いです。

また、パスセンスもありますし、視野が広いのも大きな特徴。

前線のポジションでゲームを作ることも出来ます。ジョアン・フェリックスにボールを預けてから展開するというパターンが多くなりそうですね!

ベンフィカにいる時よりかは、ジョアン・フェリックスの能力が活かされる場面が増えそうです。

アトレティコのメンバーはレベルが高いですし、ジョアン・フェリックスを活かしてくれることと思われます。

アトレティコでも似たようなポジションで起用されると思われますので、自身のプレースタイルを存分に発揮してくれると思いますね。

アトレティコでは、このようなポジションで起用される予想です。

ジョアン・フェリックスのポジションはトップ下のようですね。プレースタイルを考えたら、合っていると思われます。

リーガ1年目とはいえ、何ゴール、何アシストを記録するのか?楽しみで仕方がないです。

一方、ジョアン・フェリックスの弱点はというと、弱点らしい弱点は見当たりませんでした・・・。

強いて言うのであれば、ジョアン・フェリックスはヘディングが苦手なのかなと思ったところですかね。

プレースタイルの動画の中でもヘディングのシーンがありましたが、ミートすることができず・・・。

ここら辺は、ロナウドから教われば鬼に金棒でしょう。その前に、ロナウド並みのフィジカルが必要になります。

ゴール前のポジションに構えているので、足だけでなく、ヘディングでもゴールを奪えるようになれば、リーガで得点を量産できるでしょう。

リーガデビュー戦が楽しみですね。どこのポジションで、どんなプレースタイルを見せてくれるのか。

ジョアン・フェリックスに期待しましょう!

ここから追記しました。

ジョアン・フェリックスは、アトレティコの戦術に馴染めず、シメオネ監督からダメ出しされた時もありました。

アトレティコのスタイルは慣れるまで時間がかかると思っていましたので、来年には爆発してくれるのではないかと思います。

ジョアン・フェリックスのプレースタイルは、アトレティコにマッチすると思われますし、アトレティコも改革が必要な時なので難しい。

ある程度、アトレティコが落ち着いてきた時は、ジョアン・フェリックスのプレースタイルが活きてくることでしょう。

まとめ。

今回は、ネクストロナウドと呼ばれるジョアン・フェリックスのポジションとプレースタイルについて書いてみました。

ゴールに近いポジションでプレーをしており、ワンタッチでのゴールやミドルシュートでゴールを量産していますね。

似ていると言えば似ていますが、ジョアン・フェリックスは柔らかいボールタッチを特徴にしている点が違います。

アトレティコ移籍1年目ですが、ジョアン・フェリックスは活躍することができるのでしょうか?

リーガには、注目選手が多いですが、ジョアン・フェリックスにも注目して見ていきたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

ジョアン・フェリックスはネクストロナウドと言われるのが嫌?気持ちは?

ベルナルド・シウバのプレースタイルは?ドリブラー?ゲームメーカー?

クリスティアーノ・ロナウドのプレースタイルの変化は必然的?

サウール・ニゲスのプレースタイルの特徴は?ポジションはボランチ?

アルバロ・モラタのプレースタイルは?特徴と弱点は、どこなのか?

アトレティコの心臓コケのプレースタイルの特徴は?ポジションはドコ?