【歴代】スアレスのクラブ、ウルグアイ代表での背番号は?

抜群の決定力で、どこからでも得点を奪えるスアレス選手。

得点だけでなく、味方を生かすことも上手く、万能型のフォワードの選手といえるでしょう。

各国のビッククラブに在籍し、得点王を獲得してきたスアレス選手ですが、背番号は何番だったのでしょうか?

また、ウルグアイ代表では何番を背負ってきたのでしょうか?

今回は、スアレス選手のクラブ、ウルグアイ代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考元:https://www.transfermarkt.com/luis-suarez/profil/spieler/44352


スアレスのクラブ、ウルグアイ代表での歴代背番号は?

スアレス選手は、母国のクラブ・ナシオナル・デ・フットボール(ナシオナル・モンテビデオ)でプロデビュー。

その後、誰もがうらやむクラブを渡り歩いてきましたね。

では、各クラブでの歴代背番号は何番だったのでしょうか?

また、ウルグアイ代表の歴代背番号は何番だったのでしょうか?

それぞれを見てみましょう!

クラブ・ナシオナル・デ・フットボール(ナシオナル・モンテビデオ)

クラブ・ナシオナル・デ・フットボール(ナシオナル・モンテビデオ)での背番号は25番。

スアレス選手は、2005年1月にトップチームに昇格。

2006-2007シーズンには、オランダのフローニンゲンに移籍することになりました。

クラブ・ナシオナル・デ・フットボール(ナシオナル・モンテビデオ)での成績

  • 2004-2005:公式戦1試合0得点0アシスト
  • 2005-2006:公式戦3試合0得点0アシスト

フローニンゲン

フローニンゲンでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2006-20079、20

2006-2007シーズンにオランダのフローニンゲンに加入したスアレス選手。

すぐに適応し、オランダでも得点を量産していました。

国、クラブが変わっても多くの得点が取れるスアレス選手って、本当に凄い!

そして、スアレス選手の得点力にほれ込んだアヤックスがオファー。

そして、2007年にアヤックスに移籍を決めました。

フローニンゲンでの成績

  • 2006-2007:公式戦37試合15得点7アシスト

アヤックス

アヤックスに移籍したスアレスの背番号は16番。

オランダのビッククラブに加入したスアレス選手は、優秀な選手に囲まれ、持ち前の得点能力を発揮!

2009-2010シーズンには得点王に輝き、大きな注目を浴びましたね!

しかし、2010-2011シーズンには噛みつき事件で数試合の出場停止を食らってしまいましたね・・・。

スアレス選手は、2011年1月にプレミアリーグの強豪リバプールに移籍を決意しました!

アヤックスでの成績。

  • 2007-2008シーズン:公式戦44試合22得点14アシスト
  • 2008-2009シーズン:公式戦43試合28得点19アシスト
  • 2009-2010シーズン:公式戦48試合49得点24アシスト
  • 2010-2011シーズン:公式戦24試合12得点11アシスト

通算成績は、公式戦159試合111得点68アシスト。

アヤックス時代のスアレスの動画があったので載せてみました。

リバプール

リバプールでの背番号は7番。

途中加入にもかかわらず、すぐにフィットしたスアレス選手ですが、リバプールでは問題行動が絶たず・・・。

  • 2011-2012:パトリス・エヴラ選手に人種差別発言
  • 2012-2013:ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ選手の腕に噛み付き

2013-2014シーズンは得点王に輝き、ヨーロッパ・ゴールデンシューも受賞、PFA年間最優秀選手賞も受賞しました。

リバプールでの成績

  • 2010-2011シーズン:公式戦13試合4得点5アシスト
  • 2011-2012シーズン:公式戦39試合17得点10アシスト
  • 2012-2013シーズン:公式戦44試合30得点13アシスト
  • 2013-2014シーズン:公式戦37試合31得点19アシスト

スアレスのリバプール時代のスーパーゴールです。

バルセロナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

+ 3 a seguir 🔴🔵💪💪 @fcbarcelona #siemprepositivo

Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿 –

バルセロナでの背番号は9番。

スアレス選手は、メッシ選手、ネイマール選手と3トップを形成し、頭文字を合わせた「MSN」の愛称で親しまれましたね。

この3人の攻撃力はすさまじく、欧州1といっても過言でなかったと思われます。

スアレス選手はバルセロナで、公式戦283試合195得点113アシストという記録を残しました。

年齢の問題はあるかもしれませんが、まだまだやれる実力を持っているだけにバルセロナはもったいないことをしましたね。

若返りは必要ですが、今のバルセロナにはスアレス以上のストライカーはいないはず・・・。

新天地アトレティコでバルセロナを見返すぐらいの活躍を期待しています。

バルセロナでの成績

  • 2014-2015:公式戦43試合25得点23アシスト
  • 2015-2016:公式戦53試合59得点24アシスト
  • 2016-2017:公式戦51試合36得点20アシスト
  • 2017-2018:公式戦51試合31得点20アシスト
  • 2018-2019:公式戦49試合23得点14アシスト
  • 2019-2020:公式戦36試合21得点12アシスト

バルセロナ時代のスアレスのゴール集です↓

アトレティコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿

アトレティコでの背番号は9番。

バルセロナから戦力外通告を受けたスアレス選手はアトレティコに移籍することに。

すぐに、アトレティコにフィットしたスアレス選手は多くの得点を記録し、リーグ優勝を決める重要な得点を決めて、優勝に大きく貢献!

拾ってくれたアトレティコに恩返しができて良かったと思えます。

来シーズンもアトレティコで多くの得点を取って、アトレティコを再び優勝に導けるのか?楽しみですね。

アトレティコでの成績

  • 2020-2021:公式戦38試合21得点3アシスト

ウルグアイ代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amistoso internacional 🇦🇷 vs 🇺🇾 #clasicorioplatense #vamosbanda

Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿 –

ウルグアイ代表での背番号は9番。

スアレス選手は、2007年2月8日のコロンビア戦で代表デビュー。

日本代表との国際親善試合で戦ったこともありました!

スアレス選手は、W杯(2010、2014、2020)、コパ・アメリカ(2011、2016、2019)に出場!

コパ・アメリカ2011では優勝をしています。

素晴らしい経歴の持ち主ですが、ウルグアイ代表でも多くの問題を起こしましたね・・・。

2010年南アフリカW杯では、ハンド事件、2014年ブラジルW杯では、ジョルジョ・キエッリーニの左肩を噛みついたり・・・。

ハンドに関しては、母国のために行った行動なので賛否両論がありました。

ガーナの選手は怒っていましたが、直後のPKを決められなかったことの方がいたかったと思いますけどね。

その時のシーンです↓

母国のための行為と考えれば、アリだったような気がします。

年齢的にきついかもしれませんが、W杯カタール大会でも見てみたいので、スアレス選手には頑張ってもらいたい。

カバーニ選手とともに、W杯カタール大会に出場してほしいですね。

まとめ

今回は、スアレス選手のクラブ、ウルグアイ代表での歴代背番号について書いてみました。

スアレス選手の背番号は変わることが少なかったですね。

勝負所での決定力はさび付いていないので、今後も重要な場面での得点を決めてほしいですね。

スアレスのハンドについて賛否は?スアレスの心境は?

2019.01.30