ジョアン・モウティーニョのクラブ、代表での背番号は?こだわりは?

プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズで活躍をしているジョアン・モウティーニョ

33歳でありながらもポルトガル代表で活躍しています。息が長い選手です。

この年齢でもプレミアリーグでやれていることは、ジョアン・モウティーニョの能力の高さが伺えます。

先日行われたボーンマウス戦でも先制点を決めるなど活躍をしていますね!

今回は、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ、ポルトガル代表で活躍しているジョアン・モウティーニョの背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ジョアン・モウティーニョのプロフィールから書いていきます。


ジョアン・モウティーニョのプロフィールは?

本名:ジョアン・フィリペ・イリア・サントス・モウティーニョ

国籍:ポルトガル

生年月日:1986年9月8日

出身地:ポルティモン

身長:171cm

体重:75kg

在籍チーム:ウルヴァーハンプトン

ポジション:MF

背番号:28

利き足:右足

ジョアン・モウティーニョは父、兄弟がサッカー選手という家庭で育ち、ポルティモネンセの下部組織でサッカーを始める。

14歳の時にスポルティングの下部組織に移籍をし、17歳の時にトップチームに昇格。

2005年にトップチームデビューを果たし、その時に背負っていた背番号が28番。

この背番号は、クリスティアーノ・ロナウドがスポルティングに在籍していた時に背負っていた背番号でした。

ジョアン・モウティーニョは、この頃から中盤のポジションであれば、どこでもこなせるという器用さを持ち合わせており、スポルティングにとって貴重な戦力となっていたそうです。

2009-2010シーズンまで、スポルティングに在籍をしていたジョアン・モウティーニョは、翌シーズンにポルトに移籍をし、注目を集めたようです。

スポルティングのライバルクラブへの移籍ですので、「禁断の移籍」ですね。

よく、ジョアン・モウティーニョも決断をしたなと思います。

この移籍を良く思わなかった人もいまして、「腐ったリンゴ」と呼ぶ人もいました。

まあ、「禁断の移籍」ですからね。ジョアン・モウティーニョも覚悟の移籍だったと思われます。

ポルトでも中心選手として活躍をし、2010-2013までポルトで過ごし、83試合に出場し、4得点を記録。

このジョアン・モウティーニョの活躍に目を付けたトッテナムですが、合意に達するも移籍期限に間に合わずに移籍が無くなった事件も起こりました。

モドリッチの後釜候補に、ジョアン・モウティーニョを挙げていたようなので、相当評価されていたことでしょう。

その後、リーグ・アンのモナコへ移籍をし、2017-2018シーズンまでプレーをすることに。

この間に、ジョアン・モウティーニョはポルトガル代表で、EURO2016を制覇するなど充実した選手生活を送っていたと思われます。

W杯ロシア大会後、プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに移籍。

昇格したばかりのチームをリーグ7位に押し上げる活躍をし、2019-2020シーズンも不動のレギュラーとして活躍しています。

今シーズンも良い位置につけているので、もしかしたら4位以内でフィニッシュも考えられます。

ますます、ジョアン・モウティーニョの実力、経験値が活きてくるのではないかと思われます。

ジョアン・モウティーニョも様々なクラブを渡り歩いてきた選手なのですね。

気になるのが、所属してきたクラブで背負ってきた背番号は何番だったのか?

次は、ジョアン・モウティーニョが背負ってきた背番号について書いていきたいと思います。

ジョアン・モウティーニョが背負ってきた背番号は?

ジョアン・モウティーニョが背負ってきた背番号には変化があったのでしょうか?

先ほども書きましたが、スポルティング時代の背番号は28番。ユニフォーム姿のジョアン・モウティーニョの画像を探してみましたが、見当たりませんでした。

背番号28は間違いないようですが。クリスティアーノ・ロナウドが背負っていた背番号だったので、プレッシャーがあったのかもしれません。

調べてみると、ジョアン・モウティーニョには、そんな感じはしませんでした。心臓強いですね!

続いて、ポルトに移籍をした時の背番号ですが、8番を背負っていたようですね。

ユニフォーム姿のジョアン・モウティーニョの画像がありました。カードの画像ですが、背番号は確認できます。

この時点ですが、ジョアン・モウティーニョは背番号に8が入っているものが良いのかな?と思ってしまいます。

ポルトが背番号8番を用意したのか?ジョアン・モウティーニョが選んだ背番号なのかはわかりません。

そして、モナコ時代です。不本意?な移籍であったと思われますが、ジョアン・モウティーニョの背番号は8です。

こちらもユニフォーム姿の画像がありました。背番号は確認できます。

やはり、ジョアン・モウティーニョは背番号に8が入っている背番号にこだわりがあるのでしょうか?

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズでは背番号28を背負っていますし。

背番号に8が入っていることにこだわっているのではないかと思われます。

では、ポルトガル代表ではというと、EURO2016では背番号8を背負ってプレーしていました。

W杯ロシア大会はというと、こちらも背番号8でした。

所属クラブで背負っている背番号が代表での背番号になっていることが多いので、ジョアン・モウティーニョの代表での背番号も8番になったのでしょう。

背番号にこだわりを持っていそうな感じがするジョアン・モウティーニョ。

こだわりがあるのか?調べてみましたが、ジョアン・モウティーニョは背番号にこだわっていないようです。

ジョアン・モウティーニョの背番号についてのこだわりは見つかりませんでした!

たまたま、背番号に8がはいっている番号を渡されたといった感じでしょうか?

ジョアン・モウティーニョ=背番号に8が入っている背番号というイメージがついているので問題ないと思います。

EURO2020も本戦に出場しますし、ジョアン・モウティーニョが中盤に安定感をもたらせて連覇をするのでしょうか?

ジョアン・モウティーニョ、ポルトガル代表に注目したいと思います。もちろん、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズもですけどね。

プレミアリーグを荒してほしいですね!

まとめ。

今回は、ジョアン・モウティーニョのプロフィールと背番号について書いてみました。

様々なクラブを渡り歩いてきたジョアン・モウティーニョですが、背番号に8が入っている背番号を付けていることが多いですね。

こだわりがあるのか?と思えば、そうでもないようです。

自然と、ジョアン・モウティーニョ=背番号に8が入っている番号になったようです。

年齢的にもメジャータイトルを狙うのに最後になるかもしれないEURO2020。

ジョアン・モウティーニョはポルトガルを連覇に導けるのか?注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ジョアン・フェリックスは背番号7を選んだの?準備されただけなの?

コケの背番号には変化があったのか?昔は背番号何番だったのか?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?

ハメス・ロドリゲスの背番号10は拘って付けているのか?

ファン・デ・ベークの代表での背番号は?同じ背番号だった選手は?