ジョルジーニョのチェルシー移籍は問題点だらけ?決め手は、サッリ?

ナポリからチェルシーへ移籍をし、プレミアリーグで活躍しているジョルジーニョ

ナポリ時代にお世話になったサッリ監督がチェルシーで監督をしていたことが大きかったのでしょうね。

ジョルジーニョとしては、理解してもらえる監督のもとに移籍ができれば輝く可能性が高いので良い選択をしましたね。

2019年の夏に、サッリ監督がいるユベントスに移籍をするのではないかという噂が出たほど。

ジョルジーニョ自身もユベントスへ移籍を望んでいると言われていました。

最終的には、移籍にはならなかったのですが、冬の移籍市場にあるかもしれませんね。

ジョルジーニョの移籍の話には、色々ありますね。

そこで今回は、ジョルジーニョの移籍にまつわる話について書いていきたいと思います。


ジョルジーニョのチェルシー移籍にまつわる話は?決め手は、サッリ?

ジョルジーニョがナポリからチェルシーに移籍をする時でした。

実は、この時、ジョルジーニョはマンチェスター・Cと個人合意をしていたようです。

それに加えて、ナポリ側とも移籍金4420万ポンド(当時のレートで、約66億3000万円)で合意をしていたようです。

ここまで来れば、ジョルジーニョのマンチェスター・Cに移籍は決定的のはず・・・。

しかし、そこで横やりを入れてきたのがチェルシーでした。

その時は、コンテ監督でしたが、後任にサッリを監督を招聘・・・。

ジョルジーニョとサッリ監督の信頼関係を武器に、チェルシーがナポリに話を持ってきた。

ちなみに、チェルシーが提示した移籍金は、5300万ポンド(当時のレートで、約79億5000万円)。

マンチェスター・Cよりも高い金額ですね。しかも、サッリ監督となれば、ジョルジーニョの心も動くでしょう。

噂ですが、ジョルジーニョとマンチェスター・Cは相思相愛だったようで移籍は決定的と見られていたから驚いた方は多かったことでしょう。

移籍の時は、様々なところから横やりが来ることは仕方ないですが、チェルシーのやり方は好ましくないですね。

ジョルジーニョにしたら、移籍金よりもサッリ監督が大きかったに違いありません。

これには、流石のマンチェスター・Cも怒りを抑えられなかったことでしょう。

契約直前で横取りされたのですから。それでも、ジョルジーニョに再度オファーをせず、ジョルジーニョを諦めた。

そんな状況をイギリス紙は、こんな記事で伝えていた。

ディ・ラウレンティス会長からジョルジーニョ側に“脅し”があったという点。

ナポリとジョルジーニョの契約は2020年6月まで2年残っており、もしチェルシーからのオファーを承諾しなければ契約を全うしてもらうことになると、会長自身が投げかけたという。

これは横暴ですね。

ナポリは、ジョルジーニョをチェルシーに行かせたかったのでしょう。

こんなこととなれば、マンチェスター・Cは怒るに決まっていますよ!

怒っているとは思われますが、この横やりに対しては何もしなかったようで、大人な対応をしましたね。

ジョルジーニョ、ナポリ、チェルシーにしたら上手く行った移籍ですが、ある意味失敗したかもしれませんね。

マンチェスター・Cに移籍していたら、リーグ優勝は経験出来ていましたし、UEFAチャンピオンズリーグも狙えたかもしれないのに・・・。

もったいないことをしたなと思いますね。決めたのは、ジョルジーニョですから仕方ないです。

ここまでして、マンチェスター・Cに移籍せず、チェルシーに移籍したジョルジーニョですが、再び問題を起こすのではないでしょうか?

冒頭にも書きましたが、サッリ監督を追って、ユベントスへ移籍しそうな気がします。

2019年夏は移籍をしませんでしたが、冬や来年の夏にはありえそうですね。

そこで、ジョルジーニョがユベントスに移籍をする可能性があるのかについて書いていきたいと思います。

ジョルジーニョはユベントスへ移籍するのか?

ジョルジーニョはユベントスに移籍をするのでしょうか?

サッリ監督が辞めなければあるかもしれませんね。ただ、夏には、ポグバの話が出ていたりするので、ユベントスは本腰ではないかもしれません。

ユベントスに移籍したいのであれば、首脳陣やクリスティアーノ・ロナウドを納得させないと厳しいような気がします。

クリスティアーノ・ロナウドの影響は大きいみたいですからね。

首を縦に振るのかはわかりませんし、ユベントスが獲得に名乗り出ないかもしれません。

もし、ジョルジーニョ獲得に名乗り出すようであれば、UEFAチャンピオンズリーグで勝てなかった時になるでしょう。

そうなると、ジョルジーニョの移籍は来年の夏になることでしょう。

まあ、UEFAチャンピオンズリーグで勝てなかった時は、サッリ監督が辞めていそうな気がしますが・・・。

全ては、今シーズンのユベントス次第になってくることでしょうね。

監督でクラブを決めるジョルジーニョの気持ちもわかりますが、そろそろ自分の判断でクラブを決めても良いのかなと思いますね。

サッリがクラブを変えたら、自分も変えるというのは、ちょっといかがなものかなと思います。

変な言い方になってしまいますが、サッリ監督意外に認められる自信がないのかな?

本当の意味で世界的な選手になるには、ある程度の監督には認められないといけないと思いますね。

ジョルジーニョは、今シーズンはチェルシーでやって、ダメそうであれば、ユベントス移籍を検討しても良いのかなと。

サッリから自立するジョルジーニョを見てみたいですね!

まとめ。

今回は、ジョルジーニョの移籍について書いてみました。

ナポリからチェルシーに移籍の際は、とんでもないことをやってくれましたね。

チェルシーの作戦勝ちとしか言いようがないのですが、マンチェスター・Cでのプレーを見たかったな。

移籍に横やりは付き物ですが、ナポリのやり方は賛成できませんね。こういった形での移籍が無くなると良いなと思います。

ジョルジーニョのユベントス移籍ですが、今シーズンのユベントス次第でしょうね。

UEFAチャンピオンズリーグで勝てなかった時にはありそうですが、ユベントスを振り向かせる活躍をしてほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

ジョルジーニョのポジションは?プレースタイルの特徴と弱点とは?

キミッヒがバイエルンに入団した経緯は?バイエルンが獲得した理由は?

なぜ、ピョンテクはミランに移籍したのか?ミラニスタだったから?

コウチーニョのバルサ移籍は失敗?バイエルン移籍で復活するのか?

移籍が多いアルバロ・モラタ。いったい、何回移籍をしてきたのか?